ホットクレンジングゲルの効果はどうなの?メリットと肌への負担

ホットクレンジングゲルは何故温かくする必要があるのか?使用する事のメリットは何でしょう。

ホットクレンジングは他のクレンジング料と何が違いや、また肌への負担はどうなのかを見ていきましょう。 

(ここでご紹介する商品は個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。ご参考程度にお読みください)

何故暖かくなるのか。どんな効果?

暖かくなるのはグリセリンの成分が多く含まれているからです。グリセリンは水と混ざり合うと暖かくなる性質を持っています。
 
ではメリットはどんなものがあるのでしょうか。
 
まず肌を暖める事で血行を良くしてくれたり、お肌の柔軟性を上げます。
 
毛穴は柔軟性が悪くなると皮脂の排出が上手くいかず、白ニキビの原因になる場合もあります。
 
この他お肌を柔らかくするという事は毛穴の汚れも落としやすくする働きが期待できます。
 
毛穴には古い角質や皮脂汚れが知らない内に溜まっていきます。
 
毛穴に溜まった汚れはそのままにしておくと酸化して黒ずみの原因にもなりますので、お肌の柔軟性を上げれば毛穴の汚れを落としやすくなるメリットもあります。
 
またホットクレンジングでなくとも、ジェルやゲルタイプは毛穴表面の汚れを絡め取りやすい性質があります。
 
黒ずみ角栓は毛穴を目立たせるものの一つですが、これを取り除く事は難しくなります。
 
この角栓に作用するにはそれなりの成分が配合されている必要があります。
 
ホットクレンジングゲルにもこの角栓に作用するものがあります(確実に取り除けるものではありません)ので、そちらはおすすめのホットクレンジングゲルの一つです。
 

他のクレンジング料との違いや洗浄力

ホットクレンジングはジェルタイプが多いのですが、オイルクレンジングやバームなどとの違いは何でしょうか。
 
クレンジング料により洗浄力の違いがあります。ジェルタイプは少しドロっとしたテクスチャーになっています。
 
またジェルタイプに水溶性と油溶性があり、油溶性の方が洗浄力強くなりますが肌への刺激も強くなります。
 
クレンジング料で一番洗浄力が強いのはオイルクレンジング、次にバームやジェルタイプ(油溶性)、クリーム、ジェルタイプ(水溶性)、ミルクタイプとなります。
 
クレンジング料により洗浄力の違いと肌への負担が違ってきます。
 
またホットクレンジングは温かくなるので、冬などに使用される方もいますね。
 
製品により少し異なる場合もありますが、他のクレンジング料との違いは洗浄力が中程度と言う事かと思います。
 
しかし殆どのホットクレンジングジェルの洗浄力は弱い方ではないかと思います。

基本的にメイクは油性成分なので、オイルクレンジングが一番良く落ちます。
 
紫外線防止効果の高いファンデーションの種類によっては落としきれないものもあると思いますので、まずは手に取って落とす事が出来るか試してみるのも良いでしょう。
 
お肌に残ってしまうと肌荒れの原因にもなってしまいます。
 
ミネラル系ならお肌の負担も少なくなり、洗顔で落とせるものもあります。
 
ミネラルメイクをお探しならこちらのベースメイクトライアルセットもあります。
 

ポイントメイクは落ちる?

洗浄力が強いオイルクレンジング料に比べてホットクレンジングは弱くなりますが、その分界面活性剤が少ないので肌への負担は減ります。
 
ウォータープルーフマスカラやリップなどはメイクの種類によりますが、専用のリムーバーで予め落としておかないとクレンジングゲルでは落としきれません。
 
ポイントメイクはまず落ちないと思った方が良いでしょう。
 
私の場合は、主に2種類のクレンジングを使用します。
 
ポイントメイクにはオイルクレンジング。
軽めのメイクにはホットクレンジング。
 
お肌が乾燥している時にはホットクレンジング(ジェル)を使用して、メイクも薄めにします。
 
アイメイクをした時にはオイルクレンジング(エステル系)でササっと落とします。
 
めちゃくちゃ良く落ちますよ。WPマスカラでも早めに落とせます。
 
万能なオイルクレンジングさえ使用していれば良いのですが、その日によりお肌の調子も悪い場合がありますし、更に脱脂力もあります。
 
ですのでお肌の調子が悪い時にはジェルタイプを使用し、オイルクレンジングはポイントメイクに変えているという訳です。
 
ホットクレンジングではマスカラやリップが落としきれない場合がありますので、オイルクレンジング料を持っていると使い分けが出来て便利なんです。ちょっとコストが掛かりますが。
 

肌への負担は?

