目元のたるみに美容液を使用するメリットは?

急に目元のたるみが気になり出した事はありませんか?お肌の年齢を感じてくるのは法令線などのシワが出始めた時。

お肌のスキンケアは行っているけど、目元はあまり気にしない事が多いのではないでしょうか。

一度たるみ出すと、どんどん目立ってきてしまうのが目元のたるみです。

そんな年齢を感じさせない為にも、目立つ前に目元のお手入れをしていきましょう。

目元がたれる原因は?

これを忘れてはいけませんね。エイジングサインの一つに目元のたるみ、目元のシワがあります。
 
鏡を見ると気づかない内に目立つようになっている事もあります。
 
なぜ垂水(たるみ)やシワが出来るのでしょうか。これは目元の張りが年齢と共に失われ、皮膚が下がる事により起こります。

涙袋には眼輪筋があり、中にある脂肪を支えています。この筋肉が衰える事で脂肪が前に出て垂水となります。

また目元は瞬きを頻繁にするので、シワが出来やすくなります。
 
皮膚の真皮の部分(角質層の下)にある肌の張りの元である
「コラーゲン」や「エラスチン」が肌の張りを保つ役割をしていますが、これは年齢と共に減少していきます。お肌と同じです。

筋力の衰えだけではなく、お肌のハリなどを作っているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少でも「たるみ」を発生させる原因となりますね。
 
コラーゲンは女性ホルモンも関係しており、卵胞ホルモン(エストロゲン)が衰えてくるとコラーゲンの生成が悪くなり肌の張りが失われていきます。

この肌の垂水により目元のシワが出来やすくなって、次第に目立つようになります。
 
また、目元の垂水が出来る事で黒クマが目立つようになってきます。これは垂水により目の下にシワの影が出来てしまうので、クマのように見えてしまいます。

この他に目元のシワが作られる原因として乾燥シワがあります。乾燥した肌は小さな小じわが出来ていきます。
 
この目立たない小じわをそのままにしておくと、いずれは目立つシワになる可能性もあります。

対処法としては保湿をしてシワが出来るのを抑制するのが望ましいです。
 
垂水やシワにアプローチする目元専用の美容液はスポット的に使えるのでおすすめです。

主にクリームタイプやジェルタイプがあります。

たるみは改善される?

たるみが目立つと年齢を感じさせてしまうので、出来る事なら早めに改善したいもの。

しかし、一度たるんでしまうと改善する事は難しくなります。

目元がたるむ前のお手入れは重要になってきますね。

目元のたるみが目立たないようにする為には、適度な有酸素運動と目元のストレッチが有効とされています。

また、潤いを与える目元美容液を併用する事でたるみを抑制していきましょう。

血流の流れも悪くなると「くま」も目立ちやすくなりますので、適度な有酸素運動も取り入れると良いでしょう。

この他、瞬きの回数が減ってしまう事でも目元のたるみが出来てしまうと言われています。

これは瞬きをする事で眼輪筋を使いますが、回数が減ってしまうと筋力が衰えてしまうのが原因。

仕事であまりにも疲れて瞬きをしなくなっしまうと、たるみやクマを作る原因ともなります。

目元美容液は抑制する目的で使用する

目元のたるみ抑制に使用できる専用の美容液もありますので、年齢が気になりだしたら使用するのも良い方法です。

しかし美容液を使用し続けたからと言ってたるみが出ないという事でもありませんので、あくまでも抑制目的で使用しましょう。

使用し始めるのは、垂水が目立ってきてからではなく目立つ前に使用していくと良いでしょう。

出来れば20代中頃からの使用が良いと思います。

美容液と一緒に目元ストレッチなども一緒に取り入れる事で抑制する効果も高くなります。

目元美容液にはヒアルロン酸などの潤い成分が多く配合されている為、潤いを与え乾燥シワを目立ちにくくしてくれる作用が期待できます。

乾燥小じわは目元のたるみを目立たせてしまうので、継続的に使用して抑制する事が必要ですよ。

どんな美容液がある?

