スキンケアに美容液は必要?選び方と30代のエイジングケア

スキンケアってどんな方法が正しいのか分からなくなりませんか?

クレンジングから洗顔、化粧水と美容液を使ってから乳液などライン使いする方や洗顔後に乳液やクリームだけのシンプルなスキンケアまで。

その中でもスペシャルケアと言われる美容液は必要なのでしょうか。

コストもかかるし、全部の化粧品を取り揃えていたらとても続きませんね。

年齢を重ねると全ての化粧品を揃えて使うというのが正しいのかな。

そんな事はありません。

お手入れ方法が合えば、シンプルなお手入れでもお肌の潤いを保つお手入れは出来ます。

重要なのはご自身に合ったスキンケア方法をや化粧品を見つける事です。

美容液は必要?

スキンケアの方法って人それぞれ違います。
 
化粧水と美容液が必要な方や化粧品は何も使用しないスキンケアなど方法は様々。

ただここでお伝えしたいのは保湿を行うのは
シンプルなお手入れで十分という事です。

私は美容液と美容オイルのみのスキンケアです。
(ニキビなどが出来やすい方に美容オイルは合わない場合があります)

私は化粧水を使用していません。

これは個人的な考えでありますが、化粧水は殆どが水分で出来ていて蒸発しやすく乾燥を招きやすいからです。

水分が蒸発するとお肌は乾燥を感じやすくなり、再度化粧水を使用するという事も。

お肌には本来の修復機能が備わっています。

これを繰り返すとお肌の修復機能は弱まり、乾燥しやすくなるというのが理由です。

なので、出来るだけシンプルなスキンケアを心がけています。

なんなら美容液も必要ないかもしれません。

だったらなんで美容液を使用するのか。

これも個人的考えになりますが、最低限の保湿はお肌に必要だと考えます。

美容液を選ぶのは、栄養分が多く含まれる美容液ならお肌の潤いを補給出来ると考えます。

水分も含まれていますが、化粧水のように多くありません。

後は皮脂膜に違い美容オイルで仕上げて、お肌の修復機能を助けるように工夫しています。

この他にシンプルなスキンケアとして、乳液やヴァセリンだけのお手入れ方法もあるようですね。

これもシンプルでいいですね。

スキンケア方法には個人により合う方法が違いますので、ご参考までにお願いしますね。

さて美容液は油分が多くお肌に水分補給が出来ないのかと思いますが、そんなこともありません。

美容液でも化粧水が不要の美容液なら良い訳なんです。

私が好んで使用しているのがハーブの女王と言われるローズヒップが濃縮されたオーガニック化粧品。

わずか2滴。肌力に革命を起こすハリウッドセレブ愛用の濃密ローズヒップ美容液なら化粧水も不要なので余計なお手入れも必要なく、美容オイルとの相性も良いですね。

これが絶対に正しいというのは無いと思いますので、是非ご自身に合うスキンケアの方法を見つけて実践して下さいね。
 
お肌の潤いを保つには角質層のバリア機能が大事です。
 
そしてターンオーバー(お肌の新陳代謝)ですね。
 
ターンオーバーサイクルが正常に機能していればお肌の潤いも保たれます。
 
若い頃のお肌はターンオーバーが正常に働いている事が多く、保湿は殆どの方が必要ありません。
 
しかし年齢を重ねてくるとお肌の潤いも少なくなりますね。

これはターンオーバーサイクルが年齢と共に遅くなる為です。

ですから若い頃以上に保湿ケアが必要になってくるのだと思います。
 
これを助けるのが美容液ではないでしょうか。
 
ですが今以上にお肌がキレイになる為ではなく、出来るだけ今のお肌を保つ為に必要かと思います。
 
いずれはお肌も老化しますが、年齢よりも若く見られたら嬉しいですから。
 
もちろん美肌を保つには化粧品だけでは維持できません。
 
適度な運動や食生活も関係してきます。
 
それと紫外線対策ですね。
 
でも全てを管理しながらだと大変なので、少しずつで良いので意識しながら行ってみると良いかもしれません。
 
美容液を使用するのは綺麗なお肌を保つ為の一つのお手入れ方法です。
 
化粧品に合う合わないがありますが、是非ご自身に合う化粧品を見つけて少しでもキレイを保てるよう目指してみましょう。
 
美容液や化粧水が不用な方には不向きな内容になっていますが、美容液などを使用していると
「キレイになれるかなぁ」とか思ってしまうんですよね。
 
で、明日の朝が楽しみなんです。
 
お肌がふっくらしてた時なんかは
「お!この美容液すげぇ」
とか思ったり。
 
んでついつい使い続けてしまうんです。
 
そうなんですね。化粧品を使用するのって一つの楽しみですよね。
 
なんとなく毎日使用していますが、お肌がキレイになってるのかなぁ。
 
美容液に関して自分なりに感じた事を書いてますので、最後までお付き合いください。
 
 

美容液の選び方は?

