スキンケアに必要な美容液の選び方とその役割は?

クレンジングや洗顔の後に使用するのは化粧水?美容液?それとも両方でしょうか。

化粧水か美容液のどちらか使っていればいいんじゃないのかと思いますよね。

勿論どちらか一方でも良いのですが、化粧水も美容液もただ保水や保湿の為に使用するだけではあまり意味がありません。

何の為に使用したいかを考えて選ぶと、その成分効果も十分活かせますよね。

配合されている成分により化粧水、美容液の役割も変わってきますので、目的を持って選ぶ為に美容液の種類を見ていきましょう。

ここでのエイジングケアは年齢を重ねたお肌に潤いを与える意味となります。

ここでご紹介する化粧品は効果を保証するものではありません。

化粧水や美容液のはどちらが良い?

基本的に化粧品は水分を肌に浸透させ(ここでの浸透は角質層まで)潤いを補給し、お肌のバリア機能を助けたりターンオーバーを促す目的で使用します。

またクレンジングや洗顔後には皮脂膜が失われている場合もありますので、お肌が乾燥しないように潤いを与える役割があります。

では化粧水と美容液どちらを使用すれば良いの?と思われている方も多いですよね。

化粧水は水分量が多いのでサラっとしたものが多く、保水する目的で手軽に使用できます。お値段も手頃なのが多いですね。

美容液は油性成分が多く、トロっとしたテクスチャーのものが多いです。

美容液には様々な成分が配合されており、化粧水では補えない目的に合わせたケアが出来ますが、少し高価になります。

シミやシワに合わせたケアや美白(シミなどを抑制する作用)、エイジングケアのものまであります。

どちらが良いという事ではありませんが、私個人的には美容液かと思っています。

スキンケアの基本は「保湿」と「日焼け止め」かと思います。お手入れをする事でシミやシワの抑制にも繋がります。
(シミ、シワは完全には防ぐ事は出来ません)

様々な成分が配合されてるスキンケア化粧品ですが、どれも保湿目的をベースに付加価値を付けているように見えますね。

バリア機能やターンオーバーの促進などは保湿をする事によってお肌は徐々に回復や正常化していきます。(保湿はあくまでもサポートする一つの手段)

美容液の種類にもよりますが、化粧水に比べ保湿に優れています。お肌の機能を助けるのに「保湿」は重要と言う事になるかと思います。

エイジングケアをするならば美容液は20代後半や30代の頃からでも良いと思います。

若い頃はターンオーバーが正常に働いていますので、美容液のような高価なものでなくても良いと思います。

正常なお肌にベタベタと余計なお手入れは逆効果。

もし日中に化粧水や美容液を使用するならば、美白化粧品(使用した方が良い程度)と日焼け止めの併用で年齢を重ねた時のシミ対策はしておきましょう。

ここで勘違いしていけないのは、化粧品には治す力(シミやシワを改善する)は殆どありませんので予防する目的で使用します。

しかしこの美容液はメーカー側が化粧水を美容液と呼べば美容液になります。この辺の区別は分かりにくいですね。

化粧水でも成分が配合されているのでは?と思いますが、化粧水は水分が大半で肌に保水する方が強くなります。

化粧水は蒸発が早い為、乾燥を招く場合もあります。またアルコール(エタノール)が配合されているものは過敏に反応する方にはあまりお勧めしません。(オーガニック取得のアルコールとは別です)

この蒸発しやすい状態を繰り返すと、お肌も乾燥しやすくなる場合もあります。

アルコール(エタノール)配合のものは一時的な引き締め作用が期待出来ますが、蒸発しやすいので過敏に反応する方や酷い乾燥肌の方には向かない場合もあります。

健康な肌や特に反応しない方には通常通り使用出来ます。不安な方はまずパッチテストを行なってみましょう。

スキンケアに必要な美容液は何を選べばいい?

