泡立たない(クレイ)洗顔料をおすすめしたい理由。お肌への負担は?

クレイ洗顔料というのを見かけたので、是非とも嫁の顔をゴッシゴシ洗ってみたくなったある春の日。


泡を立てて洗顔するのはよく知られていますが、泡を立てずに洗顔するものをお知り、お知り、知りました。


息子はおしり探偵が大好きです。


逆に泡洗顔をするとクッションになってお肌への負担も少なくなるイメージですね。


しかも洗ったー!って感じの洗い上がり。


中には濃密泡で毛穴の汚れまで落としてくれる感じもします。 


では泡立たない洗顔料は泡のクッションが無くなるのでお肌への負担が高くなるかなぁ、とお考えの方もいらっしゃると思います。 


本当にそうなのでしょうか。 


泡立つ洗顔料と比べて、泡立の立たない洗顔料はどうなのでしょうか。


メリットやお肌への負担などをお伝えしますね。

泡立つ洗顔料とは?

泡が立つのは何故でしょうか。


これは界面活性剤が配合されている為です。


界面活性剤はほとんどが陰イオン界面活性剤。


アニオン界面活性剤とも言われていますね。


陰イオン界面活性剤は汚れを落とすのに優れていますので、ボディソープなどにも配合されています。


界面活性剤と水分、空気が混ざりあって泡が出来るようになっています。


必要な皮脂なども洗い流してしまう場合がありますので、乾燥肌や敏感肌の方には不向きの洗顔料と言えます。


界面活性剤配合の洗顔料はお肌に負担が掛かり過ぎるのでは?と思われています。


確かに界面活性剤の種類や濃度により乾燥敏感肌の方にはお肌への負担が高いものとなります。


しかし泡が立つ洗顔料の全てが強いかと言うとそうではありません。


これを軽減する為にアミノ酸系や弱酸性の洗顔料も出ています。


泡洗顔が好みの方はそちらを選んでみましょう。

石鹸は洗浄力が弱いの?

界面活性剤は必要な皮脂も洗い流してしまう可能性もあると記載しました。


では皮脂を流すという事はどのようなデメリットがあるのでしょうか。
 

皮脂はお肌のバリア機能の役割をしています。


潤いを保つ角質層は皮脂により外部からの雑菌から守ったり、潤い成分が逃げないようにしてお肌の水分を保っています。


この皮脂が無くなると角質層が乱れて潤い成分であるセラミドが外部に逃げてしまいます。


これが続くと乾燥肌を招いてしまうんですね。洗顔だけでなく、クレンジング時にも肌質の弱い方は気を付けなければなりません。


これに対して泡の立たない洗顔料は界面活性剤不使用となっています。


だから泡が立たなようになっているんですね。


ただ石鹸成分はそれ自体が界面活性剤みたいですね。


余分な成分も配合されてない事もありますので、乾燥肌や敏感肌の方にとっては優しい洗顔料と思われがちです。


しかし石鹸はアルカリ性であり、基本的には洗浄力が強くなります。


泡がお肌のクッションになりますが、泡が立たないのはその分洗浄力も高くなるんですね。


なので乾燥しやすいお肌には強めになるので、出来るだけ控えた方が良いでしょう。


洗浄力が強めなので、お肌のクスミやゴワつきが気になる方にはおすすめです。


これは全ての方が実感できる訳ではありませんが、洗顔後にお肌がワントーン明るくなったという方もいらっしゃいますね。


泡が立たない洗顔料でも古い角質や汚れを除去して実感できるという事になるかと思います。


しかしながら石鹸は泡を立てないといけないので、面倒だという方もいらっしゃいます。


私の嫁ちゃんも面倒くさがりで、泡を立てない洗顔フォーム(ポンプ式)を使用しております。


石鹸ほどの洗浄力は無いものの、出来るだけ余計な成分は含まない洗顔料は天然のクレイ洗顔料やオーガニック洗顔料があります。


私はあまりポンプ式の洗顔フォームが好きではないので、嫁の顔を洗う時はクレイ洗顔など泡を立てないものを使用していますよ。


この辺は好みですね。




クレイ洗顔の種類

泡が立たない洗顔料には使用している成分には、天然クレイ洗顔やオーガニック洗顔料があります。
(天然クレイやオーガニック配合の洗顔料でも泡立つ洗顔料があります。)