目的と言ってもどのようなお手入れをしたいのかによって使用する美容液も変わってきます。
 
30代からのエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)が目的なのに、美白に重点をおいた美容液を使用した場合はシミやソバカスの抑制作用は期待できます。

これでは自身の悩みに合わせたスキンケアはあまり期待出来ませんね。

では何を基準に選んだら良いのでしょうか。
 
美容液には大まかに分けると
  1. 保湿美容液
  2. エイジングケア美容液
  3. ニキビケア美容液
  4. 美白美容液
となります。

では保湿美容液とエイジングケア美容液の違いは何が違うのでしょうか。

これは私個人の解釈ですが、保湿美容液はお肌の潤いを助け、バリア機能の回復を促すように使用する美容液。

エイジングケア美容液とはこの保湿成分に加えてシミやシワにアプローチする成分が配合されていて、悩みに合ったお手入れが出来る美容液だと思っています。

美白美容液とはシミなどを抑制する成分が配合されています。シミを消してくれる訳ではありません。

また30代からのエイジングケアなら目元や法令線にアプローチするクリーム状や直接張り付けるタイプの集中的に使える美容液もあります。

しかし良いと思って選んだ美容液でも成分があまり期待できる作用がなければ意味がありません。

以下に美容液を選ぶ上での成分を記載しておきましたのでご参考下さい。
(ここで記載しているの個人的に良いと思う成分です。全ての方に合う訳ではありません)

シミやそばかすを抑制するなら美白美容液を選ぶ

美白とはシミやそばかすを消してくれる効果ではありません。

ここで言う美白はメラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を抑制してシミ、そばかすになりにくいようにする意味を表します。

美白美容液は若い頃から使用し始めてシミの元を抑制しておくのが良いでしょう。

シミは紫外線だけが原因ではありませんが、大半の原因は紫外線と言えるでしょう。

シミが出来てからでは遅いので早めに使用する方が良いですね。

美白に効果的な成分の一例
  1. ビタミンC誘導体 
  2. グリチルリチン酸2k
  3. アルブチン 
  4. プラセンタエキス 
  5. トラネキサム酸
など。これらが配合されている美容液は美白効果が期待できます。 

ここで紹介した成分はあくまでも一例です。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは抗酸化作用があり、エイジングケア(年齢に合わせたお手入れ)やシミの抑制、コラーゲン生成を促すなど優れた成分です。
 
ビタミンCだけでは肌に吸収されにくいので、誘導体の化合物により角質に浸透しやすい、というよりは肌で分解されにくいようにしています。

ビタミンC誘導体は高浸透型ビタミンC誘導体(比較的長く肌に止まる)があり、肌浸透(角質層まで)が良いのとメラニン色素が活性した状態(目に見えるか見えないくらいのもの)を還元する作用も期待できる成分です。
 
また、抗酸化作用も合わせ持っていますので、抗酸化成分として化粧品に配合されている場合もあります。

中にはメラニン色素を作らせない成分もありますね。
 
注意して欲しいのが、メラニン色素は紫外線から肌を守る為に働いてくれます。

その重要な役割のあるものを作らせないと言う事は、張りを保っているエラスチンやコラーゲンが紫外線を受け続けますよね。
 
そうなると肌の張りを保つ成分が破壊されてシワなどが出来やすくなってしまいます。
 
ビタミンC誘導体はメラニンが色素沈着する前にシミの元を薄くする作用が期待できます(完全に色素沈着を防ぐ事ではありません)

ただし目に見えるか、見えないかくらいのシミです。
 
シミになったのものは消す事が困難になります。
そうなる前にケアをしていきましょう。
 

抗炎症成分配合の化粧品を選ぶ

日焼けなどの炎症を抑制し、シミを抑制する成分があります。良く耳にする医薬部外品として配合される事もある

グリチルリチン酸2K」と

トラネキサム酸

がおすすめです。

 

グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分として、トラネキサム酸はシミ抑制成分として配合されます。

 

これが有効成分(医薬部外品)として配合されている美白美容液を見つけてみると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体誘導体と一緒に使用する事で紫外線対策にもなります。

