ピーリングは必要?乾燥肌に使用しても大丈夫?

ここではお家で出来るピーリングを想定して記事を作成しています。

古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を促すピーリング。ターンオーバー(新陳代謝)とは表皮(基底層、有棘層、顆粒層、角層)の基底層から角質細胞が作られます。

細胞は約28日から50日(20代の方が約28日)を掛けて徐々に押しつぶされて角層までたどり着き、古くなった角質は剥がれ落ちます。

この事から古い角質が溜まる事は無いんです。これって自然に行われている事なんです。だからピーリングは必要ないんですよね。そう、若いうちは...。 

肌のターンオーバー(新陳代謝)は年齢を重ねる度に遅くなっていきます。また、寝不足やストレスなどにより乱れる事もありますよ。 

新陳代謝が悪くなれば、古い角質は剥がれ落ちずに溜まっていきますし、シミやクスミの原因にもなります。 

新陳代謝を促すピーリングは定期的に正しく行う事で効果が現れる事もあります。 

ピーリング頻度はどの位で行う?

販売されているピーリング剤は、エステなどで行うケミカルピーリングとは違い、効果は弱くなります。

効果が弱いからと言って、毎日や2〜3日おきに行うと肌を痛める可能性がありますので、一週間に一度か二度程度を目安に行います。

どんな効果が期待出来るの?

ターンオーバーを促進する事で年齢と共に増えてくるシミニキビの抑制作用が期待できると言われています。

また、通常の洗顔では落ちにくい古い角質を取り除く事で肌のゴワつきを改善して化粧水や美容液が角質へ浸透(浸透は角質層まで)するのを助けてくれます。

シミの原因となるメラニン色素は基底層にあるメラノサイトから生成されていますが、日光から皮膚を守る為には必要なもの。

ターンオーバーが正常であればメラニン色素は肌の新陳代謝により古い角質と一緒に剥がれ落ち、シミにはなりにくいんです。

しかし、年齢と共に新陳代謝のサイクルが遅くなってくると古い角質と一緒に剥がれずメラニン色素が表皮細胞に留まりシミとなります。 

また、クレンジングにより毛穴が傷つくと毛穴が塞がります。そこに古い角質が重なり毛穴に蓄積していくと...

角栓の完成です。この状態ではまだ柔らかいですが、酸化する事で黒く硬い角栓となります。

角栓が詰まってしまった肌にピーリングで無理に取るのは逆効果です。再度角栓が出来るか、毛穴が広がる場合がありますので注意しましょう。

ピーリングの順番

製品により変わる場合もありますが、殆どのピーリングは
  1. クレンジング 
  2. 洗顔 
  3. ピーリング
  4. 化粧水 
  5. 美容液 
の順番で行います。中にはピーリング後に洗顔する製品もあります。 

乾燥肌に使用出来る?

乾燥肌は角質層がストレスやクレンジングのし過ぎでバリア機能を失い、水分が外へ出てしまっている状態です。これにより肌が過敏に反応してしまう事を一般的に敏感肌と呼んでいます。

通常バリア機能が働いている角質層はホコリや日光、雑菌などから肌を守る役割があり、水分や保湿成分は外側へ出ず潤いを保っています。 

また、バリア機能が正常で角質のセラミドが十分であれば空気が乾燥していても、肌は潤いを保つ事ができます。

ストレスや寝不足、クレンジング剤が合わないなどで肌を痛めてしまった場合、新陳代謝の乱れにより肌は修復を早めようとして不規則な角層が出来上がってしまいます。これが重なり、肌の角質層が厚くなりゴワつきを引き起こす事もあります。

この古い角質が溜まったごわつきを乾燥肌と間違う場合があり、保湿を高めようとして保湿剤を使用されると思いますが、それでは効果を十分に発揮出来ません。

ごわつきや化粧水、美容液の浸透を改善するのにピーリングは必要な工程となります。

また乾燥肌は角層が重なりゴワゴワ感以外に、バリア機能の低下など敏感肌になっている場合もありますので、肌の状態がゴワついて乾燥しているのか、敏感肌になって乾燥しているのか使用する前に確認しましょう。

もし、敏感乾燥肌の時にピーリングを使用したいという場合はソープタイプなどの低刺激なものがおすすめですが、この状態の時にピーリングはおすすめしませんし、まずは保湿する事を心掛けてバリア機能の改善を目指してみましょう。