個人的には化粧水よりも美容液の方が重要ではないかと考えています。

目的と言ってもどんな

エイジングケアが目的なのに美白に重点をおいた美容液を使用した場合はシミやソバカスの抑制作用はありますが、保湿したい場合や乾燥シワなどに働きかける作用が低いという事になります。

ここでは美白美容液と30代からのお手入れに必要なエイジングケアを中心に見ていきましょう。

シミやそばかすを抑制するなら美白美容液

美白とはシミやそばかすを消してくれる効果ではありません。ここで言う美白はメラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を抑えシミ、そばかすになりにくいようにする意味を表します。

美白美容液は若い頃から使用し始めてシミの元を抑制しておくのが良いでしょう。シミは紫外線だけが原因ではありませんが、大半の原因は紫外線と言えるでしょう。シミが出来てからでは遅いので早めに使用する方が良いですね。

美白に効果的な成分の一例
  1. ビタミンC誘導体 
  2. ルシノール 
  3. アルブチン 
  4. プラセンタエキス 
  5. リノール酸 
など。これらが配合されている美容液は美白効果が期待できます。 

ここで紹介した成分はあくまでも一例です。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは抗酸化作用があり、老化ケア(お手入れ)やシミの抑制、コラーゲン生成を促すなど優れた成分です。

ビタミンCだけでは肌に吸収されにくいので、誘導体の化合物により角質に浸透しやすい、というよりは肌で分解されにくいようにしています。

ビタミンC誘導体は高浸透型ビタミンC誘導体(比較的長く肌に止まる)があり、肌浸透(角質層まで)が良いのとメラニン色が活性した状態(目に見えるか見えないくらいのもの)を還元する作用も期待できる成分です。

必ず効果がある訳ではありませんが、下記に記載する成分(メラニン色素を抑制する成分)よりもおすすめです。

また、抗酸化作用も合わせ持っていますので、抗酸化成分として化粧品に配合されている場合もあります。

ただし注意して欲しいのが、メラニン色素は紫外線から肌を守る為に働いてくれます。その重要なものを抑制すれば張りを保っているエラスチンやコラーゲンが紫外線を受け続けますよね。

そうなると肌の張りを保つ成分が破壊されてシワなどが出来やすくなってしまいます。

ビタミンC誘導体はメラニンが色素沈着する前にシミの元を薄くする作用が期待できます(完全に色素沈着を防ぐ事ではありません)。ただし目に見えるか、見えないかくらいのシミです。

シミになったのものは消す事ができません。

日焼け止めを併用する

シミやくすみを予防する方法の一つに美白美容液がありますが、日焼け止めを合わせて使用するという事も忘れてはいけません。

美白美容液はメラニン色素を抑制する作用が期待されていますが、メラニン色素は本来肌を守る為に生成されます。

これを無理に抑えてしまえばシワや肌老化を早めてしまう事にもなりかねません。

そこで、日焼け止めの出番なんです。え〜、面倒!と思われるかもしれませんが、たぶん自然に日焼け止めを塗っている方は多いと思います。

メイクをする時に下地やBB、 CCクリーム、ファンデなどを使用していますよね。それにも日焼け止め成分が配合されています。
ご存知の方は多いと思います。

また、ビタミンC誘導体の美容液を使用してからメイクをすると、メイクのノリが良くなる事もあります。これは油分を抑制してくれる作用があるからなんです。(全ての方に感じられる訳ではありません)

日焼け止めを使用して対策をする事も重要です。お部屋の中に居ても紫外線は入ってきますので、安心せずにケアしましょう。

30代からはエイジングケア美容液

年齢を重ねてくると角質層の乱れや空気の乾燥などが気になりますよね。
 
ですが角質層にあるラメラ構造がしっかりしていれば保湿成分は空気が乾燥しても保湿は失われないとされています。このラメラ構造の中はセラミドなどの保湿成分があり、肌の潤いを保っています。
 
