ビタミンC誘導体美容液はどれがいい?メリットとデメリット

ビタミンC配合の化粧品はお肌に良いと言われています。

しかしビタミンC配合の化粧品でも、種類がいくつかあります。

化粧品に配合される場合は
「ビタミンC誘導体」
と呼ばれています。

また乾燥肌や脂性肌によって使い分けるとより効果的に使う事が出来ます。

ビタミンC誘導体に期待出来る作用は?

お肌に良いビタミンC誘導体配合美容液と言っても、自分に要らないない作用ならば使う必要もありません。

ではビタミンC美容液はお肌にどのような作用をもたらしてくれるのでしょうか。

皮脂・毛穴引き締め作用

ビタミンC誘導体は皮脂抑制作用が期待出来るとされています。

毛穴ケアなどにも使用され、毛穴引き締めとしても化粧品に配合されています。

角栓ケアなどをを行った後にビタミンC誘導体は良いです。

美白作用

美白とはシミを消してお肌を薄くしてくれる作用ではありません。

美白はメラニン色素などを抑制して、シミを出来るだけ作らせないようにする事です。

ビタミンC誘導体には、紫外線で活性化されたチロシナーゼを作らせないようにするシミ還元作用が期待出来ます。

ビタミンC誘導体の種類によりますが、日中に使用する美白化粧品と日焼け止めを使用する事でシミを抑制する作用も高くなります。

また皮脂抑制作用もありますので、化粧のノリが良くなる場合もあります。

エイジングケア

エイジングケアと言えば保湿成分の方が重要かと思われますが、ビタミンC誘導体は抗酸化作用も期待出来る成分。

お肌は紫外線などのストレスにより酸化していきます。

酸化するというのは活性酸素が作られやすくなりますので、これがお肌のコラーゲンなどにダメージを与え老化させる原因になります。

また紫外線はシミを作る原因でもあるので、メラノサイトを刺激するほどに浴びてしまうとシミが作り出されます。

若い頃にお肌のハリが保たれているのは、活性酸素を除去する抗酸化作用によりある程度守られています。

シミの元なども上手く排出されますので、シミは出来にくいんです。

しかし年齢を重ねてくると抗酸化作用も低下してきますので、活性酸素を抑制するビタミンC誘導体は30代からのエイジングケアにおすすめなんです。

その他の作用

上記以外でも期待されている作用は、お肌のハリを保つコラーゲンの生成を促す働きが期待出来るとされています。

コラーゲンを作り出す訳ではありませんが、使い続ける事でお肌のハリが実感出来るかもしれません。

もちろん体外からだけでなく、野菜やサプリで体内からビタミンCを摂取するなどの工夫をすればより効果的ではないでしょうか。


このようにマルチに活躍してくれるビタミンC誘導体ですが、ではどのようにして選べば良いのか見ていきましょう。

水溶性と脂溶性がある

ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性に分けられます。

水溶性は水に溶けやすく、脂溶性は油に溶けやすいというものです。

またビタミンCは酸化が起きやすいので、それらを酸化しにくいように工夫されている化粧品がビタミンC誘導体です。

ただ溶剤などに溶かしたビタミンC誘導体化粧品などは、お肌への刺激が強い場合もありますので、あまりおすすめできません。

水溶性ビタミンC誘導体でのメリットとデメリット

○メリット
水溶性は水に溶けやすいという事から、素早くお肌の角質層へ浸透していく特性があります。

サラっとしたテクスチャーのものが多く、脂性肌の方向きです。

毛穴引き締めや皮脂抑制ケアをしたい方にはおすすめなのが水溶性ビタミンC誘導体です。

○デメリット
刺激を感じやすいので、乾燥肌や敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

またピュアビタミンなどは酸化しやすいので長期間保存出来ませんし、紫外線に当たるとシミになりやすいデメリットがあります。

脂溶性ビタミンC誘導体でのメリットとデメリット

○メリット
脂溶性のメリットは、水溶性に比べてお肌へ比較的長く止まり角質層に浸透する特徴があります。

徐々に角質へ浸透し分解される為、活性されたメラニン色素の抑制やシミの元を還元するなどエイジングケアとしても使用されます。

刺激は水溶性よりも少なく、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめなビタミンC誘導体です。

酸化安定性も高いので、水溶性よりも保存期待は長めです。

○デメリット
脂溶性なので、テクスチャーはベタつくものが多い印象です。

またゆっくりと浸透していきますので、浸透力は悪いかなと感じてしまう事もあります。

人により効果は異なる

これは化粧品全てに当てはまりますが、ビタミンC誘導体は分解されて角質層へ浸透します。

分解されるのはお肌の酵素によってビタミンCとその他の物質というふうになります。

なぜ実感出来たり出来なかったりするのか。

これは人により持っている酵素が違うので、上手く分解される方と分解しにくい方がいます。

これにより感じ方が変わってくるという違いがあります。

ビタミンC配合は多い方が良い?

マルチに活躍してくれるビタミンCなら、濃度も多く配合されているものを選ぶ方が良いですよね。

しかし濃度が高すぎるとお肌への刺激性が高くなり、乾燥もしやすくなってしまいます。

化粧品に配合されている濃度は約1%くらいです。

このくらいであれば、使い続ける事で効果を感じれる事があります。またお肌への影響も少なくて済みますね。

エステなどで異なりますが、使用されているのは約5〜8%位です。

なかなか高い濃度なので、刺激を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

化粧品でも10%以上など濃度の高いのもありますのが、あまり高くなったとしてもあまり効果は変わらないと言われています。

お肌への負担などを少なくするのであれば、高くても約5〜7%位が良いでしょう。

食べ物からビタミンCを摂取する

ビタミンCは食物にも含まれています。

美肌は体内からのケアは重要ですよね。

化粧品からビタミンCをお肌に塗っても、体内からの影響力には叶わないものです。

食物からも同時に取り込めるよう食べる習慣をつけておけば抗酸化作用を高められますので、お肌への良い作用が期待できます。

また紫外線からの抵抗力も高まり、シミ抑制作用が期待出来るなど嬉しい事が多くあります。

ビタミンCは体内に溜め込む事が出来ないので定期的に摂取する必要があります。

食物では果物などがビタミンC含有量は多いイメージですが、実は野菜の方が多く含まれている事もあります。

例えばパプリカやブロッコリーなどにはビタミンCが豊富に含まれています。

では1日に必要なビタミンCはどの位なのでしょうか。

体の調子にもよりますが、目安とすれば1000mgから2000mgと言われています。

ですが手軽に1000mgを取るという事は出来ませんよね。

今ではビタミンCを手軽に摂取できるサプリメントもありますので、そちらを活用しても良いでしょう。


まとめ

・水溶性と脂溶性がある
・水溶性は脂性肌におすすめ
・脂溶性は乾燥敏感肌におすすめ
・抗酸化作用が期待出来る
・シミ抑制作用が期待出来る
・皮脂抑制作用が期待出来る
・コラーゲン促進作用が期待出来る


・他の化粧品に比べて酸化しやすい
・刺激を感じる場合がある
・濃度により乾燥しやすい事がある
・日中に使えないものもある


お肌に嬉しい作用をもたらすビタミンC。ご自身に合ったものを選ぶ事によって持っているチカラを生かす事が出来ます。