男子は髭剃り後に肌荒れが気になる。そんな時に使いたいケアアイテム

男子に毎日欠かせないのが髭剃りですね。

しかしながら髭を剃った後は肌荒れしてしまう方も多いと思います。

男子でも出来ればスベスベなお肌で居たいですよね。

では髭剃り後はどのようにケアをするのが良いのでしょう。

髭剃り後に肌荒れする理由は?

手動式であれ自動式であれ、刃がお肌に触れる事により角質を傷つけて肌荒れを引き起こします。

例え髭剃り前にローションを使用したとしても手動式なら傷ついて血が出てしまう事もありますね。

肌荒れが起きるのは角質が傷つく事によるものなので理解は出来ます。

大切なのはこの後に起きるシミなど。

髭を剃っただけでシミが出来るの?と思うかもしれませんが、角質層が傷つく事で「炎症性色素沈着」というシミが出来る場合があります。

これはお肌を守る為に起きる事なので、悪い事ではないんです。

しかしながらいくらお肌を守る為とは言え、口周りがシミになってしまうのは嫌ですね。

一番は角質を傷付けない事が大事ですが、髭を剃る以上避けては通れない悩みです。

スベスベな肌を目指すには髭剃り前や後のスキンケアが大切になります。


髭剃り前のスキンケア

髭を剃る前のケアとして、毛を柔らかくした方がスムーズに剃る事が出来ます。

まず温かいタオルで髭を包み温めます。

毛もタンパク質から出来ていますので、水分を少しですが吸収して柔らかくなるんですね。

毛穴も柔らかくなり、洗顔後に汚れを落としやすくしておきます。

約1〜2分くらいです。

肌の滑りも良くなりますので、角質を傷つけにくくなります。

結構手間は掛かりますので忙しい朝にはなかなか出来ないと思いますが、お肌をキレイに保ちやすくする工程でもあります。

覚えておいて良いかもしれません。

ではもう少し簡単にするには?

個人的にはシェービングフォームよりもジェルタイプの方がおすすめです。

ジェルタイプは保湿成分や増粘剤により髭を剃る最のクッションになるのと、毛を柔らかくする働きがある為です。

デメリットとしてフォームタイプは泡切れが良くさっぱり感がありますが、ジェルタイプは洗い上がりがしっとり、しかしシェーバー内に溜まりやすいので入念な清掃が必要です。

しかしながらフォームタイプと同じく使用してから少しお肌や毛に馴染せなくてはいけません。

付けてからすぐに剃っても、柔らかくなっていないのでお肌を傷付けやすくなります。

タオルは使用しませんが、少し余裕を持って行う必要はあります。


髭剃り後のスキンケア

剃ったら洗い流すだけで終わってしまう男子も多いはず。

ガサガサの口周りよりもスベスベの方が女性や他の人には好印象を与えますよね。

髭を剃った後のスキンケアをすることで、スベスベなお肌に整え、乾燥による角質の剥がれを目立たなくする働きがあります。

また傷がつくと雑菌などによりニキビが出来たりする場合もありますよね。

今までスキンケアをしていなかった方も髭剃り後に自身の口周りを確認してみて下さい。

肌が荒れてませんか?

少しずつでもお肌を整える工夫をしてみましょう。

ガサガサになってるより印象が全く違ってきますよ。

では髭剃り後のスキンケアはどのようなものを使用したら良いのでしょうか。

抗炎症成分の含まれた化粧品を使用する

これは顔のスキンケアで使用される化粧水や美容液になります。

しかし様々な化粧品の中からどれを選んだら良いか迷うところです。

おすすめの成分は
  • グリチルリチン酸2K
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
などが配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分としては有名です。

医薬部外品であれば濃度は少し高めに配合されていますので参考に選んでみて下さい。
(医薬品ではありません)

ビタミンC誘導体はシミの還元作用が期待出来る成分。

髭剃りによる刺激でメラニン色素が活性し、シミの原因となります。

ビタミンC誘導体はこのシミの元を抑制作用が期待出来ます。

また日焼け後にも使用する事でシミの還元作用が期待できます。
(シミが出来ない訳ではありません。またシミを消す訳ではありません)