しかし潤い成分は年齢などで生成機能が低下して潤いは少なくなっていきます。

特に30代頃からは潤い成分が少なくなっていきますので、乾燥しやすくなります。乾燥シワをそのままにすれば目立つようなシワになる場合もあります。

更に年齢を重ねるとシワも目立つようになりますので、30代頃からお手入れをする事で乾燥シワなどを目立ちにくくするように使用していきます。

シワが出来たからと言って美容液などを使用しても改善は難しくなります。

年齢シワや表情シワはどうしても出来てしまいますので、乾燥からくるシワを出来るだけ目立たないようにお肌に潤いを与えていきましょう。
 
肌の保湿を助ける成分の一例
  1. ヒアルロン酸 
  2. コラーゲン 
  3. エラスチン 
  4. セラミド 
などがあります。 
 
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは元々真皮の中にあるのですが、肌から吸収されて作られるという事ではありません。 
 
これらは角質層に留まり張りや潤いを助ける成分となります。化粧水や美容液に配合されているものはあくまでも潤いの成分と捉えましょう。 
 
また、ヒアルロン酸配合の美容液はセラミドなどよりも比較的安価に出来る為、多くの美容液に配合されています。 
ここで紹介した成分はあくまでも一例です。
エイジングケアは年齢に合わせたお手入れをする意味を表します。シミやシワが改善されると言う事ではありません。エイジングケアは大体20代後半から30代くらいから行うのが良いと思います。
 
先に記述した成分、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンはエイジングケア時に有ると良い成分です。

セラミド

これは一番重要な成分かと思っています。肌の一番外側には角層があり、その中には角質細胞と細胞間脂質で構成されています。その細胞間脂質にはセラミドが40パーセント以上含まれていて、肌の水分を保っています。

もう少し細かく分けるとセラミドの間には水分があり、セラミドとセラミドでサンドイッチ状態にする事で水分が逃げないようにしています。これがラメラ構造です。

このセラミドが不足すると水分も外側に出てしまい、水分が不足してしまいます。セラミドは肌の潤いを保つ大切な役割を持っています。 

セラミドで代表的な成分はヒト型セラミドです。

こちらも肌の中で作る働きはなく、潤いを保つ成分という事を理解しておきましょう。

上記以外にも美白成分は多数ありますが、この成分だから良い効果があるとは言えないので、肌に合った美容液を選ぶのが重要になります。

使用してみて肌に異常が現れた場合、成分が合わない可能性もあるので使用を中止しましょう。

抑制する目的で使用

美容液や化粧水でシミやシワは改善出来ないと個人的には思っています。
 
ですが、化粧品を使用する事で乾燥による小さなシワ(年齢シワや表情シワではない)は目立ちにくくする事は可能ではないかと思います。
 
成分により張りや潤いを補給したり、潤い成分をコーティングして目立ちにくくしています。
 
化粧品は治す目的ではなく、シミ抑制やシワを目立たなくすると思って使用したら良いのではないでしょうか。
 
美容液の中でも色々な目的に合わせた製品が販売されているんですよね。

その中でも重要かと思うのが、エイジングケア美容液かと個人的には思う訳です。
 
だって若い頃ってそんなに美容液を気にしてましたか?私は全く必要とは思いませんでした。

むしろ「美容液も化粧水もいらん!」て思ってましたから。
 
ただやっぱり年齢には敵いませんね。シワが気になり出してから「こりゃヤバいかも...」なんて気になり出したのを覚えてます。
 
シミやシワなんかは出てきたら美容液とかでは消す事は出来ませんが、早めに使用する事で目立ちにくくする事は出来るのかなと。 
 
年齢で出るシワは消す事は出来ません。出てきても潤いを保っていれば目立ちにくくは出来る可能性がありますので、早めのケアをおすすめします。    
 
いや、エイジングケアよりも別な美容液の方が大事と思われる方もいらっしゃるでしょう。もちろんそれも間違いではないと思います。 

もしエイジングケア美容液を探すのであれば、ヒト型セラミドの3(NP)、6(AP)かビタミンC誘導体配合の美容液を目安に探してみると良いですよ。
 
また、乾燥肌や敏感肌の方にもセラミドがおすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方は角質層のバリア機能が正常に働いてない状態。

