ホットクレンジングゲルの効果はどうなの?メリットと肌への負担

ホットクレンジングゲルは何故温かくする必要があるのか?使用する事のメリットは何でしょう。

ホットクレンジングは他のクレンジング料と何が違いや、また肌への負担はどうなのかを見ていきましょう。 

(ここでご紹介する商品は個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。ご参考程度にお読みください)

何故暖かくなるのか。どんな効果?

暖かくなるのはグリセリンの成分が多く含まれているからです。グリセリンは水と混ざり合うと暖かくなる性質を持っています。

ではメリットはどんなものがあるのでしょうか。

まず肌を暖める事で血行を良くしてくれたり、お肌の柔軟性を上げます。

毛穴は柔軟性が悪くなると皮脂の排出が上手くいかず、白ニキビの原因になる場合もあります。この他お肌を柔らかくするという事は毛穴の汚れも落としやすくする働きが期待できます。

毛穴には古い角質や皮脂汚れが知らない内に溜まっていきます。これが毛穴を塞いで長い時間を置くと角栓となります。

更に酸化して黒ずみ角栓になってしまうと、取り除くのに時間が掛かったりイチゴ鼻なんていう事にもなりかねないですね。

皮脂や古い角質が毛穴に溜まっても柔軟性を良くして毛穴表面の汚れを洗い流すのにホットクレンジングは向いています。

ただお肌の柔軟性が期待出来ますが、毛穴は開閉する事は無いと言われています。

他のクレンジング料との違いや洗浄力

ホットクレンジングはジェルタイプが多いのですが、オイルクレンジングやバームなどとの違いは何でしょうか。

タイプにより洗浄力の違いがあります。ジェルタイプ少しドロっとしたテクスチャーになっています。これはグリセリンの成分が多く含まれている為です。

またジェルタイプに水溶性と油溶性があり、油溶性の方が洗浄力強くなりますが肌への刺激も強くなります。

クレンジング料で一番洗浄力が強いのはオイルクレンジング、次にバームやジェルタイプ(油溶性)、ジェルタイプ(水溶性)、ミルクタイプとなります。

製品により少し異なる場合もありますが、目安として覚えていただければ良いと思います。

殆どのホットクレンジングジェルの洗浄力は弱い方ではないかと思います。基本的にメイクは油性成分なので、オイルクレンジングが一番良く落ちます。

紫外線防止効果の高いファンデーションの種類によっては落としきれないものもあると思いますので、まずは手に取って落とす事が出来るか試してみるのも良いでしょう。

お肌に残ってしまうと肌荒れの原因にもなってしまいます。

ポイントメイクは落ちる?

洗浄力が強いオイルクレンジング料に比べてホットクレンジングは弱くなりますが、その分界面活性剤が少ないので肌への負担は減ります。

ウォータープルーフマスカラやリップなどはメイクの種類によりますが、専用のリムーバーで予め落としておかないとジェルクレンジングでは落としきれません。

私の場合は、主に2種類のクレンジングを使用します。お肌が乾燥している時にはホットクレンジング(ジェル)を使用して、メイクも薄めにします。

アイメイクをした時にはオイルクレンジング(エステル系)でササっと落とします。めちゃくちゃ良く落ちますよ。スーパーWPマスカラでも早めに落とせます。

万能なオイルクレンジングさえ使用していれば良いのですが、その日によりお肌の調子も悪い場合がありますし、更に脱脂力もあります。

ですのでお肌の調子が悪い時にはジェルタイプを使用し、オイルクレンジングはポイントメイクに変えているという訳です。

ホットクレンジングではマスカラやリップが落としきれない場合がありますので、オイルクレンジング料を持っていると使い分けが出来て便利なんです。ちょっとコストが掛かりますが。

肌への負担は?