 

これらが配合されている美白化粧品トライアルセットもあります。

 

セット内容は
○薬用洗顔フォーム
○美白化粧水
○美白美容液
○美白日中用美容液
 
シミ抑制成分「トラネキサム酸」や肌荒れを抑制する「グリチルリチン酸2K」が配合されています。
 
シミ抑制におすすめしたい「ビタミンC誘導体」も含まれています。
 
この他、角質層にあるセラミドに近い「ユズセラミド」やコケモモやナシの植物から取れるシミ抑制成分「アルブチン」も配合。
 
日中美白美容液は日中のライン使いで最後に使用するSPF50とPA++++の紫外線対策美白美容液です。
 
シミは完全に防ぐ事は不可能ですが、年齢を重ねてからシミが酷くなったと言っても遅いですよね。
 
んな嫌な紫外線からお肌をケアしたい方の為にこちらの

【草花木果】白花八草美白ライントライアル

 

この他に

「プラセンタエキス」なども美白美容液に成分として配合される場合があります。

 

ブタプラセンタや馬プラセンタなどがありますが、これは胎盤から抽出するものです。シミの排出を助ける働きやシミを抑制するように働きかける成分です。

 

ブタプラセンタエキスよりも馬プラセンタエキスの方が良いとされていますので、選ぶ時の参考にしてみて下さい。

 

おすすめはビタミンC誘導体と一緒に配合されている美白美容液を選ぶと良いでしょう。

 

 

日焼け止めを併用する

シミやくすみを抑制する方法の一つに美白美容液がありますが日焼け止めを合わせて使用するという事も忘れてはいけません。

 
美白美容液はメラニン色素を抑制する作用が期待されていますが、メラニン色素は本来肌を守る為に生成されます。
 
これを無理に抑えてしまえばシワや肌老化を早めてしまう事にもなりかねません。
 
そこで、日焼け止めの出番なんです。
 
え〜、面倒!と思われるかもしれませんが、たぶん自然に日焼け止めを塗っている方は多いと思います。
 
メイクをする時に下地やBB、 CCクリーム、ファンデなどを使用していますよね。
 
それにも日焼け止め成分が配合されています。
ご存知の方は多いと思います。
 
また、ビタミンC誘導体の美容液を使用してからメイクをすると、メイクのノリが良くなる事もあります。
 
これは油分を抑制してくれる作用があるからなんです。(全ての方に感じられる訳ではありません)
 
日焼け止めを使用して対策をする事も重要です。
 
お部屋の中に居ても紫外線は入ってきますので、安心せずにケアしましょう。
 
紫外線にはお肌の老化を促進させる作用があります。
 
日焼け止めをしないとお肌の張りや潤い成分を破壊してシワやシミが出来やすくなります。(年齢と共にシミ、シワは出来ます)
 
その紫外線を出来るだけ遮ってくれるのが日焼け止めの役目です(完全に防ぐ事は出来ません)
 
日焼け止めはお肌の老化を遅らせる為には必要なスキンケアと言えますね。
 
またこれにより防ぎきれない場合もありますので、活性化されたメラニン色素を還元する目的でビタミンC誘導体配合の美容液は良いと考えます。

 