これにより潤い成分であるセラミドは外部に放出されてしまっています。

これを肌から補給し、バリア機能の生成(ターンオーバーの正常化)を助けてくれる作用が期待できます。
 
ヒト型セラミドNPとAPは年齢と共に減少していくので、肌から浸透(角質層まで)させて補給していき、潤いを助けてあげましょう。
 
ただ、肌から浸透させるのは潤いを助ける働きがあるだけで、セラミドを作る働きはありませんので間違わないようにしましょう。
 
ビタミンC誘導体は抗酸化作用が期待できるので、シミやシワの元となる原因物質を抑制する働きが期待できます。

更にAPPS(高浸透型ビタミンC誘導体)ならビタミンC誘導体よりも遥かに肌への浸透(角質層まで)が良いとされています。

スポット的に使用しない

美容液は目的に合わせてえらんだから、気になるところにだけ使用すれば節約にもなるし効果的?ではありません。

いくら目的に合わせてえらんでも、美容液は予防作用が期待できますので顔全体に塗り広げて使用しなければ意味がありません。

例えば、少しシミが気になる部分があるからその部分だけ使用しても、他の部分は成分が浸透されずシミになる可能性が出てしまいます。

美容液は適量を使用して、お顔全体をケアしてあげましょう。

スポット的に使用するのは、最後の仕上げに使用するクリームになります。

美容液の役割はこのように目的別に成分が違ってきますので、何をケアしたいかを明確にしておくと選ぶ時に迷わなくなります。

ですが美容液も数多く販売されているので、どれを選べば良いか悩んでしまいますよね。

化粧品の成分は配合の多いものから表記されています。まずはその美容液が何を目的とされているかを見てから、次に成分も確認すると良いでしょう。

肌に多く使用し過ぎると逆効果

美容液をたっぷりと肌につければ効果が高いかと言うとそうでもありません。

また、必ずしも最後にクリームなどをする必要はありません。寝て起きた時に肌が乾燥していないようなら化粧水や美容液だけで大丈夫です。

美容液やクリームには成分が凝縮されていますが、つけ過ぎた場合は肌がベッタリとしてしまいます。それにより油分が過剰になり、ニキビの発生する原因にもなります。

使用する時に多めに取るのではなく、少量手に取り肌に馴染ませていきます。メーカー推奨の適量を手間は掛かりますが、2〜3回に分けてつける方がお肌のベタベタ感を防ぐ方法です。

少量でも一回で十分ならそれで終了しても大丈夫です。

美容液は殆どが油性成分でなので、多く使用すれば良いといものではありません。中には水性成分が多く含まれている美容液もあります。サラッとしたものがお好みの方は化粧水でも良いでしょう。

肌に必要無い時には余計な事はしない方が良い場合もありますよ。お肌の状態を確認して使用する量を調整しましょう。

結局スキンケアに必要なのは?

化粧品に治癒する効果はありませんので、予防目的として使用する方が正しい使い方です。

スキンケアに必要なのは「保湿」と「日焼け止め」です。この二つがとても重要ではないかと個人的には考えています。

お肌には本来の自然修復機能がありますので、余計なお手入れは必要ないはずです。ターンオーバーによりお肌は新しく生まれ変わりますので、何もしない方がお肌の為には良いのです。

では何故「保湿」なのかと言うと、乾燥すると言うのはバリア機能が失われているからです。

バリア機能とは皮脂膜なので、これに近い美容オイル(ホホバオイルやアルガンオイル)で補給し助けてあげれば良いのです。

クレンジング後はバリア機能が低下している可能性があるので、(本来なら余計な成分は要らないですが)お肌の保湿成分に近いセラミドNPやAP(私が個人的に良いと思っている保湿成分)などで補給してあげましょう。

