クレンジングで毛穴のメイク汚れが落ちてない?それ違うかもよ

クレンジング後、何気にティッシュで拭き取ったらメイクの汚れが残っていた!なんて事ありますよね。

クレンジング料の洗浄力が弱いのでしょうか、それともメイクの密着力が強すぎなのでしょうか。

中にはメイク汚れなのにどうしても取り除けない!という事もありませんか?

クレンジングはメイクを落とす為に必要な工程です。クレンジング料のタイプにより洗浄力が違いますので、知っておくだけでメイク残りを防げるかも。

クレンジング料を選ぶ

メイクを落とすにはクレンジング料は必要。でも、クレンジング料を使用せずにメイクを落としている方もいらっしゃると思います。

洗顔料で落ちるメイクならそれでも良いと思いますが、お肌に密着してしまうメイクならばクレンジングじゃないと落ちませんよね。

クレンジング料も洗浄力が強いものからお肌に優しいけど洗浄力が弱いものまで幅広くあります。

○オイルクレンジング
オイルをベースにしているので、油性のメイクにもしっかり馴染み、洗浄力が強いのが特徴です。
エステル系は洗顔力が強く油脂系は洗顔力が少し弱くなります。ウォータープルーフなどの強いメイクにはエステル系がおすすめ。

○クレンジングバーム
オイルクレンジングを特殊な製法で固めたクレンジング料。スパチュラで取り、お肌に乗せて馴染ませると固形から液体に変わっていきます。オイルクレンジングのように垂れる事も少なく人気のクレンジング料となっています。洗顔力はオイルクレンジングの次に強くなります。

○リキッドクレンジング
オイルは使用せずに界面活性剤がベースのものが多いです。サラっとしたテクスチャーが特徴で、洗い上がりはさっぱりとします。洗顔力は中間くらい。弱めのウォータープルーフメイクは落とす事もできます。

○クレンジングジェル
油性と水性がありますが、殆どは油性タイプ。硬めのテクスチャーから柔らかめのテクスチャーまであります。メイク落ちはリキッドクレンジングよりも弱い印象で、ウォータープルーフメイクは落ち難くなります。ですが美容オイルと混ぜて(油性に限る)使用出来るので、洗浄力を上げるなんて事も可能です(全てのメイクが落ちる訳ではありません)


○ミルク・クリームクレンジング
乳化が予めされているので、お肌に優しくなっています。トロっとしたテクスチャーでお肌に馴染みやすいですが、洗浄力は弱くなります。ポイントメイクやケミカル系のメイクは落ち難くなりますので、ミネラル系のメイクにおすすめ。

使用するメイクに合わせて選べばメイク残りを無くす事も出来ます。

全てのメイクに対応したい時やポイントメイクに使用したい時はエステル系オイルクレンジングがおすすめ。

肌に負担を掛けたくない場合や軽めのメイクなら、ミルクやクリームクレンジングを選びましょう。

メイクに合ったクレンジング料を使用する

クレンジングをしてもメイクが残っているようなら、使用しているメイクにクレンジング料の洗浄力が合っていません。

皮脂崩れなどを長時間防いでお肌にしっかりと密着するメイクに、洗浄力の弱いミルククレンジングなどを使用しても落としきれません。

クレンジング後に拭き取りメイク落としやティッシュなどでお肌にメイク残りが無いか確認してみるのも良いでしょう。

もし、毛穴に残っているとお肌のトラブルを招きますのでメイクにクレンジング料が合っているか確認をする事は重要です。

しっかりメイクはケミカル系やウォータープルーフ、ポイントメイクなどです。

洗顔力の弱いミルククレンジングやクリームクレンジングを使用しても落とす事は困難。メイクによってはジェルやクレンジングバームでも落としきれない場合もあります。

このようなメイクの場合は洗浄力の強いエステル系のオイルクレンジングを使用するとしっかりと落とす事も出来ます。

エステル系オイルクレンジングを使用すると殆どのメイクが落とせますが、お肌の弱い方や乾燥肌の方向きではありません。

しっかりメイクにはオイルクレンジングやクレンジングバームを。

しっかりメイクまでいかないけどちょっと強めの下地やファンデを使用したい方はクレンジングジェル。

お肌に負担を掛けたくないナチュラルメイクさんにはミルククレンジングやクリームクレンジングなどがおすすめです。

これが全てではありませんが、参考にクレンジング料を選んでみて下さい。

お肌に残りにくく、落としやすいメイクは?

紫外線をある程度防いで皮脂崩れなどに強い下地やファンデーション。長時間テカリなども防止出来てメイク直しも頻繁にしなくて良いのが魅力ですよね。
 
でも、しっかりとお肌に密着してしまうのでお肌に負担が掛かったり、クレンジング料によっては上手く落ちずにメイク残りが心配。
 
反対にある程度の皮脂崩れは防いで、お肌に負担も少ないメイクはご存知ですか?
 
