美容液は必要?シンプルスキンケアをおすすめしたい理由

スキンケアってどんな方法が正しいのか分からなくなりませんか?

クレンジングから洗顔、化粧水と美容液を使ってから乳液などライン使いする方や洗顔後に乳液やクリームだけのシンプルなスキンケアまで。

その中でもスペシャルケアと言われる美容液は必要なのでしょうか。

コストもかかるし、全部の化粧品を取り揃えていたらとても続きませんね。

重要なのはご自身に合ったスキンケア方法をや化粧品を見つける事です。

美容液が必要なの?

スキンケアで重要なのは潤いを与える
「保湿」ではないでしょうか。

保湿を与える化粧品は化粧水や美容液ですね。

ではどちらも必要なのか、それともどちらかで良いのか?

化粧水と美容液、またはどちらかのみを使用するだけで良いのかわかりませんよね。

これはどちらも間違いではありません。

重要なのは「お肌に合わせて使用する」という事です。

お肌に合わせて使用するとは?

お肌は乾燥肌や敏感肌、脂性肌などその方によって変わってきます。

なので美容液だけが必要か、化粧水だけが必要という事は言いきれないと思います。

あまり答えになってないので、例えば乾燥肌の方。

お肌が乾燥するのは角質層の潤いが無くなる為ですよね。

乾燥するので化粧水と美容液をたっぷり使用して保湿するから大丈夫、という訳ではないのです。

お肌に潤いを与え過ぎると、自身で潤いを作るチカラが弱まります。

また、若い頃は潤い成分や皮脂分泌が活発(この限りではありません)なので、本来美容液は必要ないんです。

お肌の自然な再生能力に任せ、少量の化粧水(美容液)のみを使用して油分(ワセリンやスクワラン)などで乾燥しにくいよう保護してあげるというシンプルなスキンケアという方法もあります。

もしくは化粧水も必要なく、油分で保護するだけがお肌に合うという方も居ます。

乾燥肌になっているのは、クレンジングや洗顔の方法が間違っているなどで引き起こされている場合もあります。

この場合はスキンケア方法を見直すなどで、乾燥しにくくなる事もあります。

今まで化粧水と美容液、クリームなどライン使いしていたのがどれか一つで良くなったという事もあります。

美容液と化粧水の違いは水溶性成分か油溶性成分が多く含まれている違いと、配合濃度の違いにあります。

ただ個人的に思うのが、過剰な保水や保湿は必要なく、シンプルなケアを心がけて行く事がお肌に良いんですよね。

シンプルなスキンケアをおすすめしたい理由

スキンケアの方法って人それぞれ違います。
 
化粧水と美容液が必要な方や化粧品は何も使用しないスキンケアなど方法は様々。
 
ここでは
シンプルなお手入れ
について考えてみたいと思います。
 
私はシンプルなケアをおすすめしていますが、これは個人によりお肌のお手入れ方法が違ってきます。
 
ご参考程度に読んで頂ければと思います。
 
何故シンプルな方が良いのか。
 
これはお肌がターンオーバーにより新しく生まれ変わります。自然に生まれ変わるチカラを持っているんですね。
 
しかしたっぷりとお肌につける事で自己修復機能は弱まる傾向にあります。
 
例えば風邪を引いた時にお薬を飲み過ぎると効き目がなくなって行ったと言う経験はありませんか?
(ちょっと違うかもしれませんが...)
 
よく乾燥すると言う方がいますが、様々な要因の中で過度な保湿があります。
 
お肌は新陳代謝によって潤い成分を生成しています。
 
しかし本来なら潤い成分を生成しなければならないはずが、外部より潤いが与え続けられれば作り出す必要もありません。
 
保湿とはお肌が乾燥しないように一時的に潤いを与える事であり、バリア機能である皮脂膜が作られるまでの代わりが美容オイルやクリームの役目。
 
そこに美容成分が含まれていれば、それらがお肌を整えてくれるよう働きかけます。
 
後はお肌自身のチカラで潤いを作りだします。
 
保湿を行うというのは、ほんの少しお肌の手助けをしてあげるだけで良いのではないでしょうか。
 
例えば化粧水を使用するのなら、洗顔後に1円玉くらいに取って塗り広げます。
 
冬などの乾燥しやすい時期にはもう少し多くても大丈夫です。
 
すぐになくなりますか?それで大丈夫です。
 
化粧水はお肌に吸収されない分は蒸発します。
 
乾燥すると思わず次にクリームか乳液、美容オイルなどで蓋をしてあげましょう。
 
お肌に合うものを使ってください。
4ステップだったお手入れを2ステップにするだけでも違いを感じられるでしょう。
 
ただしこの場合は急に減らすのではなく、少しずつ減らしていくのが理想です。
 
急に減らすとお肌が変化に対応出来ませんので、肌トラブルを引き起こす事もあります。
 
シンプルですが、このようなお手入れでもお肌に合っている方なら十分です。
 
私は美容液(もしくは化粧水)の次に美容オイルのみのシンプルケアです。
(ニキビなどが出来やすい方に美容オイルの種類により合わない場合があります)
 