よくクレンジング後に化粧水でたっぷりつければ良いと思われがちですが、お肌にはほんの少ししか補給されませんし化粧水は蒸発もしやすいのです。使用するならば細胞間脂質に近いセラミド配合などの美容液と考えます。

逆に化粧水を多く使い続けると、お肌本来の修復機能は低下して乾燥しやすくなる可能性もあります。

これは化粧水が蒸発しやすい為、お肌は早めに修復しようと頑張ります。これによりバリア機能が正常に修復されず、薄い角質層が出来る為と考えられます。

全ての化粧水が乾燥を招きやすくなる訳ではありませんので、成分を見て選ぶようにしましょう。

また美容液でも出来るだけ余計な成分は必要ないかなと思います。(まあ、本来なら美容液も必要ないのかもしれませが)

少量の美容液と美容オイルでお肌のターンオーバーを助けてあげるだけで、お肌のバリア機能は自然に修復されていきます。

では次に日焼け止めですが、紫外線にはお肌の老化を促進させる作用があります。日焼け止めをしないとお肌の張りや潤い成分を破壊してシワやシミが出来やすくなります(年齢と共にシミ、シワは出来ます)。それを遅らせるのが日焼け止めの役目です。

ですから日焼け止めというのはお肌の老化を遅らせる為には必要なスキンケアと言えますね。

化粧下地やファンデーションに日焼け止めの成分が配合されていますので美白化粧品と併用すると良いでしょう。

またこれにより防ぎきれない場合もありますので、活性化されたメラニン色素を還元する目的でビタミンC誘導体配合の美容液は良いと考えます。

これは私個人の考えであり、正しい訳ではありませんので参考程度にしていただければと思います。


ここからは化粧品のご紹介になります。最後までお読み頂き有難うございました。

おすすめ美白美容液

・セルピュア

ドクターズコスメのセルピュアから光の分解や酸化に強いフラーレンを配合し、ビタミンC誘導体もプラスした美白美容液。セラミドも配合した保湿に優れた化粧水も人気です。お試しのスターターキットもあります。

敏感肌・感想肌の方向け

・ヴァントルテ

・ヴァントルテからボタニカルにこだわったクレンジングミルクやセラミド配合化粧品などのお試しセット。敏感肌や乾燥肌向けです。

30代からのおすすめ

・ドクターイルチ

ハンガリー生まれのオーガニックコスメ。ハーバリストにより手摘みされたローズヒップの茎、ヘタ、種、皮を余す事なく熟成して作られた美容液。手間暇かけて作られている為、容量の小ささは凝縮された証。ビタミンC誘導体も配合されていますので、抗酸化作用や皮脂の抑制も期待できます。

 

これ一本でお肌に必要な水分も補給してくれて化粧水も不要ですよ。

・エトヴォス

エトヴォスのトライアルセットは石鹸、セラミド配合化粧品とホワイトニングクリアセラムのモイスチャートライアルセット。濃密泡石鹸と乳液のような美容液が特徴。

・オルビスユー

人気化粧品メーカー「オルビス」のトライアルセット。洗顔、化粧水、モイスチャーが手軽にお試しできます。

人気の美顔器

アリーバード Rockleanシリーズの複合美顔器は1台3役5モード搭載。中でもおすすめなのは薬剤を使わずに水や化粧水だけで行える「ウォーターピーリング」。これは毎分約150万回の振動・超微細振動毎分1.68万回によりクレンジングでは落としきれない毛穴に残ったメイク汚れなどを取り除いて角質を綺麗にしてくれる優れたモードを搭載しています。

 

24純金'メッキ加工により金属アレルギーの方にも優しくなっています。