目元美容液にも種類があります。使いやすい方を選んで使用しましょう。

クリームタイプ

硬めのテクスチャーで、気になる部分を選んで塗る事が出来ます。液体と違い垂れてくる事もないので使いやすいタイプと言えます。

クリームタイプはテクスチャーが硬めなので、塗り広げる時に力を入れずに行う事です。繰り返し強く擦るとクスミの原因となる場合があります。

ジェルタイプ

クリームタイプよりも柔らかくなりますので、伸びも良いので人気の高いのがジェルタイプ。
お肌への馴染みが良いので、ベースメイク前に使用出来るタイプが多くあります。

シートタイプ

美容液と言うよりはシート状になっているパッチです。

塗る手間もなく貼るだけの目元美容液パッチ。
シートに含まれた美容成分がお肌へ密着するので、効率良く角質層までの浸透を促します。

夜に使用するタイプですが、朝にシートを剥がす時は丁寧に行う必要があります。

目元美容液を使用するメリット

目元美容液を使用するメリットとしては、乾燥による小じわにアプローチして目立たなくしてくれる効果が期待出来ます。

油分を多く含んでいるのが特徴で、ポリマー剤などによりお肌の張りを保つよう工夫がされています。

なので使用した後は目元のシワが引っ張られて目立ちにくくなるのも目元美容液の特徴です。特にクリームタイプで感じる事ができます。

乾燥小じわは真皮のコラーゲンやエラスチンなどとはあまり関係は深くないので、角質層に水分を与えてふっくらさせる事により目立ちにくくなります。

また茶クマなどはアイメイクを拭き取る事や擦る事で生じる炎症性色素沈着の可能性があります。
(この限りではありません)

拭き取り化粧水などでアイメイクを取り除くのもあまりおすすめしません。

炎症性色素沈着は時間を掛ければ薄くなっていきますが、紫外線などにより薄くなりにくくなる事もあります。

出来るだけ早めのケアが必要です。

炎症性色素沈着の場合はそれらに作用する成分が配合された目元美容液を使用する事により、薄くなる場合もあります。

血行が悪くなり出来るクマもありますが、血行を促進する作用の目元美容液もあります。

確実に効果があるとは言えませんが、それなりの作用は期待出来ますね。

では目元のたるみにはどうでしょうか。

先程もお伝えしましたが、目元のたるみは筋力が弱まる事やコラーゲンなどが少なくなって張りが失われる事によるもの。

垂水が出るとシワも目立ってきますね。

目元美容液は保湿成分が多く含まれている為、潤いを与える事で一時的にタルんだ時に出来るシワが目立ちにくいようにする作用は期待出来ます。

目元がたるむ前に使用する事で、乾燥による小じわを目立ちにくくするには良い美容液と言えますね。

目元美容液でも成分配合により期待出来る作用は異なりますが、基本的には乾燥小じわを目立ちにくくするよう抑制目的として使用する方が正しい使い方となります。

朝ふっくら。マイクロニードルパッチ

目元にアプローチする美容液は様々ですが、貼って使用するシートタイプは使われている方も多いと思います。

シートには保湿成分が多く含まれていて、目元にピンポイントでつけられるのが魅力です。

このシートタイプでも、マイクロニードル採用のパッチはご存知ですか?

マイクロニードルはとても小さな保湿剤で出来た針がシートに取り付けられている目元美容液。

シートに取り付けられているのは、ヒアルロン酸で出来た針です。

針?なんか痛そうと思いますが、確かにちょっとチクリとする事もあります。

ですがこれは最初だけです。

とても小さく出来た保湿成分なので、これらが角質層に届いて保湿成分を効率よく届けてくれる仕様になっています。

ジェルのシートタイプと違うのは、角質層表層に保湿成分であるマイクロニードルが入り込みます。

表面だけではなく、じんわりと時間を掛けて保湿成分を届けますので期待も高まります。

だから夜に貼って寝るだけで、朝は目元がふっくらと仕上がるんですね。

針は?

このマイクロニードルは保湿成分なので、保湿を届けた朝には無くなっています。

お肌に針は残っていませんので安心して下さい。

角質層に直接アプローチするので、今までと違った使用感を感じられるかもしれません。

剥がす時はゆっくりと剥がしていきます。

取れやすくなっていますが、せっかく保湿が届いた目元に刺激を与えないように行って下さい。

パッチの良いところは手軽さにあります。

貼るだけで保湿が出来ますから、手が汚れたり塗り込む必要もありません。

目元だけでなく、法令線に使うなんて事も出来ちゃうんです。

目元は年齢が出やすい

目の周りは皮膚が薄く、乾燥しやすいです。

エイジングサインが出やすいですね。

シワやたるみは年齢を感じやすくなりますので、目元の擦り過ぎはNG。

クレンジングや洗顔時も丁寧に行いましょう。

目元美容液は若い頃に必要はありませんが、年齢を重ねた20代後半や30代から使用していくのが良いでしょう。

たるみやシワを改善出来る訳ではありませんが、お手入れをする事でエイジングサインを抑制する作用が期待出来ます。