この他、手軽に一度でスキンケアが出来るものはありますよね
 
それがオールインワンゲルです。
 
化粧水、美容液、クリームなど全てが行えるといったらこれしかありません。
 
時短にもなりますし、コスパは良いですよね。
 
しかしそちらのオールインワン化粧品も良いのですが、あまり成分が含まれていない方がお肌には良いと考えます。
 

保湿はなぜ必要?

では何故保湿が必要なのでしょうか。
 
通常皮膚は弱酸性に保たれて雑菌などから守られています。
 
これは皮脂があるからこそなんです。
 
逆に乾燥したお肌はアルカリ性に傾く為、常在菌の黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすくなりお肌が荒れる場合もあります。
 
また乾燥で皮脂膜や角質層が乱れていれば、お肌への刺激も感じやすくなってしまいます。
 
保湿は一時的ではありますが、潤い成分の蒸散を抑制し、皮脂膜に近い成分などにより保護する事でお肌を守る大切なケアです。
 
特に潤い成分の生成が乏しくなる年齢を重ねたお肌には重要な工程です。
 
逆に皮脂分泌量が多い方は過度なクリームも美容オイルケアも必要は無いと考えます。
 
がっつりお手入れよりもシンプルなお手入れというのは一つの方法ですが、私個人的にはお肌のバリア機能回復の手助けと考えています。
 
化粧品を使用するのとしないのでは、やはりツヤや張りが違う気がします。これも保湿というお手入れによる違いだと思います。
 
ただお手入れを辞めてしまえば、元に戻った気がするのは私だけでしょうか。
 
保湿をするのは大切だと改めて思える瞬間です。
 

美容液の選び方は?

目的と言ってもどのようなお手入れをしたいのかによって使用する美容液も変わってきます。
 
30代からのエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)が目的なのに、美白に重点をおいた美容液を使用した場合はシミやソバカスの抑制作用は期待できます。

これでは自身の悩みに合わせたスキンケアはあまり期待出来ませんね。

では何を基準に選んだら良いのでしょうか。
 
美容液には大まかに分けると
  1. 保湿美容液
  2. エイジングケア美容液
  3. ニキビケア美容液
  4. 美白美容液
となります。

では保湿美容液とエイジングケア美容液の違いは何が違うのでしょうか。

これは私個人の解釈ですが、保湿美容液はお肌の潤いを助け、バリア機能の回復を促すように使用する美容液。

エイジングケア美容液とはこの保湿成分に加えてシミやシワにアプローチする成分が配合されていて、悩みに合ったお手入れが出来る美容液だと思っています。

美白美容液とはシミなどを抑制する成分が配合されています。シミを消してくれる訳ではありません。

また30代からのエイジングケアなら目元や法令線にアプローチするクリーム状や直接張り付けるタイプの集中的に使える美容液もあります。

しかし良いと思って選んだ美容液でも成分があまり期待できる作用がなければ意味がありません。

シミやそばかすを抑制するなら美白美容液を選ぶ

美白とはシミやそばかすを消してくれる効果ではありません。

ここで言う美白はメラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を抑制して、シミになりにくいようにする意味を表します。

美白美容液は若い頃から使用し始めてシミの元を抑制しておくのが良いでしょう。

シミは紫外線だけが原因ではありませんが、大半の原因は紫外線と言えるでしょう。

シミが出来てからでは遅いので早めに使用する方が良いですね。

美白に効果的な成分の一例
  1. ビタミンC誘導体 
  2. グリチルリチン酸2k
  3. アルブチン 
  4. プラセンタエキス 
  5. トラネキサム酸
など。これらが配合されている美容液は美白効果が期待できます。 

ここで紹介した成分はあくまでも一例です。

万能なビタミンC誘導体

ビタミンCは抗酸化作用があり、エイジングケア(年齢に合わせたお手入れ)やシミの抑制、コラーゲン生成を促すなど優れた成分です。
 
ビタミンCだけでは肌に吸収されにくいので、誘導体の化合物により角質に浸透しやすい、というよりは肌で分解されにくいようにしています。

ビタミンC誘導体は高浸透型ビタミンC誘導体(比較的長く肌に止まる)があり、肌浸透(角質層まで)が良いのとメラニン色素が活性した状態(目に見えるか見えないくらいのもの)を還元する作用も期待できる成分です。
 