保湿をするのであればヒト型セラミド配合の化粧水や美容液がおすすめです。

出来ればヒトセラミド3(NP)か、6(AP)が配合されているものが良いでしょう。

これは年齢と共に減っていくので、潤いを保つには肌から補給して、乾燥している肌を助けてくれる作用が期待できます(全ての方に効果がある訳ではありません)。

化粧水や美容液などの角質層への浸透が悪い時はピーリングを正しいやり方、肌状態に気をつけて行ってみましょう。

ピーリングの種類

販売されているピーリングの種類はジェルタイプ、石鹸タイプがなどがあります。
 
ジェルタイプはポリマー粒子などで古い角質を取り除くものが多いです。効果は強い方なので毎日の使用や擦り過ぎなどは敏感肌や肌荒れを招きます。
 
フォームタイプや石鹸タイプはポリマーの出るジェルタイプと比べ、肌に優しく低刺激で乾燥肌や敏感肌の方にも使用できます(全ての方に刺激が無い訳ではありません)。しかしピーリング効果は弱いので、定期的に続ける事が必要です。弱いと言っても製品によりますが、使用するのは1、2週間に一度くらいにしましょう。

ちなみに石鹸タイプはアルカリ性なので、あまり長く肌に付けておくのは負担が掛かる場合もあります。短時間がおすすめです。

ピーリングへの疑問

ここは私が個人的に思う事であり、これが正しいという訳ではありません。

ピーリングは角質をポリマーで取り除いたり、配合されている成分で浮かせて落とすなどにより除去しています。
 
それにより角質は綺麗なものとなりますが、同時に角質は薄くなってしまいます。
 
これを頻繁に行うと必要な皮脂を失うどころか角質層にキズを付け乾燥肌や肌荒れを引き起こす可能性があるのではないかと疑問に思っています。
 
ピーリングは週に一度か二度程度にしましょう、と書きました。それに販売各社もそのように記載されているところが多いですよね。
 
しかし肌の新陳代謝(ターンオーバー)は若い方で約28日、年齢を重ねるともう少し遅くなります。角質は週に何度も作られないような気がします。この辺は確実性がありませんが...。
 
ただ美容皮膚科などでピーリングを行なった場合、ターンオーバーサイクルが早くなると言われています。これは角質を早く修復しようと防御機能が働く為です。
 
私が個人的に思うにはピーリングを行う頻度は30日に一度位でも良いと思います。ポリマーなどで古い角質を取り除くものは使用期間を長くおいた方が肌への負担は少なくなります。
 
中には角質を柔軟にして浸透を助けるAHA配合のものや石鹸タイプ、フォームならば週に一度くらいは行っても良いでしょう。

ホームピーリングは実際に古い角質をそれ程取り除く効果は無いと思っておいた方が良いです。

古い角質も取り除く効果があれば、必要な角質まで傷をつけてしまいますし、週に一度か二度も行えません。
 
でも、肌を柔らかくして化粧品が角質層へ浸透するのを助けてくれたり、肌の汚れを取り除いてくれる作用は期待出来ると思います。
 
もしピーリングを行うならば頻繁に行わない事、またポリマータイプよりは石鹸、フォームタイプにした方が良いです。

ピーリング後はデリケートな肌になる

薄くなった角層は刺激を受けやすい状態にあります。また、日光をすぐに浴びるとシミになる可能性は高くなります。

ピーリングを行なった後はすぐに化粧水、美容液でケアをします。外出される場合はUV対策が必要になります。UV下地、美白化粧水や美白美容液が有効です。

アフターケアを怠るとせっかく綺麗になった肌が台無しになってしまいます。ピーリング後は肌がデリケートな状態という事は覚えておきましょう。

簡単に言うと日中は行わない方がいいです。

ピーリングをしようと思った訳

これは私がピーリングを始めたきっかけなので、飛ばしてしまって構いません。

若い頃はピーリングなんて聞いた事も無かったんです。特に美容なんて興味がなかった事もありました。

ですが、年齢を重ねる事でシワなどが気になり始めたんです。ここで記事を読まれている方もお肌のお手入れをしようと思われているんではないでしょうか。

初めはピーリングって何?から見ていったんですが、調べてみると悪いことが多く書いてありました。中には肌荒れが酷くなるという事も。

さすがに怖くて手をだせませんよね。ある日旅館に行ったところで角質ケアが出来る物があったんです。「もしかしてピーリングとはコイツか!」と思って恐る恐るチョット試してみました。

