洗顔で毛穴の黒ずみが解消できるの?酵素洗顔と石鹸

お顔に出来るブツブツは角栓が原因。触ってみるとザラザラしたりして肌の艶も無くなりますよね。

角栓は黒くなると毛穴も目立ってきて、下地やファンデなどでなんとか隠す事はできます。

そんな黒ずみは解消できるのでしょうか?また角栓とは何なのかを見ていきましょう。

毛穴の黒ずみは角栓が原因

黒ずみは角栓が原因ですが、何故黒くなってしまうのか。

角栓は皮脂と古い角質で出来ていて、タンパク質の固まりです。角質が厚くなって上手く排出されず毛穴に溜まったりクレンジングの擦り過ぎなどにより毛穴が炎症して狭くなると徐々に角栓となります。

年齢により皮膚の柔軟性が無くなる事でも毛穴が広がらずに詰まる場合もあります。

最初は柔らかく白い角栓で、自然に排出されますが、毛穴の出口が狭くなると上手く排出されずに詰まってしまい角栓が出来てしまうんですね。

この状態で時間が経つと角栓は次第に酸化していきます。こうなる事で角栓は硬くなり、黒ずみの元になるんですね。

黒ずみの角栓が原因なのはクレンジングや過剰なお手入れによるものです。これはしっかり覚えておきましょう。

角栓は無理に取らない

正常な状態の角栓は毛穴を雑菌などから守ってくれていますが、黒くなってしまうと必要なさそうですよね。だから毛穴パックなどで無理矢理取ってしまいましょう。

と言うのは間違いです!

いくら目立つ黒ずみ角栓でも無理矢理取り除いてはいけません。取り除いてしまっても毛穴周りの皮膚は硬く炎症していますから再度角栓が出来てしまいます。

これを繰り返してしまうと角栓がどんどん大きくなり、より目立ってしまう可能性もあります。更には毛穴も大きくなると言う事も考えられます。

出来てしまった黒い角栓は無理にとり除かないようにしましょうね。

石鹸洗顔はどうなの?

毛穴パックで無理に取れないなら石鹸などの泡洗顔で取り除く事は出来るのでしょうか。

石鹸洗顔はアルカリ性が殆どなので、洗浄力は強めです。

これを繰り返していけば角栓は取り除けるイメージはありますが、黒く硬い角栓は取り除くのは難しいです。万が一取り除けても同じように再生される可能性もあります。

石鹸洗顔などもあまり洗浄し過ぎると肌への負担が高くなるので、黒ずみが改善しないからと言って過度に行うのはやめましょう。硬い角栓を増やしてしまう原因になります。

酵素洗顔と洗顔石鹸の違い

酵素洗顔は石鹸洗顔よりも強い洗浄力があります。粉末状になっているものが多く、ネットで泡立てをして使用します。

酵素はタンパク質の一種であり、体内にも含まれるものです。洗顔で使用する場合はタンパク質を分解する目的で使用されます。

酵素には
タンパク質を分解する「プロテアーゼ」
皮脂を分解する「リパーゼ」
が含まれています。

酵素洗顔は角栓や古い角質を取り除く作用が期待される洗顔料なんです。

洗顔石鹸でも同じじゃない?と思いますが、確かにお肌(皮膚はタンパク質でもあります)を柔らかくして汚れや皮脂汚れを落とすという事では同じです。

洗い過ぎるとカパカパになるのは皮脂を洗いながす為です。

石鹸にはタンパク質を分解する力は殆どありません。

ですが、酵素洗顔ではタンパク質を分解する作用が期待出来るという事に違いがあります。

角栓は皮脂とタンパク質が混ざり合ったものですから、石鹸にタンパク質分解作用はあまり期待出来ません。

酵素により酸化した角栓のタンパク質を徐々に分解していき、角栓を小さくしていきます。これを繰り返す内に小さくなった角栓はいずれ排出されるようにする事が期待出来るんです。

ただし洗浄力が強いので肌の弱い方、毎日の使用は避けねばなりません。

早く取り除きたいからと言って長く洗顔してもいけませんよ。

使用頻度は?