また、抗酸化作用も合わせ持っていますので、エイジングケア(年齢に合わせたお手入れ)としてもおすすめです。
 
ビタミンC誘導体はメラニンが色素沈着する前にシミの元を薄くする作用も期待できます(完全に色素沈着を防ぐ事ではありません)

ただし目に見えるか、見えないかくらいのシミです。
 
シミになったのものは消す事が困難になります。
そうなる前にケアをしていきましょう。
 
この他に皮脂抑制やコラーゲン促進作用なども期待出来ますので、積極的に取り入れたい成分です。

抗炎症成分配合の化粧品を選ぶ

日焼けなどの炎症を抑制し、シミを抑制する成分があります。良く耳にする医薬部外品として配合される事もある

グリチルリチン酸2K」と

トラネキサム酸

がおすすめです。

 

グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分として、トラネキサム酸はシミ抑制成分として配合されます。

 

これが有効成分(医薬部外品)として配合されている美白美容液を見つけてみると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体誘導体と一緒に使用する事で紫外線対策にもなります。


この他に

「プラセンタエキス」なども美白美容液に成分として配合される場合があります。

 

ブタプラセンタや馬プラセンタなどがありますが、これは胎盤から抽出するものです。シミの排出を助ける働きやシミを抑制するように働きかける成分です。


エイジングケア美容液選ぶには?

30代からのエイジングケアで選ぶとすればどの美容液が良いのでしょうか。
 
個人的におすすめなのはセラミドです。

お肌の潤いを保っているのもセラミドですね。
 
角質層にあるラメラ構造の中はセラミドなどの保湿成分があり、肌の潤いを保っています。
 
しかし潤い成分は年齢などで生成機能が低下して潤いは少なくなっていきます。
 
これはお肌のターンオーバーにより潤い成分は生成されますが、ターンオーバーサイクルが遅くなるとお肌の潤いも少なくなります。
 
特に30代頃からは潤い成分が少なくなっていきますので、乾燥シワも出来やすくなるんですね。
 
乾燥シワをそのままにすれば目立つようなシワになる場合もありますから、早めに潤いを与える方が乾燥によるシワを抑制できます。
 
シワが出来たからと言って美容液などを使用しても改善は難しくなります。
 
年齢シワや表情シワはどうしても出来てしまいますので、乾燥からくるシワを出来るだけ目立たせないようにお肌に潤いを与えていきましょう。
 
30代エイジングケアの成分の一例
  1. ヒアルロン酸 
  2. コラーゲン 
  3. エラスチン 
  4. セラミド 
  5. レチノール
  6. プラセンタエキス
  7. 幹細胞
などがあります。 
 
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは元々真皮の中にあるのですが、肌から吸収されて作られるという事ではありません。 
 
これらは角質層に留まり張りや潤いを助ける成分となります。
 
化粧水や美容液に配合されているものはあくまでも潤いの成分と捉えましょう。 
 
また、ヒアルロン酸配合の美容液はセラミドなどよりも比較的安価に出来る為、多くの美容液に配合されています。 

先に記述したヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンはエイジングケア時に有ると良い保湿成分です。

セラミド

肌の一番外側には皮脂膜と角層があり、お肌の潤いが逃げるのを防いだり、外部からの刺激や雑菌から守っているのがバリア機能です。

その中にセラミドという保湿成分が潤いを保っています。

このバリア機能が低下すると潤い成分も外側に出て水分が不足してしまいます。これが乾燥肌や敏感肌の原因になるんですね。
 
潤いを保つという事はバリア機能を助け、お肌の機能再生を促すという事になります。
 

セラミドは細胞間脂質に含まれる成分で、お肌に馴染みやすく潤いを保つ為に必要な成分の一つです。

 
セラミドでも種類がありますので、選んでいただきたいのは
「セラミドNP(3)」
「セラミドAP(6)」です。
 
この2種は特に重要で、年齢と共に減少していきます。
 
化粧水や美容液などの成分表を見る事でも分かりますので、選ぶ際の目安にしてみて下さい。
 
この他にもコラーゲン、ヒアルロン酸などもありますが、やはり年齢と共に減少するセラミドは30代からのお手入れには欠かせないのではないかと思います。
 
30代を過ぎてお肌の乾燥が気になる方はお肌の新陳代謝が低下して角質層が乱れてきている事も考えられます。
 
プチプラ化粧品も良いですが、保湿が物足りないと感じた方は一度セラミド配合の化粧品を使用してみるのも良いかもしれません。
(セラミドを作る訳ではありません)

セラミド化粧品のお試し品も出ていますので、トライアル化粧品からお試ししてみると良いでしょう。