プラセンタエキスもシミの還元作用や抗炎症成分として配合されています。

これらの化粧品を選ぶ事で悩みに合わせたお肌のお手入れが出来ます。

その後にクリームやオイルを使用する事で乾燥しにくく、印象も上がりやすくなりますね。

髭剃り後におすすめなケアアイテム

スキンケアでも髭剃り後に特化したスキンケア用品があります。

それは保湿ローション。

化粧品と同じですが、髭剃り後に合わせた成分配合となっているものが多くあるのが特徴です。

化粧水の後にクリームなどを使用する必要もないので手間が省けます。

こちらの保湿ローションなら、先程に記載した抗炎症成分
  • グリチルリチン酸2K
  • ビタミンC誘導体
が配合されています。

医薬部外品でもあるので、グリチルリチン酸2Kの効果が期待出来るものとなっています。

ビタミンC誘導体は水溶性のものであるので、男子の悩みである皮脂抑制にも作用やシミの還元が期待出来ます。

サラッとしたテクスチャーでベタつきが少なく、使用した後もスベスベ肌に仕上げます。
(全ての方に効果がある訳ではありません)

エピナイザーゼロは定期購入がお得ですが、一本からも購入できます。

定期購入も回数に縛りはないので、一本で解約も可能です。

髭剃り後にお肌が乾燥しやすい方やしっかりとスキンケアをしたいと思っている方には良いアイテムとなりそうですね。

髭の生えるスピードは遅くなる?

これは抑毛という効果ですが、それらを期待出来る成分は配合されています。

しかし髭に対応した保湿ローションとは言え、毛の生えるスピードを抑制するのは難しくなります。

髭は男性ホルモンにより活発に働いており、毛の毛乳頭細胞や毛母細胞が関係しています。

ここにダメージを与えるのはローションでは不可能です。

なので髭に対応するローションを使用しても、生えるスピードは抑制できません。

家庭用脱毛器は手軽に抑毛する事の出来る機器ですので、髭の生えるスピードを遅くしたい場合はおすすめです。

男性に人気の脱毛器は狭い部分にも対応できるレーザー式脱毛器トリアがあります。

それでも髭が煩わしく感じるのであれば永久脱毛をおすすめします。

これは医療機関のみで行えますので、確かな効果を感じる事が出来ます。

今では美容男子も増えてきてますので、髭の無い方が良いのかもしれません。

ただ髭の永久脱毛は痛みを伴います。

医療機関なので、そこは麻酔や痛みの少ない蓄熱式脱毛器の使用など相談が出来ます。

エステサロンではなく、脱毛クリニックです。

エステサロンは永久脱毛が出来ませんので、クリニックをおすすめするのはその為です。

髭を剃りやすくするには前夜のスキンケア

濃い髭はとても剃りにくいものです。

電気シェーバーでも剃りにくい事もありますね。

そんな髭を剃りやすくするには柔らかくする事が重要です。

これは前夜にスキンケアをすると翌朝に髭を柔らかく保ちやすくなります。

スキンケアと言っても洗顔などがありますが、保湿の方が重要です。

何故保湿が髭を剃る前のお手入れとして良いのでしょうか。

これは皮膚が柔らかくなりやすい為と考えられます。

保湿と言っても化粧水を付ければ良いのではなく、その後のケアが大切。

私がおすすめしたいのは化粧水や美容液の後に美容オイルを使用する事です。

植物オイルですね。

これらはオレイン酸などお肌を柔らかく保つ成分が含有されているので、翌朝にお肌がふっくらと保てる場合が多いです。

中には合わない方も居ますが、お肌(角質層)を柔らかく保つ事は髭を剃る時に良いですよ。

オイルにより皮膚も傷付きにくくなりますので、是非、一度試してみてください。

洗顔前に剃る方が良いですよ。