クレイとは粘土です。 


天然クレイ洗顔料はホワイトカオリン、モンモリロナイトやガスールなど様々です。 


○ホワイトカオリンは弱酸性なので汚れを吸着する性能は他のクレイに劣りますが、必要以上に皮脂などを取りすぎないので敏感肌や乾燥肌に向いています。 


○モンモリロナイトは汚れを吸着するのに優れた天然クレイ。この他、保湿にも優れているので洗い上がりはしっとりツルツルに。 


○ガスールはモロッコ産の天然クレイ。保湿に優れている為、パックとしても活用できます。 


クレイの種類により作用は少し異なりますので、ご自身に合ったものを選ぶと良いですね。


天然クレイに共通するのはミネラル分が豊富に含まれているという事です。 


お肌がしっとりツルツルに仕上がるのは、このミネラル分がお肌のキメを整えると考えられます。 


天然クレイも販売されていますので、こちらでパックをするがおすすめです。


注意点としてクレイが乾かない内に洗い流すという事です。 


天然クレイの他にも泡が立たない洗顔料は、オーガニックを使用したものがあります。 


無農薬で栽培した植物を原料に使用していますので、界面活性剤を使用した洗顔料よりもお肌に優しく汚れを取り除いてくれます。 


オーガニック原料なので、原料に使用されている植物のアレルギーがある方は使用が出来ません。 


また、香りも植物本来なのでクレイ洗顔料に比べて匂いが強く苦手な方もいらっしゃるかもしれません。 


クレイ洗顔料のデメリット

泡立つ洗顔料に比べて、デメリットとしては洗顔時の感触が違う所です。


泡洗顔は柔らかい濃密泡でお肌を包み込んで洗います。


泡洗顔の方が柔らかいので、この感触が好きな方は多くいるはずです。


また汚れが落としたという感じもしますね。


逆に泡が立たないクレイ洗顔はお肌を泡で包み込み洗うものではありません。


どちらかと言うとヌルっとした感触で塗り広げている感じなので、汚れが落ちているか不安になる場合もあります。


また汚れの吸着性に優れてはいますが、洗い過ぎると皮脂を取り過ぎてしまう事もあります。


またクレイは天然のスクラブなので、擦り過ぎると荒れてしまう場合もあります。


使用回数は一週間に2〜3回位が良いかと思います。


天然のクレイ洗顔は洗い流すと泥のように流れますので、排水口に直接流すとパイプに負担が掛かかる場合もあります。


排水口にはネットなどをした方が良さそうです。


しかし洗い上がりの違いはしっとりと仕上がるので、泡立たない洗顔料の良さを実感される方も多く居ます。


この他に水を加えて作らなければならないという事です。


天然クレイは乾燥された泥なので、水を加えて好みのテクスチャーに仕上げていきます。


この辺の手間は掛かりますが、それでも一度使ってみると天然クレイの魅力に惹かれる事は間違いありません。

クレイ洗顔料のメリット

メリットとしてはやはり泡を立てる必要が無いと言う事です。


まぁ、フォームタイプと比べれば手間は掛かりますが。


泡立つ洗顔料はどちらかというと皮脂汚れ。


天然クレイは泡洗顔に比べてお肌の汚れを吸着するチカラに優れています。


泡でお肌の皮脂は取り除けますが、なかなか毛穴の汚れは取り除きにくいものです。


天然クレイは汚れを吸着するチカラが高いので、取り除きやすくなります。


これはお肌の汚れがプラスイオンであり、クレイはマイナスイオン。


これにより吸着する効果が高いと言われていますね。


この毛穴汚れ(毛穴表面の汚れ)を取り除くにはやはり弱アルカリ性の洗顔料を使用するのがおすすめ。


石鹸も弱アルカリ性です。


弱アルカリ性では強め、弱酸性では少し洗浄力が弱めになります。


その中でも天然クレイは弱アルカリ性となっています。


おすすめの使い方はクレイパック。


お肌を柔らかくしてくれますので、その後の洗顔で汚れが落ちやすくもなります。


パックしたクレイ洗顔では擦らず洗い流し、その後に美容オイル(植物オイル)で黒ずみが気になる部分をクルクルするのも良いですよ。


クレイ洗顔の選び方は


選ぶ目安
 ○敏感乾燥肌の方には
  ホワイトクレイ。

 ○汚れをしっかり落としたい方は
  モンモリロナイト

 ○お肌の汚れ落としと髪に使いたい方
  ガスール

を目安に選んでみると良いと思います。

クレイ洗顔料の使い方

特別に難しい使い方はありません。メーカーが推奨する量を手に取り、水分を少し加えて伸ばしやすくします。


ここでの注意点として、水分を加え過ぎると洗顔料の効果が落ちますのでテクスチャーが少し緩くなるくらいで良いです。


