家庭用脱毛器に冷却機能は必要なの?そのメリットは?

家庭用脱毛器の種類は様々ですが、その中で冷却機能付き脱毛器もあります。

これってどういう効果があるのか疑問に思いますよね。

しかしこの冷却機能が付いていない家庭用脱毛器もあったりして迷ってしまいます。

そこでこの冷却機能は必要なのか、またどのようなメリットがあるのかをお伝え出来たらと思います。

脱毛は熱を与えている

脱毛器って熱を与えているのはお分かりかと思います。

しかし熱を与えただけでは脱毛はできません。

その熱を与えた後に、赤外線の光で毛にダメージを与えて毛が抜けるように働きかけています。

エステや家庭用脱毛器は抑毛や減毛(毛が生えるのを遅くする)効果が期待できるもの。

医療脱毛は永久脱毛が出来ますので、光が毛の深くにある毛乳頭細胞まで届きます。

この為、医療脱毛は毛が殆ど生えてきません。
(毛が生える方もいます)

この脱毛をする時には必ず熱を与えますので、皮膚に少なからず負担はかかります。

冷却するのはこの熱により皮膚が火傷をしにくいようにする役割があります。

また痛みの緩和作用や効率良く光を通しやすくするなどメリットは多くあります。

家庭用脱毛器に冷却機能が無いのは?

家庭用脱毛器は冷却機能が付いてないものがあります。

これはエステなどでも同様です。

エステで脱毛する時には冷却ジェルを使用する場合と使用しない場合があります。

これはカウンセリング時に相談する事もできます。

冷却ジェルを使用しない場合は皮膚の厚い部分、もしくはお客様の要望によるものです。

これは冷却ジェルを使用すると、その分が料金に加算される為です。

なので皮膚がそれ程弱くない方は冷却ジェルを使用しない場合があります。

しかしながら冷却ジェルを使用しないメリットは料金が抑えられる事や冷たい思いをしなくて良い事です。

デメリットとしては皮膚に負担が掛かりやすくなる事と脱毛効果が使用した時よりも落ちてしまう事です。

また脱毛器はお肌を滑らせる場合もありますので、お肌への摩擦も高まる場合があります。

家庭用脱毛器でも同じように感が考えられ(家庭用脱毛器の冷却機能に脱毛促進効果はありません)、冷却機能付きはコストが上がってしまう反面お肌への負担や痛みは軽くなるという事になります。

なので必ずしも冷却機能は必要ではありませんが、お肌の事を考えればあった方がメリットは多くなります。

冷却機能が無い場合でも大丈夫?

家庭用脱毛器には冷却機能が無いものがあります。

これはエステや医療脱毛器などに比べると出力が抑えられているからです。

出力が抑えられているので、個人でも幅広い部位に使用が出来ます。

しかし部位により皮膚の厚さは違ってきますので、痛みが強い場合がありますね。

また皮膚が弱い部位は赤みが出る事もあります。

冷却機能が無いから肌トラブルが無い訳ではありません。

これを軽減する為に冷却剤が活躍してくれるんですね。

もうお気づきだと思いますが、冷却剤を使用するのは手間が掛かってくるのと時間が掛かってくるんです。

一回照射する度に冷却剤で冷やさなければなりません。

であれば最初から冷却機能付きの脱毛器を選んだ方が良くないでしょうか?

冷却機能付きの脱毛器は高いイメージがありますが、付いていない脱毛器より安価なものもあります。

その分冷却する手間も省けて、痛みの軽減やお肌への負担も減らす効果が期待出来ます。

冷却剤で手間を掛けた分、疲労も溜まりやすくなり、面倒になり続かなくなってきます。

必ず必要ではありませんが、冷却機能付きであればメリットが多い事は知っておいて良いかもしれません。


照射後も冷却出来る?

照射後は皮膚が火照っている状態です。

冷却機能付きの脱毛器を使用しても多少の熱は持っています。

脱毛で重要なのは照射後のお手入れも大切。

冷却機能無しであっても照射後は冷却剤でクーリングしてあげる方がお肌には負担が掛かりにくくなります。

しかし手間が必要ですね。

その分冷却機能付きなら照射後のクーリングケアも出来てしまいます。

お肌の為を思って作られているのは冷却機能脱毛器かと思います。

その開発のほとんどはサロンが共同開発したものが多い印象です。

顔に使用しても痛みはない?

顔に使用出来るのは目の周りより下、首を除いた部分です。

冷却機能付きだから顔に使用しても全く痛くないのかという事ですが、多少の痛みがある場合もあります。

もちろん照射レベルは低く設定をして使用すると思いますので、低い場合は冷却機能付きならほとんど痛みは和らげる事が出来るでしょう。

しかし男性の髭は太いので、冷却機能付き脱毛器でも痛みを完全になくすのは難しくなってきますね。

顔の皮膚は薄いので、多少の痛みはあると思って照射した方が良いです。

ですが女性の場合は顔のほとんどが産毛です。

産毛には効果が無いので、口周りの髭が気になるようなら顔の脱毛として使用しても良いですね。

この他、小鼻に黒い毛が生えている事もあります。

どちらかと言えば顔に使用するのは男性の方が多いです。

女性が使用する時は美容器として使用する方が多い印象です。

家庭用脱毛器でも光美容器搭載型もありますので、そちらを選んでみると良いですよ。

さて男性は髭が濃いですから、冷却機能付き家庭用脱毛器を使用するメリットはありますね。

髭は濃くて太いから効果が無いとおもわれがちですが、少なからず生えるスピードを遅くは出来ます。

また顔に使用した場合は必ず冷却するのをおすすめします。

冷却機能があると効果が弱まる?

ちょっと不安に思うのが、家庭用脱毛器で冷却機能があると効果が弱まるのでは?と言う事も聞きます。

これは本当に効果が弱まるのでしょうか。

冷却機能付きでは脱毛効果が弱まる場合があります。

これは冷やし過ぎた場合に効果が弱まる可能性があると言う事です。

脱毛器は熱を与えて、毛が熱を持った状態で光を当ててダメージを与えています。

照射前に冷やし過ぎ(約10秒以上)なのは毛が熱を持ちにくくなるのではないかと考えられます。

通常クリニックでは冷却する時に冷却ガスなどで冷やしてくれます。

しかし冷やすのはほんの数秒です。

これは皮膚を一瞬冷やすくらいで、長く冷やす事はありません。

家庭用脱毛器でも同じように冷却機能付きであれば照射前に長く当てるのではなく、3〜5秒くらいで良いと思います。

しかしそれでも痛みがあるのであれば、もう少し長く冷やして自身にあった照射レベルにすると良いでしょう。

いくら効果が弱まるとは言え、家庭用脱毛器は毛乳頭にダメージを与える事は出来ません。

なので毛の生えるスピードを遅くする効果が弱まり照射回数が増える為、処理をする頻度が多くなる場合があります。

また照射後のクーリングも長い時間冷やすと、せっかく熱を持った毛も冷やしてしまいますので、一部分を1分以上は冷やさないようにしましょう。