オーガニックミルククレンジングを乾燥肌におすすめしたい理由。メイク落ちは?

クレンジング料でもオイルタイプやジェルなど数多くが販売されています。

中でもお肌に負担の少ないミルククレンジングは乾燥肌や刺激を感じやすいお肌の方向けクレンジング料。

そんなミルククレンジングの特長や使い方などをお伝えしていきます。

ミルククレンジングの特長は?

ミルククレンジング料は他のクレンジング料と比べて何が違うのでしょうか。

わかりやすいようにオイルクレンジング料と違いを見ていきます。

オイルクレンジングはメイク落としに特化したクレンジング料。

このオイルタイプは種類があれどメイク落としには一番優れています。

しかし、洗浄力が優れているという事はお肌に必要な皮脂も多く取り除き洗い流してしまいまう事もあります。

オイルクレンジングはオイルが主成分であり、メイクも油分です。油分を取り除くには油分で取り除くしかありません。

しかしこのままでは水で洗い流せませんので、ここで界面活性剤の出番です。

この界面活性剤により油分を水分で包みこんで洗い流しています。

オイルクレンジングに使用されているのはオイルがベースなので、皮脂も吸着させて洗い流してしまう訳ですね。

では、ミルククレンジングはどうでしょうか。主成分は水です。水はメイクの油分と混ざりません。

では何でメイクを落としているかと言うと少量に配合されている界面活性剤で包み込んで落としています。

界面活性剤の配合量は他のクレンジング料に比べて少なくなります。

メイクを取り除くオイルも含まれていないので(中にはオイルが含まれているものもあります)、皮脂も必要以上に取り除きにくくなっています。

テクスチャーは化粧品メーカーにより様々ですが、サラリとしたトロみがありますので肌馴染みが良くストレスも殆ど感じないものが多いです。

保湿成分の配合量が多いので洗い上がりはしっとりとするものが多く、乾燥肌だけでなく敏感肌の方にも使用出来るものがあります。

ミルククレンジングが苦手だと言う方もいらっしゃると思いますので、その場合はクリームクレンジングも視野に入れると良いでしょう。

クリームタイプはテクスチャーは硬めで、油分が多めのクレンジング料。

始めから乳化されていますので、ミルククレンジングと同じくお肌に比較的優しくなっています。

中にはオーガニックにこだわったミルククレンジング料もありますね。

オーガニックとは?

よく耳にするこの「オーガニック」とは何を意味するのでしょうか。

これは科学合成肥料や農薬を使用せず、大地の恵みだけで育てる有機栽培。

オーガニックコスメでも成分配合によっては合成科学成分が多くて、オーガニック成分が少量という場合もあります。

必ずしもオーガニックコスメなので、安心という事ではありません。これは成分配合表を確認する必要がありますので、選ぶ際の目安にしてみて下さい。

また、オーガニック認証を取得しているコスメを見て選ぶと間違いはありません。

この認証を取得するには厳しい審査に合格しなければなりませんので、信頼できるオーガニックコスメと言えます。

「NATRUE(ネイトゥルー)」や
「ECOCERT(エコサート)」などがあります。

オーガニックミルククレンジングなら乾燥肌でも安心?