また、手の平でクルクルし過ぎても効果が落ちてしまいますので気をつけましょう。


天然のクレイ洗顔は使う分だけ取り出して使います。


これは一度水で溶かした物は再利用出来ません。何故かと言うと、雑菌等が含まれてしまう可能性があるからです。


万が一再利用してしまうと肌トラブルを招く場合もありますので注意しましょう。


手の平で伸ばしやすくしたら、通常の洗顔料と同じく顔に塗り広げて汚れを落としていきましょう。


ゴシゴシ擦らないように丁寧に。


後はぬるま湯で洗い流しましょう。温度は個人差がありますが、32〜35度くらいで良いです。


天然クレイは合成界面活性剤を使用していないので、これらを使用したくない方にはおすすめの洗顔方法です。


洗い上がりのすべすべ感は驚きがありました。


ただ天然素材だからお肌に優しいと思って擦り過ぎると荒れます。白ニキビが出来ました。


これは私のお肌で試しました。擦り過ぎ注意です。



記事はここまでです。お読み頂きありがとうございました。

ここからは洗顔料のご紹介ですので、ご興味のある方のみお読み下さい。





おすすめクレイ洗顔

こちらのクレイウォッシュには汚れの吸着性に優れたモンモリロナイトが配合されています。

天然クレイなので硬めのテクスチャーかと思ったら、トロッとしていました。
 
塗り広げる時もお肌に負担が掛かりにくいような感じがしますね。
 
全く泡が立たないので、泡洗顔を使用していた私は本当に汚れが落ちるのか半信半疑。
 
香りは殆どありませんが、使用する方によっては天然クレイの香りが少し気になる場合もあります。
 
私はこのクレイウォッシュで洗顔以外に鼻頭の角栓ケアをしてみました。
 
週に2〜3度のお手入れです。黒ずみ角栓が取れた部分と取り除けなかった部分がありますが、まあまあケアは出来るのかなと感じました。
 
注意点はあまり集中的に擦ると白ニキビが出来てしまった事。白ニキビは毛穴が傷ついて出来る場合があります。
 
多分、擦り過ぎたんでしょう。
 
洗顔する時は長くても30秒くらいしたら洗い流すようにしましょう。
 
洗い上がりはツルツルになった感じです。(個人的な感想です)
 
泡を立てる手間も掛からず、スムーズに洗顔が出来ました。
 
こちらのビーグレントライアルセットにクレイウォッシュが同梱されているので、まずはこちらから試してみてはいかがでしょう。
 
トライアルセットは悩み別に選べる6種類が用意されています。


泡立てないオーガニック洗顔料

クレイ洗顔の他に泡立てないオーガニック洗顔がある事をご存知でしたか?
 
こちらのブラックソープはハーブを熟成させた天然石鹸由来の洗顔料。
 
弱アルカリ性なので、お肌に強すぎるように感じますが天然の石鹸成分を使用しています。

アルカリ性は目に入ると結構痛いので、気をつけて使用して下さい。

ブラックソープは角質を柔軟にする働きがありますので、お肌のクスミやゴワつきが気になっている方におすすめ。

逆に乾燥しやすい方や刺激を感じやすい方にはおすすめ出来ません。

ハーブはオーガニック栽培の自社農場で専門のハーバリストにより丁寧に摘み取られたハーブを熟成して作られています。
 
さらに滑らかなお肌に導く「亜麻仁オイル」や角質が乱れたお肌を整える作用が期待出来る成分でハーブの女王「ラベンダーオイル」も配合。

お肌に必要なミネラルを多く含んでいますので、ツルツル美肌に導いてくれます。
 
おすすめは毛穴パック。お顔全体に塗り広げて、約1分間後に洗い流すだけ。
 
泡立てないオーガニックのブラックソープ洗顔料 ならではの魅力を体感してみて下さい。

 

クレイ洗顔を使ってみたよ

私が使用したのは天然クレイの「ガスール」。

ブロックタイプです。

粉末の方が使いやすいかと思ったんですが、試しにブロックタイプを購入してみました。
このくらいか、もう少し足すぐらいで顔を一回分パックが出来ます。

ここにお湯又は水を足していきます。

水分の量により柔らかくしたり、水っぽくしたりできます。

パックするのであれば、クレイが隠れる位にします。

ここから約2〜3分くらい待つと...
↑このくらいのペースト状になります。このくらいだとパック用ですね。

これを顔につけていきますが、目の周りには少し空けてつけていきます。

目に入るのを避けましょう。鼻の息継ぎ穴も間違って塞がないように。

パックの場合は乾くとパリパリになるので、乾く前に洗い流します。

クレイパックは週に1〜2回くらいが良いですよ。

洗い上がりはお肌がスベスベになります。

ちょっと手間はかかりますが、自然のものを100%利用したスキンケアなので是非試してみて下さい。