ん?なんかポロポロ取れる。スゲーぞこれは!と思い調子に乗って擦りまくった。

無知とはなんて恐ろしい事でしょう。肌がツルツルになったのは良かったんですが、カパカパだしつっぱるし...。

でもね、当時はそれが良かったと思っていました。バカですねー、私。これで美肌を手に入れられると思っていたんですよねー。

幸い肌荒れは無かったんです。もし知らずに毎日とか続けていたらカパカパのゴワゴワな妖怪ヌリカベみたいになってたのかな。怖い...。

それからですね、美容に興味を持ち出したのは。キッカケはあの旅館から始まったんです。まずはピーリングというのがどんなものかを調べ出しましたね。

まだまだ勉強中ですが、これから使用される方の参考になるように記事を紹介していけたらなと思っています。

私は肌荒れがありませんでしたが、人により肌質が違いますのでピーリングを行なって肌荒れをするというのも事実です。

あれ以来はジェルタイプは殆ど使用していません。変わりに石鹸タイプを使用しています。

なぜ肌に負担の掛かるホームピーリングをするの?

これは個人的な感想ですが、私の場合はピーリング石鹸を使用した後に美容液を使用しています。凄く浸透が良く肌がもっちりになるから使用していますね。その感触が楽しくて。

個人的な感想なので参考までにして下さい。


ここからは製品のご紹介になります。最後までお読み頂き有難うございました。


・敏感肌なら青色。肌質で選べるピーリング石鹸

サンソリット スキンピールバーは肌質に合わせて選べる肌に優しいピーリング石鹸。色は青、緑、赤、黒の4色に分けられているのは目的に合わせて選びやすいよう工夫がされています。

 

初めてお使いの方には青のスキンピールバーがいいですよ。AHAが0.6%と肌に優しい配合量で、乾燥肌や敏感肌の方にもお使いいただけます(肌に合わない場合は使用を中止しましょう)

 

青色の石鹸は普通肌や脂性肌の方もお使いいただけますが、もう少ししっかり角質を落としたい場合は緑のスキンピールバーが良いでしょう。

 

メレンゲの様な泡で優しく角質ケアをしましょう。泡パックもおすすめですよ。

・デアウ デイリーピール

乳酸やAHAを微量に配合し、お肌の柔軟性を高めてくれる作用が期待できる導入美容液。つけた後に肌がスベスベになっているのは角質が整えられた状態です。

 

ピーリングのように角質を取り除かず、化粧水などの浸透を助けてくれますのでお肌に負担も掛かりにくくなります。洗顔後に使用しましょう。ピーリングに抵抗がある方におすすめです。


・イルチ ブラックソープ

サロン専用ブランドのブラックソープは泡の出ないオーガニック洗顔料で、合成界面活性剤不使用です。泡が出なくて汚れを落とせるの?と思われますが、ブラックソープは余計な成分を含まずに植物オイルを多く含む軟石鹸製法で皮脂汚れを取り除きます。固形石鹸に比べてツッパリ感も少なくなります。

 

ミネラル分やハーブの女王と呼ばれるラベンダーオイルが含まれているので、個人差はありますが、洗い上がりはつるつるしっとりに仕上がります。

 

人気の美顔器シリーズ

アリーバード Rockleanシリーズの複合美顔器は1台3役5モード搭載。中でもおすすめなのは薬剤を使わずに水や化粧水だけで行える「ウォーターピーリング」。これは毎分約150万回の振動・超微細振動毎分1.68万回によりクレンジングでは落としきれない毛穴に残ったメイク汚れなどを取り除いて角質を綺麗にしてくれる優れたモードを搭載しています。

 

24純金'メッキ加工により金属アレルギーの方にも優しくなっています。


ただ、湿気の多い場所での保管はしないようにしましょう。

自分で行うセルフエステ

テレビでも話題の「じぶんdeエステ」はその名の通り、自分で行う女性限定のセルフエステ。

 
使える機器もエステサロンでも使用されているこだわりが人気を集めています。自分しか知らないお悩みの部分に焦点を当てて好きなようにお手入れが出来るのも魅力です。
 
完全個人なので、他人に見られる心配もなくエステ出来るのはここだけです。
 
初めての体験は無料です。もし、継続したい場合は半年間の定額制になります。自動的に定額制にはなりませんので、気にいった場合は申し込んでも良いでしょう。定額制は一日に一回のみ使用できるシステムです。

 

じぶんdeエステ