乾燥肌とはバリア機能が低下し、お肌の水分量が20%以下になると乾燥肌と言われています。

さてミルククレンジングでもオーガニックのミルククレンジングというのがあります。

オーガニックと聞くと良さそうな印象がありますね。

様々なオーガニック化粧品がありますが、何を目安に選んだら良いのでしょうか。

これは上記にも記載したオーガニック認証を取得した化粧品がおすすめです。

中にはオーガニックと謳っていてもオーガニック認証を取得していない化粧品もあるからです。

オーガニックのミルククレンジングならば通常のものよりやや多めにオーガニック成分が配合されている場合があります。
 
ではオーガニックミルククレンジングならば乾燥肌にはおすすめなのでしょうか。

比較的洗浄力がマイルドなミルククレンジングなら乾燥肌にはおすすめ出来るクレンジング料と言えます。

何故そう言えるのか。

これは界面活性剤の配合量は少なく、あらかじめ乳化されている為です。

乳化はオイルクレンジングでいうところの洗い流す一つ前の工程です。

乳化した状態でメイク浮かせようとしても、あまりメイク落ちはよくないんです。

他のクレンジング料より皮脂膜を洗い流しにくく角質層を痛めにくいという事です。

しかしながら、クレンジング料はメイクに合わせて使用します。

乾燥しやすいお肌なのに、強めのメイクをしてしまえば意味がありません。

ミルククレンジングで落とせないメイクなら尚更ですね。

乾燥肌の場合はケミカル系よりもミネラル系のメイクを使用した方がお肌への負担も少なくなるんですね。

もちろんミルククレンジングでも洗い流せます。

肌の状態に合わせてメイクを選ぶ事はとても重要なんです。

ではオーガニックミルククレンジングはどう違うのか。

オーガニック化粧品ならば無農薬栽培された植物を原料にしていますので、お肌への刺激も軽減されるのです。

オーガニックと言っても少量配合されていればオーガニックと謳っている化粧品もあります。

なので使用する場合はオーガニック認証を取得した化粧品をおすすめしたい理由です。

しかしオーガニックだからと言って必ずしもお肌に安心とは言えません。

稀に合わない方もいますので、やはり肌質により違いが出てきます。

乾燥肌の場合は角質が乱れていますので、刺激というか荒れてしまう方も居ますね。

ただ洗浄力の強いクレンジング料よりおすすめしやすいのがミルククレンジングです。

乾燥肌の場合はクレンジング料を見直す事も重要ですが、まずはメイクを優しいものに変えてみましょう。

ミルククレンジングの洗浄力

どちらかと言えばミルククレンジングはメイクを落とすのに特化したものではなく、お肌の事を考えて作られたクレンジング料。

洗浄力が強ければお肌に負担がかかりやすく、逆に洗浄力が弱ければお肌の負担も減ります。

どの程度の洗浄力かと言えば、ウォータープルーフマスカラは殆ど落とす事が出来ません。アイライナーなども落ちにくいですね。

そのくらいに洗浄力は弱まります。

しかし洗浄力が弱いので、必ずしもお肌に優しくなるとは限りません。

これはメイクが落ちにくい為、お肌を擦り過ぎてしまうからです。

もしメイク落ちが心配で、長めにクレンジングする場合はお肌を動かさない位優しくクレンジングをして料いきましょう。

メイク選びもミルククレンジングに合わせたものにします。

ミネラル系メイクなどのお肌をしっかりとコーティングしないメイクがおすすめです。

洗浄力が強くお肌に優しいというクレンジング料は多分無いかと思います。中間の洗浄力でしたらジェルタイプでしょうか。

しかしこれもウォータープルーフマスカラなどは落ちにくいですね。

ポイントメイクなどをあまりしないならばミルククレンジングはおすすめですが、洗浄力重視ならオイルクレンジングかバームタイプを選びましょう。

コストは少し掛かりますが、エステル系オイルクレンジングでポイントメイクを落としてベースメイクはミルククレンジングを使用するという事も良いと思います。

ミルククレンジング使い方

あまりにもメイクが落ちないので、使い方が間違っているのか?と思う事もありますよね。

ミルククレンジングは元々お肌の負担を軽くしているので、メイク落ちは悪いです。

他のクレンジング料のようにお肌のメイクを馴染ませていきます。この時に手は濡れていないようにします。

クルクルしていくとミルククレンジングは柔らかいテクスチャーからモッタリとしてきます。この状態になったら洗い流します。

この状態になったら乳化を行います。

美容成分が含まれるクレンジング料は洗い流すので保湿などの期待はあまり出来ませんが、洗い上がりに乾燥させないような工夫なのでしょう。

ミルククレンジングのデメリット

ミルククレンジングのデメリットは
  1. 洗浄力が弱い
  2. メイクと馴染むまで時間が掛かる
という事です。

・洗浄力が弱い
洗浄力が弱いのでメイクによっては落ちきれず、お肌に残ってしまう場合もあります。これを防ぐにはお肌に密着しにくいメイク(ミネラル系など)を使用する必要があります。

オイルクレンジングなど洗浄力が強い場合はメイクの種類をあまり気にしなくても良いのですが、ミルククレンジングの場合はメイクも使い分ける必要があります。

・メイクと馴染むまでに時間が掛かる
これはミルククレンジングが水分の膜に油分が包まれている為、お肌に付けると直ぐにはメイクと馴染みません。

メイクは油分ですので、油分で落とさなくてはなりません。

この為、手の平で少しクルクルして温めるなどして水の膜を取り除いてから使用するのが望ましいです。

・擦り過ぎて乾燥を招く場合も
ミルククレンジングは皮脂膜を取り除き過ぎないというメリットもありますが、メイクが落ちにくいので長い時間クレンジングしてしまう事もあります。

いくらお肌に優しいと言っても、お肌を擦り過ぎては良くありません。

洗浄力が低いと言うのはミルククレンジングのデメリットでもありますので、先にも記載しましたがメイクを軽めにする必要があります。

乾燥肌にしっかりメイクをしてしまっては、クレンジングにより更に乾燥を招く可能性もあります。

少し試しました

私はアルガンオイルも使用していますので、メイクが落ちるのか試してみました。

使用したのはスーパーウォータープルーフマスカラです。

1分以上クルクルしたんですが、ほとんど落ちませんでした。

ポイントメイクにはおすすめ出来ませんね。

下地やファンデなどはケミカル系の種類にもよりますが、私が使用している下地などはちゃんと落ちてくれました。

また日焼け止めなどは落ちにくいかもしれませんね。

おすすめのミルククレンジング

ミルククレンジングと言っても多く販売されているので、どれを使用したら良いかわかりません。

私がおすすめしたいのはこちら

○ヴァントルテ

ヴァントルテは京都生まれの化粧品ブランド。

敏感肌や乾燥肌の方に向けて開発されているミルククレンジングもベースとなるのは「サトウカエデ樹液」。メープルウォーターと言われる事もあります。

これは乾燥肌には優しく、潤いを与える命の水とも呼ばれています。トロみのあるテクスチャーですが、サラっとしていて肌馴染みが良いクレンジング料です。

この他、セラミドが3種配合されていますので程よく潤いを与えながらクレンジングが出来ます。

洗い流してしまうのであまり保湿に期待はできませんが、保湿成分が配合される事でしっとりとして、つっぱり感も少ないので乾燥肌におすすめなクレンジング料です。

○ヴェレダ

ヴェレダはスイス生まれのオーガニックコスメ。veledaという女性司祭の名前を由来にしてるそうですね。

ヴェレダはお肌の負担を最小限にし、余計な成分を極力排除した乾燥肌の方向けミルククレンジングです。

徹底した品質管理の元で使う方へ向け製造されているので、限りなく自然に近い化粧品の証のある「ネイトゥルー認証」を取得出来ているんです。

クレンジング料だけではなく、洗顔料やボディオイル、ハンドクリームなども製造されています。

ワイルドローズをベースに作られた化粧品を安心して使用出来るのは「ヴェレダ」です。本物のオーガニックコスメを体感してみて下さい。

ワイルドローズトライアルセットもありますので、こちらから始めみるのはいかがでしょう。