クレンジングバームのメリットとデメリット。毛穴の汚れは落ちる?

どうしてクレンジング料ってこんなに種類があるんだろう。


嫁が満足するクレンジング料には出会えるのだろうか。


クレンジングはスキンケアの中でも重要だと言うのに!


そんな時、ついに出会ってしまったんです。


クレンジングオウムに!


話しかければ同じ言葉で返してくれる愛くるしさ!


トロけるようなクチバシでメイクも落としてくれる繊細さ!


.........。


クレンジングバームに!


初めて使い始める方の為に、クレンジングバームのメリットやデメリットをお伝えできればと思います。

是非ご参考になさってくださいね。

クレンジングバームの特徴

特徴として硬めのクリームですが、擦る事で成分が崩れてオイルに違いテクスチャーになります。


でもこれはすぐに溶けてしまうのではなく、お肌の上でクルクルすれば溶けていくような感じです。


このテクスチャーが好きという方も多いので、クレンジングバームは人気があります。


なのでお肌にのせて、スッとすぐに溶けるイメージとは違ってきます。


最近は様々な種類のクレンジングバームが出てきています。


洗浄力の高いエステル系や少しマイルドな油脂系など。


香りも心地よいのが多く、人気が高いクレンジング料となっています。


初めて使用する方は硬めのテクスチャーの時に顔に乗せてしまいがち。


手の平でクルクルしてから顔に付けていくとメイクに馴染みやすくなりますよ。

クレンジングバームのメリット

クレンジングバームのメリットは、お肌に乗せてからクレンジング出来るところ。


ではなぜお肌に乗せてからクレンジング出来るのがメリットなのか。


同じような洗浄力のクレンジングオイルを例にあげますね。


クレンジングオイルを使用する場合は手に乗せてから顔に付けていきます。


この時に垂れてしまって上手くのせれない場合ありませんか?


クレンジングバームはクレンジングオイルに違い成分なんですが、手の平で溶かし(崩し)てから使用します。


硬めなのはポリエチレンなどの配合によるものです。


溶けた感じがするのは、この成分が崩れていく為なんです。


手に乗せてオイル状にしてから顔に付けても、クレンジングオイル程サラッとしたオイル状になる訳ではありません。


この為、顔に付けやすいのもクレンジングオイルに比べて使いやすいのもクレンジングバームのメリットです。


クリームクレンジングなども同じでは?


確かに肌に付けやすいのは同じですが、洗浄力が欲しい方はクレンジングバームの方が良いです。


完全にオイルという訳では無いので、クレンジングオイルよりも洗浄力が落ちますがそれでも高い洗浄力は保っています。


クレンジングオイルは洗浄力に優れているのが魅力だけど少し使いにくい!


でもクレンジングオイル並みの洗浄力ともう少し使い易いものを探している方はクレンジングバームを使ってみてはいかがでしょう。


お肌に乗せてからクルクルするとオイルのようにトロけますので、その感触が好きだと言う方もいらっしゃいますね。


その感触の良さと洗浄力の高さから人気が出たクレンジング料でもあります。


バーム(硬め)のまま直接顔に塗ってもいいの?


これはまぁ大丈夫ですが、メイクに馴染むまで少し時間が掛かってしまうのと、オイル状になるまでクルクルしないといけませんので肌に負担は掛かってきます。


その他、濡れた手や顔に使用すると洗浄力は落ちてしまいます。


これは乳化してしまうからです。


クレンジングバームはオイル状になって初めてメイクと馴染みます。


なので少し手でオイル状にしてから顔に付けて行きましょう。


こんな感じのクレンジング料です↓


これをクルクルすると...
このようなオイル状になります↓
オイル状になりますが、サラサラのオイル状になる訳ではありませんね。

洗い上がりはしっとりとし、ダブル洗顔不要のクレンジングバームは多くあります。

クレンジングバームのデメリット

クレンジングバームのデメリットとして、オイル状にならなければクレンジング出来ないところ。


お肌に塗り広げただけではメイクを浮き上がらせる事は出来ませんので、お肌の上で溶かす必要があります。


まぁ、それがクレンジングバームの特徴だと言えばそれまでなんですが。


例えばクレンジングオイルならそのまま直ぐにクレンジング出来てしまいますよね。


クレンジングバームはいくらオイル状になる配合とは言え、クルクルして溶かしていきます。


これで初めてオイル状に変わるので、ここから再度クルクルしてメイクを馴染ませる必要があるんですね。


なので少し手間が掛かるという事になります。


しかしながら溶けるまでは4〜5秒くらいなので、それほどストレスは感じないと思います。


また洗浄機は高めなので、敏感肌や肌トラブルのある方には不向きなクレンジング料ですね。


洗い流す時はクレンジングオイルと同様に乳化の工程が必要になります。


クレンジングバームの洗浄力は?