クレンジングゲル(ジェル)はお肌への負担は比較的少なくなると言えるクレンジング料です。
 
これは界面活性剤の配合料がオイルクレンジングなどに比べて少なくなるのと、クレンジング時にゲルがクッションとなってくれる為です。
 
しかし洗浄力は落ちてしまいますので、洗浄力には物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
またメイクが落ちないから擦り過ぎてしまい、肌荒れを引き起こす場合もあります。
 
一番悪いのはメイクの洗い残しですね。これが蓄積すると肌荒れや黒ずみの原因にもなります。
 
ジェルタイプはあまり洗浄力は強くないので、メイクが落ちないからと言って擦り過ぎない事も重要です。
 
この場合はメイクかクレンジング料を変えてみる必要があります。

ホットクレンジングゲルのメイク落ちは?

クレンジングゲルは色々な種類がありますが、私がお気に入りで使用しているホットクレンジングゲルで洗浄力を試してみたいと思います。
 
クレンジングゲルは硬めのテクスチャーが特徴で、クレンジングジェルはちょっと柔らかめ。
 
どのくらい洗浄力があるか、私が時々使用するスーパーウォータープルーフマスカラを使用して試してみました。
 
 
 
↓これはホットクレンジングゲルを使用して1分くらいクルクルしてみた画像です。

かなり頑固なメイクちゃんです。
 
ん〜、やはりポイントメイクは殆ど落ちませんでした。
 
ポイントメイクは専用のものを使用するべきですね。




別のメイクで試してみます。↓

 

上がアイシャドウ

真ん中はラメ入りグロス(ちょっと見にくい)

下がウォータープルーフマスカラ。

 

これを1分間クルクル。


うん、ホットクレンジングだけあって暖かくなりますね。

こんな感じに落ちました。

 

オイルクレンジングに比べて洗浄力が弱い分、殆どピリピリした感じはありません。

 

ただちょっと長めに擦る必要があります。

(約1分くらい)

このマスカラは上のスーパーWPマスカラに比べて耐水性は低くなります。

もう少し長く擦れば落ちるかもしれませんが、1分程クルクルしても落ちていないのでちょっと残念。

でも他のメイクは落ちたので、ポイントメイク以外はオッケーみたいですね。

ただ、メイクによっては落ちにくい場合もあるかもしれませんので、手の甲などで試してみると良いかもしれませんね。
 

お手頃価格のポイントメイクリムーバーです。

毛穴の黒ずみは落とせるの?

目立つ角栓は本当に嫌になりますね。黒ずんでると尚更のこと。角栓は皮脂や古い角質が混ざって毛穴を塞いでしまうのが原因です。
 
毛穴が黒ずんで見えるのは黒ずみ角栓か埋没毛。
 
黒ずんだ角栓は酸化した皮脂や角質で、なかなか取り除く事は出来ません。
 
角栓を無理に取り除くものではありませんが、表面が黒ずんでいるのは何とかしたいと思うのは美容に興味があるからですね。
私も何とかしたいし、してあげたい!   
 
ホットクレンジングならお肌の柔軟性を高める作用が期待出来ますので、角栓も取れるイメージがありますね。
 
ですが一度出来た角栓は簡単には取り除く事は出来ません。
 
角栓に作用するのは酵素洗顔がおすすめですが、乾燥肌の方には少し強めですよね。
 
中には角栓に作用する成分が入っているクレンジング料もありますので、そちらを使用してみるのも良いでしょう。
角栓は皮脂とたんぱく質の塊です。
それらに作用する成分が配合されたクレンジングを使用すればいいんですね。
 

皮脂分解成分の

リパーゼ

 

角質を分解する作用が期待できる成分が

プロテアーゼ

パパイン

 

この成分は角栓に作用が期待される酵素洗顔にも配合されている成分。

 

この成分により角栓を小さくする作用や表面の黒ずみを取り除く効果が期待できます。

 

注意点はリパーゼやプロテアーゼは皮脂や角質に作用しますので必要な皮脂、角質を取り除き過ぎないようにします。

 

クルクルしていると手の平に小さな黒いものが取れたのがわかりましたよ(多分角栓じゃなく、表面の汚れですね...)

 

「お!これは!」ってなるんですよ。それでもなんかキレイになった気がします。

 

でも実際に鏡を見ると、どこが取れたかわかりません...。

 

頑固な黒ずみ角栓は少し継続が必要です。

 

でも柔らかな白い角栓にはちょっと期待しちゃいますね。

 

テクスチャーもネットリしているのが特徴で、汚れを吸着しやすいのかもしれません。

 

パパイン、プロテアーゼが配合されたホットクレンジングゲルでクレンジング、黒ずみケアが出来るのは効率が上がります。

 

 香りも柑橘系なので、悪くないですね。

 

しかし流石は黒ずみ角栓。

 

少しケアしたくらいでは落ちてくれません。まぁ当然なんですが。

 

角栓は取り除く必要はありませんので、表面の黒ずみが落ちるまで気長にケアしていってみようと思います。