洗浄力の弱いジェルタイプでも界面活性剤は配合されていますが、オイルなどと比べると配合量は少なくなります。

この為に洗浄力は落ちてしまいますが、その分肌への負担は軽くなります。

界面活性剤が配合されているから肌荒れになるのでは?と思いますが、それは擦り過ぎなどの使用方法が違っていたり成分が合わない事による肌荒れの可能性もあります。

乾燥肌などの肌荒れを引き起こしてしまう場合は使用方法やクレンジング料の見直しをしてみましょう。

ジェルタイプはあまり洗浄力は強くないので、メイクが落ちないからと言って擦り過ぎない事が重要です。

この為に肌を擦り過ぎて肌荒れを引き起こす場合もありますので、クレンジング料に合ったメイクにするという事も重要です。

ジェルタイプは洗い上がりにしっとりしますが、クレンジング後は化粧水、美容液などの保湿ケアをしましょう。

毛穴の黒ずみは落とせるの?

目立つ角栓は本当に嫌になりますね。黒ずんでると尚更のこと。角栓は皮脂や古い角質が混ざって毛穴を塞いでしまうのが原因です。
 
黒ずんだ角栓は酸化した皮脂や角質で、なかなか取り除く事は出来ません。
 
年齢を重ねるとお肌の新陳代謝(ターンオーバー)サイクルが遅くなり、お肌のごわつきを引き起こすことがあります。
 
お肌ごわつきは古い角質が剥がれ落ちずに残っている状態です。
古い角質は剥がれ落ちず、毛穴を塞いでしまうと皮脂が分泌されなくなり角栓となります。
 
角栓を無理に取っても再度塞がってしまうか、最悪は毛穴が目立ってしまうという場合もあります。    
 
ホットクレンジングならお肌の柔軟性が期待出来ますので、角栓も取れるイメージがありますね。
 
ですが一度出来た角栓は簡単には取り除く事は出来ません。そこでおすすめは「マナラホットクレンジングゲル」です。
 
角栓はすぐに取ろうとするのではなく、継続してホットクレンジングを使用する事により必ずではありませんがその効果が期待出来ます。
 
また角栓が出来ないようにクレンジングを過度に行わないなど日頃のケアも重要になってきます。
 
この他、角栓には酵素洗顔が良いとされていますね。
 

シミやくすみにはどうなの?

シミは紫外線によるものでメラニン色素が角層、あるいは真皮層に留まっている状態です。
 
一度出来たシミは消す事は出来ません。真皮層にあるメラニン色素は尚更です。 
 
ターンオーバー(肌の新陳代謝)を活発にする事で排出されるというのは、まだシミになっていないメラニン色素か目立たないものだけです。
 
くすみはお肌の古い角質が重なっている場合や皮脂汚れなどの場合もあります。この汚れを落とすことでワントーン明るくなった、という事もあります。
しかし血行不良によるくすみはクレンジングによる改善は難しいでしょう。毛細血管の血行を良くすれば改善する可能性もあります。

マナラホットクレンジングゲルのメイク落ちは?

クレンジングゲルはあまり洗浄力が強くはありません。

マナラクレンジングゲルは硬めのテクスチャーが特徴で、さっぱりしたオレンジの香りです。香りが強めなので、無香料が好きな方にはおすすめ出来ません。

どのくらい洗浄力があるか、私が時々使用するスーパーウォータープルーフマスカラを使用して試してみました。

↓これはマナラクレンジングゲルを使用して1分くらいクルクルしてみた画像です。やはりポイントメイクはあまり落ちませんでした。ポイントメイクは専用のものを使用するべきですね。

これは公式ページにも記載されています。

ここで、試しに一手間加えました。

アルガンオイルを加えて混ぜてみました。

全ては落ちませんでしたが、多少洗浄力が上がった気がします。ここまでは落ちてくれました。

元々アルガンオイルでもある程度メイクは落とす事が可能です。しかしオイルだけでは水分で洗い流す事は出来ません。

これは界面活性剤が含まれていないからです。

しかしマナラのクレンジングゲルと混ぜる事で、メイクを浮かせて洗い流す事も可能でした。ここで注意したいのがオイルを多く入れ過ぎない事です。

オイルが多くなるとヌルつきが残りますので、クレンジングゲルが2、オイルが1くらいでしょう。

ちなみにアルガンオイルを混ぜずに下地とファンデを使用してマナラクレンジングゲルを使用しましたが、これはしっかり落とす事が出来ましたのでポイントメイク以外は洗浄してくれます。