乾燥が気になる30代からはエイジングケア美容液や セラミド美容液を選ぶ

乾燥肌とは

乾燥肌とはお肌の水分が少なくなり、カサカサしたお肌ですね。

お肌のごわつきや角栓が出来るのも乾燥したお肌が原因になる事もあります。

乾燥肌になるのはいくつか原因がありますが、多くは年齢を重ねて潤い成分が少なくなる事。

この他に多いのが過度なクレンジングや洗顔によるものです。

これを過度に行うとお肌の潤い成分であるセラミドが洗い流されてしまう事もあります。

また、ガッツリ強めのメイクは洗浄力の強いクレンジングを使用しなければならないので使い過ぎるのも良くありません。

30代からはメイクなども見直して、洗顔だけで洗い流せるミネラルメイクなどを使用すると良いかもしれませんね。

年齢を重ねれば、若い頃のような潤いやハリのあるお肌に戻るのは難しいです。

だから正しいスキンケアを行い、お肌を守っていく必要があるんですね。

乾燥肌ではない方が急に乾燥肌になる事もありますので、その時は過度なクレンジングや洗顔をしていないか見直してみましょう。

エイジングケアとは

エイジングケアとは年齢に応じたお手入れという事で使用されます。30代や40代のお手入れだけではありません。

20代のエイジングケアと言う使い方も出来ます。
 
若い頃のエイジングケアは「日焼け止め」が良いかもしれません。

年齢が若い頃は潤い成分や皮脂がしっかり分泌されていますので、保湿ケアは最小限で良いです。

それよりもお肌へ徐々に影響を与える紫外線を防ぐ方が重要なお手入れ。

紫外線は後にお肌のシミやシワなどを作る原因となります。

今は大丈夫と思わずに先を見越してお手入れしましょう。

さて年齢を重ねてくると角質層の乱れや空気の乾燥などが気になりますよね。

これは30代からお肌のターンオーバーが若い頃に比べて遅くなります。

これにより角質層が乱れてきたり、お肌の潤い成分も少なくなってきますので乾燥を感じ易くなりますので、30代を過ぎてくると乾燥肌になりやすくなります。

この事からエイジングケアと言われるのは30代や40代の方に使われる事が多い傾向にあります。

では30代からのエイジングケアで選ぶとすればどの美容液が良いのでしょうか。

個人的におすすめなのはセラミドです。お肌の潤いを保っているのもセラミドですね。

角質層にあるラメラ構造の中はセラミドなどの保湿成分があり、肌の潤いを保っています。
 
しかし潤い成分は年齢などで生成機能が低下して潤いは少なくなっていきます。

これはお肌のターンオーバーにより潤い成分は生成されますが、ターンオーバーサイクルが遅くなるとお肌の潤いも少なくなります。

特に30代頃からは潤い成分が少なくなっていきますので、乾燥シワも出来やすくなるんですね。

乾燥シワをそのままにすれば目立つようなシワになる場合もありますから、早めに潤いを与える方が乾燥によるシワを抑制できます。

シワが出来たからと言って美容液などを使用しても改善は難しくなります。

年齢シワや表情シワはどうしても出来てしまいますので、乾燥からくるシワを出来るだけ目立たせないようにお肌に潤いを与えていきましょう。
 
30代エイジングケアの成分の一例
  1. ヒアルロン酸 
  2. コラーゲン 
  3. エラスチン 
  4. セラミド 
  5. レチノール
  6. プラセンタエキス
  7. 幹細胞
などがあります。 
 
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは元々真皮の中にあるのですが、肌から吸収されて作られるという事ではありません。 
 
これらは角質層に留まり張りや潤いを助ける成分となります。

化粧水や美容液に配合されているものはあくまでも潤いの成分と捉えましょう。 
 
また、ヒアルロン酸配合の美容液はセラミドなどよりも比較的安価に出来る為、多くの美容液に配合されています。 
ここで紹介した成分はあくまでも一例です。

先に記述したヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンはエイジングケア時に有ると良い保湿成分です。

セラミド

肌の一番外側には皮脂膜と角層があり、お肌の潤いが逃げるのを防いだり、外部からの刺激や雑菌から守っているのがバリア機能です。
 
その中には角質細胞と細胞間脂質で構成されています。
 
その細胞間脂質にはセラミドが40パーセント以上含まれていて、肌の水分を保っています。
 
もう少し細かく分けるとセラミドの間には水分があり、セラミドとセラミドでサンドイッチ状態にする事で水分が逃げないようにしています。

これがラメラ構造です。
 
このバリア機能が低下すると潤い成分も外側に出て水分が不足してしまいます。これが乾燥肌や敏感肌の原因になるんですね。
 
潤いを保つという事はバリア機能を助け、お肌の機能再生を促すという事になります。
 

セラミドは細胞間脂質に含まれる成分で、お肌に馴染みやすく潤いを保つ為に必要な成分の一つです。

 
セラミドでも種類がありますので、選んでいただきたいのは
「セラミドNP(3)」
「セラミドAP(6)」です。
 
この2種は特に重要で、年齢と共に減少していきます。
 
化粧水や美容液などの成分表を見る事でも分かりますので、選ぶ際の目安にしてみて下さい。
 
この他にもコラーゲン、ヒアルロン酸などもありますが、やはり年齢と共に減少するセラミドは30代からのお手入れには欠かせないのではないかと思います。
 
30代を過ぎてお肌の乾燥が気になる方はお肌の新陳代謝が低下して角質層が乱れてきている事も考えられます。
 
プチプラ化粧品も良いですが、保湿が物足りないと感じた方は一度セラミド配合の化粧品を使用してみるのも良いかもしれません。
 
セラミド化粧品のお試し品も出ていますので、トライアル化粧品からお試ししてみると良いでしょう。


敏感肌・乾燥肌向けスキンケア【モイスチャーラインお試しセット】乳液のような美容液が特徴で美白美容液も同梱されているお得なセットです。

 