酵素洗顔はクレンジングの後に使用するのが一般的。使用頻度は通常の洗顔料とは違い、一週間に一度くらい行います。

洗顔をする時間は長く行なってもいけません。20〜30秒くらいで終わらせるようにしましょう。

これは洗浄力が強いので、肌に負担をあまり描けないようにする為です。

黒ずんだ角栓の除去も期待出来ますが、長く洗顔していれば良いというものでもありません。

角栓ケアをする場合はじっくりと時間を掛けて行います。一度や二度の洗顔で取り除こうとはしないようにして、約一ヶ月くらいを目安にケアしていきます。

角栓もタンパク質ですから、酵素洗顔により少しずつ柔らかくしていくようにします。
また、お顔全体に洗顔するよりは角栓が気になる部分のみ行うようにするのも良いです。こうする事で他の肌への負担を減らせますよ。

少しずつ目立たなくなってきたら、酵素洗顔は中止しましょう。長く続けても肌に負担を掛けるだけになってしまいます。
(黒ずみの角栓が確実に取り除ける訳ではありません。参考程度に使用して下さい)

その後は油脂系のクレンジングオイルで優しくマッサージしながら続けてみて下さい。

乾燥肌や敏感肌にも使用できる?

酵素洗顔は強い洗浄力を持っていますので、敏感肌の方にはおすすめできません。

乾燥肌の方が使用した場合は洗顔後につっぱりを感じてしまう可能性が高いです。

もし使用される場合は部分的に使用して、お顔全体には使用を避けて下さい。また、少しでも肌に影響を感じる場合は使用を中止しましょう。

では普通肌や脂性肌の方には全く影響が無いのかと言うとそうでもありません。

人の肌は毎日同じではないので、たまに刺激を感じたりする事もあります。いつもは刺激を感じないのに、違う日に刺激がある場合は使用は止めてみるなど対応が必要です。

酷くなってしまうと治すのが大変になりますので、ご自身の肌を理解し使用すると良いです。

洗顔後は必ず保湿を

これは必ず行いましょう。酵素洗顔後は肌の汚れや皮脂が取り除かれているので、そのままにしておくと過剰な皮脂分泌により肌荒れを起こす原因になります。

おすすめはセラミドNP(3)やセラミドAP(6)配合の化粧水や美容液。セラミドは肌の水分を保っている成分で、細胞間脂質に含まれています。年齢と共に減少してもいくのでエイジングケア(肌のお手入れ)に良く使用されます。

出来る事なら洗面所やお風呂場に持ち込んで、酵素洗顔後はすぐに保湿をする位の方が良いです。

石鹸ベースの酵素洗顔

酵素が多いと刺激が高くなる場合もあるので、石鹸ベースにパパインを配合した
「コーラルクリアパウダーウォッシュ」

パパインはパパイヤから取れる天然酵素。

石鹸ベースにしていますので、泡立ちも良くきめ細かい泡で肌が包まれていきます。

出来るだけ刺激を少なくした配慮で古い角質を穏やかに取り除いていく作用が期待出来ます。

天然酵素に比べて刺激は少なくなっていますが、角質除去の効果は弱まります。

また石鹸ベースのアルカリ性になっていますので、使用した時は長く肌につけておかない事です。

ポリマーピーリングに比べると、こちらの方が古い角質を取り除く作用は期待出来ます。

使用方法

通常はクレンジング後に使用します。パウダー状になっていますので、まずは手の平に取ります。量は製品により異なりますので、説明等を確認をします。

酵素は水分と混ざるとすぐに活性して泡が立ちます。水分を加えて泡立てますが、泡立ちネットが有ると効率良く泡が立てられて便利ですよ。

泡が立ったら顔につけていきます。
洗顔する時は泡だけで優しく洗顔していきます。この時、手で擦らないようにしましょう。

私の場合は20〜30秒くらいで洗い流してしまいます。個人差はありますが、長く肌につけると過剰な洗顔になってしまう事もありますので、早めに終わらせる方が良いと思います。

湿気の少ない場所で保管

パウダー状なので湿気の多い場所に保管するとダマになってしまいます。保管場所にも気を配りましょう。

酵素洗顔のメリットとデメリット

メリット
  1. 毛穴の角栓の除去作用が期待できる 
  2. ホームピーリングより作用が強め 
  3. 古い角質除去や肌の新陳代謝を促す作用が期待できる 
  4. 肌がツルツルになる効果が期待出来る
デメリット ・注意点
  1. 洗浄力が強い為、洗顔は短くする 
  2. 毎日の使用は避ける 
  3. 敏感肌や乾燥肌の方にはおすすめ出来ない 
  4. 必ず保湿をする 
  5. 湿気に弱い 
  6. 肌が落ちついたら使用をやめる
正しい使い方をすれば角栓への作用が期待できる酵素洗顔。使用する時は肌状態を確認してから使いましょうね。

柔らかい手触りが癖になる生せっけん

酵素洗顔ではなく、肌に出来るだけ優しく洗顔したい方には「生せっけん」がおすすめ。柔らかいのは美容成分が多く含まれている為です。美容成分が多いから泡立ちが悪いのかと思ったら、もちもちの泡に仕上がります。

 

強い洗顔料ではなく、皮脂汚れやクレンジング残りなどの目的で使用されたい方向けです。