ただ、メイクによっては落ちにくい場合もあるかもしれませんので、手の甲などで試してみると良いかもしれませんね。

今回は試しに行ってみましたが、公式ページにもあるようにポイントメイクだけはオイルクレンジングなど洗浄力があるものを使用した方が良いと思います。

なぜマナラホットクレンジングが人気なの?

角栓が簡単に取り除けないのは固くなっているので、狭い毛穴からはなかなか出てきません。これを取り除くにはお肌の柔軟性を上げて、角栓を出来る限り小さくする事が必要になります。

(ここでご紹介する方法は個人的な感想になります)

 

お肌の柔軟性を上げるにはホットクレンジングでも期待できますが、私が行っている方法は美容オイルを使用する事です。オイルは「アルガンオイル」を使用しています。

 

メイクは予め落としておきましょう。

 

このアルガンオイルを角栓の気になるところに塗り、お風呂の蒸気で温めます。約5分程度。

 

これである程度の柔軟性を確保できますし、毛穴が柔らかくなっているはず。

 

次にマナラホットクレンジングで洗い流します。角栓が気になる所だけで大丈夫です。クレンジング時間はお肌に負担をかけないように20秒くらいにします。

 

これを週に2度ほど行いましょう。

少し角栓が小さくなったと感じるのは1〜2ケ月後くらいでしょうか。(個人的な感想であり、必ず効果がある訳ではありません)

 

なぜマナラのホットクレンジングかと言いますと、成分にパパインとプロテアーゼが含まれているからです。

 

パパインは皮脂分解成分の「リパーゼ」が含まれ、

角質を分解する作用が期待できる成分が「プロテアーゼ」。

(以前はこの成分が配合されていませんでしたね。成分配合が変わったのでしょう)


この成分は角栓に作用が期待される酵素洗顔にも配合されていますね。

 

この成分により角栓を小さくする作用が期待できますので、毛穴からも排出しやすくするという訳です。

 

また、頻繁に行わないのはお肌の負担を減らす為です。パパインやプロテアーゼは皮脂や角質に作用しますので必要な皮脂、角質を取り除き過ぎないようにします。

 

また、お肌が敏感肌や乾燥が酷い方にはおすすめしないという事もここで記載しておきます。

 

それでも人気の高い「マナラ ホットクレンジングゲル」は様々な方に使用されています。

 

以前の商品であれば角栓にはあまり作用しなかったはずですが、成分の配合が変わったのでそれなりの作用は期待でるのではないでしょうか。

 

全ての方に効果がある訳ではありませんが、角栓ケアには有効な方法の一つかと思います。

 

マナラはダブル洗顔不要のホットクレンジング。面倒な手間を掛けずに済むのは助かりますね。


マナラ ホットクレンジングゲルの特徴

○お肌の柔軟性を高めて毛穴汚れや角栓にアプローチする作用が期待出来る


○美容成分が多く含まれる為、しっとりと仕上がる


○オイルクレンジングのような強めの洗浄力は必要ないナチュラルメイク向け。(洗浄力はオイルクレンジングより弱く、ミルククレンジングよりも強め)




デメリット
○ウォータープルーフなどのメイクは落ちにくい(美容オイルなど一手間加えると対応できるメイクが広がります)

○香りが苦手な方

○別に暖かくならなくても良い

○乳化の工程は必要

 

スキンケアサンプルもセットで付いてくる他、マナラホットクレンジングゲルが合わない場合は45日間の返金保証も付いています。


サンプルもあります