美容液は人気が高く、乾燥が気になり出したお肌におすすめなセラミド配合セラム。

 

セラミドも5種配合されていますので角質が乱れたお肌にピッタリです。

 

また幹細胞とはヒト幹細胞培養エキスや植物幹細胞培養エキスがあります。

 

幹細胞培養エキスは成長因子が含まれている為、エイジングケアで注目されている成分です。

 

加齢の悩みに幹細胞でケア【バイタライジングラインお試しセット】はセラミドと幹細胞培養エキスが配合され、年齢を重ねたお肌におすすめです。        

 

30代を過ぎると混合肌になる?

30歳を過ぎてくると乾燥する部位とオイリーな部分が混ざる混合肌という方も居ます。

これは若い頃に比べて皮脂分泌量が減少してくる為です。

額の部位や小鼻周りは皮脂分泌量が多く、頬や唇の周りは乾燥しやすくなります。

しかし、いくら皮脂が多い部分があるとしても実は水分が少ないインナードライという事が多いんですね。

年齢を重ねた方が多いと思います。

皮脂分泌量が多いのは乾燥を防ぐ為に、お肌の防御機能が働いている事もあります。

混合肌の多くは乾燥が原因となる場合がありますので、皮脂分泌量が多いからまだ安心と思わずにスキンケアを行ってみましょう。

スキンケアで重要なのは?

スキンケアに必要なのは正しい「洗顔(クレンジング)」、「保湿」と「日焼け止め」がとても重要ではないかと個人的には考えています。
 
化粧品に治癒する効果はありませんので、抑制目的として使用する方が正しい使い方です。
 
自身の持っているお肌本来の肌質を引き出す手助けをしてくれるのが保湿やエイジングケア美容液の役目。
 
お肌はいずれ老化しますが、自身の持っている肌質を少しでも長く保てるようスキンケアを行っていきましょう。
 
お肌には本来の自然修復機能がありますので、ベタベタと多めに使用すると逆効果にもなってしまいます。
 
ターンオーバーによりお肌は新しく生まれ変わりますので、がっつりお手入れよりもシンプルなお手入れがお肌の為には良いのです。
 
では何故「保湿」なのかと言うと、クレンジングや洗顔後はバリア機能が低下している可能性があるので保湿を行います。
 
洗顔は古い皮脂や酸化した皮脂を洗い流す為には必要な工程です。
 
女性にとってクレンジングも必要な工程ですよね。
 
しかしメイクをしなかったり、水だけで洗い流せるメイクならばクレンジングの必要ありません。
 
では保湿をしないとどうでしょうか。
 
乾燥肌や敏感肌の方を除く若いお肌なら皮脂分泌量やお肌の潤いは少なくありませんので、余計なお手入れは必要ないかもしれません。
 
お肌の自然回復機能に任せてみましょう。

しかし年齢を重ねたお肌は皮脂分泌量やお肌の潤い成分が少なくなっている可能性がありますので、保湿ケアは行った方が良いでしょう。
 
肌断食(なにもしないスキンケア)というのもありますが、これはお肌の状態を確認しながら徐々に期間を長くして行なっていって下さい。
 
また、いきなり全てを止めるのではなく徐々に減らしていくと良いでしょう。
 
保湿を行うのであれば出来るだけシンプルな配合の美容液がおすすめ。

高価だから良いと言う事でもありません。
 
よくクレンジング後に化粧水や美容液でたっぷりつければ良いと思われがちですが、お肌にはほんの少ししか補給されませんし化粧水は蒸発もしやすいのです。
 
美容液を使うのはお肌のバリア機能を回復させる為の一つの方法です。
 
シンプルなお手入れでお肌のターンオーバーを助け、お肌のバリア機能回復を目指してみましょう。

そうする事で自然にお肌に潤いが戻りやすくなります。
 
勿論、お肌をキレイに保つには食生活や運動も大事ですよ。

こちらの方も意識して、スキンケアの為に取り入れてみましょう。
肌質は人それぞれです。ご自身に合う化粧品やスキンケア方法を見つける事はなかなか難しいですよね。
 
少しでも参考にしていただいて、お肌に合う化粧品が見つかればと思います。
(これらは私個人の考えであり、正しい訳ではありませんので参考程度にして下さい)


使用した化粧品の感想記事です。

こちらの記事もご参考下さい。