セフィーヌのナチュラルクレンジングオイルはダブル洗顔が必要?

自然派コスメで有名なセフィーヌ。


その中でも人気の高いナチュラルクレンジングオイルが気になっている方も多はずです。


そんなナチュラルクレンジングオイルはどのようなメリットがあるのか、またダブル洗顔は必要なのかお伝えしたいと思います。


ナチュラルクレンジングオイルのメリットは?

ナチュラルクレンジングオイルの特徴と言えば、やっぱり油脂系クレンジングオイルである事ですね。


油脂系クレンジングオイルは植物オイルがベースのクレンジングオイルです。


何が良いのかと言うと
  • クレンジングオイルなのにお肌に優しめ
  • メイクに馴染みやすく落としやすい
  • マッサージもしながらクレンジング出来る

などメリットも多くあります。


油脂系クレンジングオイルよりも更にメイクが落ちやすいエステル系クレンジングオイルもありますが、洗浄力が強い為に合わない方もいます。


油脂系クレンジングオイルはエステル系よりも洗浄力は優しめで、乾燥肌の方でも使いやすいクレンジングオイルとなっています。


しかし合わない方も稀にいますので、万人に使えるとは言えないのが化粧品の難しいところです。

配合されているオイルは?

植物オイルと言っても様々ですよね。

ではどんな植物オイルが配合されているのでしょうか?


ベースとなるのはオリーブ油となっています。


その他にヒマワリ種子油、サフラワー油、ブドウ種子油が贅沢に配合されていますよ。


ベースとなるオリーブ油はオレイン酸が豊富に含まれているのは有名ですね。


化粧品だけでなく調理用としても使用され、適量を摂取する事で身体に良い事でも知られています。


化粧品に使用されるのは精製され、お肌に不要なものは取り除かれと使いやすいようになっていますよ。


オリーブ油にはオレイン酸が豊富に含まれていますが、なぜお肌に良いのか?


このオレイン酸やリノール酸はお肌をふんわりと柔らかくする作用が期待できる成分なんです。


さらにお肌の皮脂の構成はこのオレイン酸が多く含んでいます。


なので皮脂膜を必要以上に洗い流しにくいので、結果として乾燥し難くなります。


殆どの植物オイルにこのオレイン酸は含まれていますが、オリーブ油は含有量が特に豊富。


そのオリーブ油を補佐するように、リノール酸が豊富なサフラワー油やヒマワリ種子油が配合されています。


ブドウ種子油(グレープシードオイル)は抗酸化作用が期待できるオイル。


紫外線からダメージを受けたお肌に優しく働きかけて、シミやシワの抑制が期待出来るオイルです。

油脂クレンジングは植物オイルと何が違う?

油脂クレンジングオイルは植物オイルがベースですが、植物オイルだけのものとは何が違うのでしょう。


クレンジングオイルでも植物オイルでも、基本的にはメイクを包み込む事は出来てしまいます。


これはメイクが油分で出来ている為、オイルに馴染みやすくなっています。


しかし植物オイルではメイクを包み込んだだけで、水分で洗い流す事は出来ませんよね。


ここで活躍してくれるのが、界面活性剤です。


クレンジングオイルにはこの界面活性剤が配合されています。


これにより油分と水分を馴染ませて洗い流す事が出来ます。


またクレンジング料には様々な植物オイルや酸化防止剤も配合されている為、爽やかな香りがあったり、保存出来る長さが違います。


植物オイルにはこれらは配合されていませんので、水分で洗い流す事が出来ません。


もし洗い流す場合には界面活性剤が含まれる洗顔料などを使用してみましょう。


ナチュラルクレンジングオイルはダブル洗顔必要なの?

ナチュラルクレンジングオイルはダブル洗顔が不要です。


それは知ってるよ!


と言う方もいらっしゃいますよね。


ダブル洗顔不要なのはナチュラルクレンジングオイルの成分である植物オイルはお肌に多少残ってしまってもあまり影響はありません。


ただしメイクをしっかり落としている事が前提です。


これは他のクレンジング料にも言える事ですね。


しかし個人的な見解としてはダブル洗顔は必要と考えます。


何故そう思うかなんですが


私はクレンジング後にお肌に余計な成分は残さない方が良いと考えます。


クレンジングや洗顔後には保水や保湿を行いますよね。


なのでクレンジングや洗顔後に保湿成分が残っていると保湿成分をお肌に残したまま再度保湿をする事になります。


これってお肌に必要ですかね。


多分お肌には保湿成分のオンパレードで、負担でしかありません。


ただ油脂クレンジングはお肌を柔らかくする働きもありますので、一概にダブル洗顔が必要であるとは言いきれませんね。


またダブル洗顔はお肌への負担も高くなりますので、素早く終わらせるか、乾燥しやすいお肌の時は行わないようにしています。


「今日は乾燥しやすいの!」って


嫁に怒られます。

ナチュラルクレンジングオイルのデメリット

セフィーヌのナチュラルクレンジングオイルのデメリットとして多いのが
  • コストが悪い
  • 無理にナチュラルクレンジングオイルを使わなくて良い
など。


コストが悪いのは値段に対しての容量ですね。


サイズはMサイズとLサイズがあります。
  • Mサイズ(175ml) 4000円くらい
  • Lサイズ(400ml) 8000円くらい
となっています。


ちょっと容量にしてはお高めですね。


エステルのクレンジングオイルであればMサイズと同じで、メーカーによっては2000円くらいで購入する事も出来ます。


また無理にナチュラルクレンジングオイルでなくても良いというのは、メイクが軽めの方。


例えばミネラル系メイクであれば、洗顔でもほとんど落とせますので、お肌に優しくても無理に油脂系クレンジングを使用しなくても良いのですね。


ミネラル系メイクを使用する方はお肌の事を考えて使用しています。


なのでクレンジング料もお肌に優しいものを使いたいと言う方は多くいます。


しかしナチュラルクレンジングオイルはコスパは落ちる為、どうしてもこれでなければと言う声もあります。


確かにコストはあまり良くないかもしれませんが、植物オイルを贅沢に配合されたクレンジング料となっています。


その為、値段は上がってしまうのでしょう。


ただこれだけの植物オイルが配合され、メイク落ちも良く、マッサージも出来てお肌には比較的優しいという事を考えれば、決して高くはないクレンジングオイルと言えるでしょう。


どうでしょうか。


セフィーヌのナチュラルクレンジングオイルの特徴とデメリットは参考になったでしょうか。


是非参考にして頂いて、ご自身に合ったクレンジング料を見つけて下さいね。