これはミネラル系と言われており、ケミカル系(ケミ系)に比べてお肌の負担が少なくなるのが魅力です。ノンケミカルとも呼ばれていますね。
 
しかもクレンジング料を使用せずに洗顔だけで落とせるのも多くあります。
 
日の当たる外での仕事などには不向きですが、室内や日中使いにはおすすめ。
 
ノンケミカルのミネラルメイクには下地やファンデーションもあり、皮脂の多い方がサラッと仕上げたい時やうっかりファンデを落とさずに睡眠も出来てしまうものまであります。
 
ミネラル系を使用すればメイク残りは殆ど起こりませんので、クレンジング料もお肌に優しいタイプを選ぶ事も出来ます。
 
しかしながら長時間の皮脂崩れなどには弱いので、メイクを長く持たせたい方には不向きになります。
ミネラルベースメイクをお試ししたい方にWEB限定〈ナチュラグラッセ〉のベースメイクトライアルセットもあります。

メイクは付かないのに毛穴に汚れが残っている?

これ、体感した事はないですか?クレンジング料でしっかりメイクは落としたのにメイクが残ってる?ような事。

特に鼻頭に柔らかめのメイク残りが。

でもメイク拭き取りシートには汚れが付いてこない...。

これの原因、実は「角栓」の可能性があります。これはねぇ、なかなか取れません。角栓は頑固なんです。酸化して黒ずんでいるなら尚更。

もしかして毛穴に残っているメイクだと思って、無理に取り除こうとしていませんか?

私も最初はメイク残りかと思いましたが、いくら洗っても落ちないので角栓かなと気づきました。

メイクと同じ色をしているので、見分けるのが難しいと思います。白っぽいんですよね。ほじくらないと取れない感じです。

もし、このような感じでしたら過度なクレンジングは控えてほじくらないようにして下さいね。毛穴が炎症してニキビとかの原因にもなってしまいます。

拭き取りシートに付かなければメイク残りでは無いはずなので、無理に取り除かずに正しい方法で角栓除去をしてみて下さいね。

ミネラルメイクを扱うおすすめメーカーをご紹介

ミネラルメイクを中心に販売しているのは
「ヴァントルテ」
「エトヴォス」
が有名ですね。
 
どちらもお肌に優しいメイクを中心に展開していますので、乾燥肌や敏感肌の方向けのノンケミ系をお探しならこのメーカーがおすすめです。
 
簡単に洗顔でも落ちるメイクが多くあり、お肌の為に開発されているというのが伺えます。
 
美容液などのスキンケアも、お肌に必要なセラミドを配合してます。30代からお手入れを始めてみたい方、乾燥肌が気になる方向けの化粧品です。
 
また、購入後の勧誘もありません(メールは有りますが、配信停止可能)ので安心して下さいね。
 
スキンケアならお試しのトライアルセットもあります。

クレンジングで角栓ケアをしたい

クレンジングで角栓ケアが出来たら嬉しいですよね。


クレンジング料には角栓に作用する成分が配合されているものもあります。

(確実に角栓が取れる訳ではありません。作用が期待できるものとご理解ください)

 

角栓は皮脂とたんぱく質の塊です。これに作用する成分が「リパーゼ」と「プロテアーゼ」。

 

これは角栓に作用する酵素洗顔にも配合されています。洗顔で角栓ケアをしたい時には酵素洗顔がおすすめです。

 

話がそれましたが、クレンジングで角栓ケアが期待できるのはこちらのホットクレンジング

 

約2か月分ありますし、30日間の返金保証も付いています。まずはこの期間ケアを実践してみて下さい。

 

こちらのクレンジング料にもこの成分が配合されていますので、作用が期待できるという訳なんです。

 

メイク落ちはウォータープルーフやポイントメイクなどは専用のリムーバーを使用する必要がありますが、ケミカル系のメイクやミネラルメイクならクレンジング出来ます。

 

私はこのホットクレンジングゲルのテクスチャーが好きで使用しています。ポイントメイクは専用のリムーバーで落としていますけどね。

 

クレンジングで角栓ケアをしてみたい方にお勧めです。

 

メイク汚れか角栓か

もしクレンジングや洗顔後に白いニョキニョキがあったら角栓の可能性がありますので、無理に取り除かない事が重要です。

どちらか分からない場合はまず
○拭き取りシートやティッシュなどで軽く押し当ててみる
○メイク汚れの場合は色が付きます。
○角栓は何も付かない。

今まで何か分からず取り除いていた方は、どちらかを見極めてお肌のお手入れをしてくださいね。

もう一度お伝えしますが、角栓だった場合は無理に取り除かないで下さいね。毛穴がダメージを受けてしまいますよ。