クレンジングオイルが一番洗浄力の強いクレンジング料ならば、その次にクレンジングバームとなりますね。


さて、ポイントメイクなどはクレンジング料によって洗い流す事は出来ません。


クレンジングバームはオイルに違い洗浄力が有りますので、メイクによっては落とす事が出来ます。


ポイントメイクも全てに対応できる訳ではありませんが、ある程度対応は出来てしまうくらいです


ポイントメイクやしっかりメイクに対応したい場合は油脂系ではなく、ミネラルオイルかエステル系オイルのクレンジングバームを選ぶと良いでしょう。


クレンジングジェルやミルククレンジングは使用した事がありますか?


確かにお肌に比較的優しくなり、洗浄力はマイルドになります。


ですがポイントメイクはほとんど落とす事は出来ませんので、専用のリムーバーは必須です。


バームなら一度の使用で対応出来ますので、手間を掛けたくない方には良いと思います。


ではそれ程強くないウォータープルーフマスカラで試してみます。




これを20回程クルクルしてみます。
するとこの位は落ちてしまいます。

ただポイントメイクなので、ベースメイクの部分よりも落ちにくかったですね。

目元なのであまり擦らずに落としたいですが、バームだとある程度は擦る必要はありますね。

毛穴の汚れはどれくらい落ちる?

よく聞かれるのが、毛穴の汚れに効果ありますか?とか毛穴が目立っているのでマッサージしていますなど。


さて、実際にはどうなのでしょうか。


毛穴の汚れはメイク汚れ、皮脂汚れ、角栓などがあります。


基本的にクレンジング料というのはメイクを落とす為のものです。


毛穴に残ってしまったメイクを落とすには良いものです。


また柔らかな皮脂汚れくらいなら洗い流してくれる効果は期待出来ます。


しかし酸化したメイク汚れや皮脂汚れは簡単には落とす事は難しくなります。


毛穴が目立っている場合はいくつかあります。


例えば黒ずみ角栓。


これは皮脂やタンパク質の塊です。


これらが毛穴を目立たせている場合は、それらに作用する成分が配合されている必要があります


黒ずみ角栓は簡単に取り除くのは難しいんですね。


角栓に作用する成分が配合されていたとしても、1ヶ月位ケアをして目立ちにくくなるかどうかです。


キチンとケアをして角栓が小さくなれば、毛穴も少しは目立たなくなるでしょう。


ですが、本来持っている毛穴を小さく引き締める効果はクレンジング料にはありません。


年齢からくるたるみ毛穴などは良い例です。


なのでクレンジング料で毛穴を小さくしたいと言うのはなかなか難しいのではないでしょうか。


またクレンジングバームに毛穴表面の汚れを取り除く洗浄力はあっても、毛穴を目立たなくさせる効果は少ないと思います。


毛穴の汚れをケアしたい場合には酵素洗顔を使用するか、それらに作用するクレンジング料を使用すると良いでしょう。
(全ての方に効果が実感出来る分けではありません)

クレンジングバームでマッサージ

これはクレンジングオイルの記事でもお伝えしています。


しかしクレンジング料でマッサージというのはお肌に負担を掛けてしまうので個人的にはおすすめしません。



中には長い時間マッサージをして角栓がポロポロ取れたという声もありますが、基本的におすすめはしません。


理由としてクレンジングバームもクレンジングオイル同様に洗浄力の高いオイルをベースにしているのが殆どです。


メイクに馴染みやすく落としやすいのは魅力ですが、これは脱脂力も高いという事です。


もし乾燥しやすいお肌でマッサージをすれば、更に乾燥を招く可能性もあります。


クレンジング料にもお肌が乾燥しにくいよう微量な植物エキス(オイル等)も配合されていますが、クレンジング料を使用するのはメイクを落とす事と捉えておきましょう。


もしマッサージを行うのであれば、キャリアオイル(美容オイル)を使用すると良いですよ。


こちらは美容成分がたっぷり含まれた生クレンジングバームは、柔らかなテクスチャーで洗浄力を落とさずメイクをオフ。

 

香りは柑橘系にハーブの香りが残るリラックス系。

 

テクスチャーは生クレンジングバームだけあってメイク馴染みも早く感じます。

クレンジングバーム まとめ

クレンジングバームのメリット
  • トロける感触が癖になる
  • 比較的洗浄力は強いので、対応できるメイクの幅が広い
  • クレンジングオイルのように垂れない
  • ケースに入っているが、デザインが可愛いい?
  • スパチュラ付き(付いてないのもあるけど)

クレンジングバームのデメリット
  • 洗浄力が強めなので、擦り過ぎない
  • 溶けるまでクルクルする必要がある
  • 暖かい場所だと溶ける可能性がある
気づいた部分をまとめてみました。参考になったでしょうか。

クレンジングオイルでは強すぎる!でもクレンジングジェルとかでは弱め...。という方はトロける感触のクレンジングバームが良いかもしれません。