オーガニックのミルククレンジングは乾燥肌におすすめなの?

クレンジング料でもオイルタイプやジェルなど数多くが販売されています。

中でもお肌に負担の少ないミルククレンジングは乾燥肌や敏感肌の方向けクレンジング料。ミルククレンジング料でも種類が多いので何を使用したら良いか迷ってしまいます。

ここでは私が使用して良かった乾燥肌けのミルククレンジング料をご紹介していきます。 

また、全ての方に合う訳ではありませんのでご参考までにお読みください。

ミルククレンジングとは?

ミルククレンジング料は他のクレンジング料と比べて何が違うのでしょうか。

わかりやすいようにオイルクレンジング料と違いを見ていきます。

オイルクレンジングはメイク落としに特化したクレンジング料。このオイルタイプは種類があれどメイク落としには一番優れています。

しかし、洗顔力が優れているという事はお肌に必要な皮脂も多く取り除き洗い流してしまいます。

オイルクレンジングはオイルが主成分であり、メイクも油分です。油分を取り除くには油分で取り除くしかありません。しかしこのままでは水で洗い流せませんので、ここで界面活性剤の出番です。

この界面活性剤により油分を水分で包みこんで洗い流しています。

オイルクレンジングに使用されているのはオイルがベースなので、しっかりと皮脂も吸着させて洗い流してしまう訳ですね。

では、ミルククレンジングはどうでしょうか。主成分は水です。水はメイクの油分と混ざりません。

では何でメイクを落としているかと言うと少量に配合されている界面活性剤で包み込んで落としています。ミルククレンジングは予め乳化されている(水分と油分が混ざっている)為、洗浄力はかなり落ちてしまいます。

メイクを取り除くオイルも含まれていないので、皮脂も必要以上に取り除かないのです。

乾燥肌や敏感肌の方はこの皮脂膜が少ない状態です。皮脂膜はバリア機能の一部でお肌を外部の雑菌などから守っていて、お肌の潤いも外部に逃がさないように働いています。

この少ない皮脂膜を出来るだけ取り除かないよう開発されているのがミルククレンジングです。

中にはオーガニックにこだわったミルククレンジング料もありますね。

オーガニックとは?

よく耳にするこの「オーガニック」とは何を意味するのでしょうか。

これは科学合成肥料や農薬を使用せず、大地の恵みだけで育てる有機栽培です。(多分...)

オーガニックコスメは、お肌が持つ自然治癒機能をサポートして肌本来の力を取り戻すのが役目。

こう聞くと「荒れたお肌も治してくれそう」と思いますが、いくらオーガニックでも治す力はありませんのでお間違いなく。

オーガニックコスメでも成分配合によっては合成科学成分が多くて、オーガニック成分が少量という場合もあります。

必ずしもオーガニックコスメなので、安心という事ではありません。これは成分配合表を確認する必要がありますので、選ぶ際の目安にしてみて下さい。

また、オーガニック認証を取得しているコスメを見て選ぶと間違いはありません。この認証を取得するには厳しい審査に合格しなければなりませんので、信頼できるオーガニックコスメと言えます。

「NATRUE(ネイトゥルー)」や
「ECOCERT(エコサート)」などがあります。

ミルククレンジングの洗浄力

ミルククレンジングの洗浄力は弱いと良く聞きます。これはその通りかと思います。

どちらかと言えばミルククレンジングはメイクを落とすのに特化したものではなく、お肌の事を考えて作られたクレンジング料。

洗浄力が強ければお肌に負担がかかりやすく、逆に洗浄力が弱ければお肌の負担も減ります。

どの程度の洗浄力かと言えば、ウォータープルーフマスカラは殆ど落とす事が出来ません。アイライナーなども落ちにくいですね。

そのくらいに洗浄力は弱まります。

ミルククレンジングを使用するのであれば、ミネラルファンデなどのお肌をしっかりとコーティングしないメイクをする必要があります。

しかしミルククレンジングでも中にはエステルオイルを使用したクレンジング料もありますので、ミルククレンジングとなっていても洗浄力がある程度強いのもあります。

洗顔力が強くお肌に優しいというクレンジング料は多分無いかと思います。中間の洗浄力でしたらジェルタイプでしょうか。

しかしこれもウォータープルーフマスカラなどは落ちにくいですね。

ポイントメイクなどをあまりしないならばミルククレンジングはおすすめですが、洗浄力重視ならオイルクレンジングかバームタイプを選びましょう。

コストは少し掛かりますが、エステル系オイルクレンジングでポイントメイクを落としてベースメイクはミルククレンジングを使用するという事も良いと思います。ちなみに私はこの方法で使用してます。

オーガニックだから乾燥肌でも安心?

ミルククレンジングは他のクレンジング料に比べるとお肌に優しくなります。

乾燥肌の方はやはりミルククレンジングがおすすめです。

さて、オーガニックのミルククレンジングというのがありますね。オーガニックと聞くと良さそうな印象があります。

乾燥肌の方にはこのオーガニックもおすすめです。オーガニックのミルククレンジングならば通常のものよりやや多めにオーガニック成分が配合されている場合があります。

出来るだけオーガニック認証を取得したクレンジング料を選ぶようにしましょう。

注意したいのはオーガニックと謳っていても、成分が極少量しか配合されていない事もあります。成分表を確認して選ぶようにすれば間違いが少なくなります。

また、オーガニックだからと言って必ずしもお肌に優しいとは言えません。使用されているオーガニック成分は多めになるのでアレルギー反応がある方は使用が出来ません。

パッチテストなどを行なってみると良いでしょう。

ミルククレンジング使い方

あまりにもメイクが落ちないので、使い方が間違っているのか?と思う事もありますよね。

ミルククレンジングは元々お肌の負担を軽くしているので、メイク落ちは悪いです。

他のクレンジング料のようにお肌のメイクを馴染ませていきます。この時に手は濡れていないようにします。

クルクルしていくとミルククレンジングは柔らかいテクスチャーからモッタリとしてきます。この状態になったら洗い流します。

また乳化する必要はありません。

ミルククレンジングは既に乳化されていますので、オイルクレンジングのように乳化する必要は無いものが殆どです。

中には乳化しなければならないものがあるかもしれませんが、私はそれを使用した事がありません。

洗い上がりは美容成分が多く配合されていますので、しっとりと仕上がります。エステルオイルが含まれているミルククレンジングは逆にさっぱりと仕上がる事もあります。

美容成分が含まれるクレンジング料は洗い流すので保湿などの期待はあまり出来ませんが、洗い上がりに乾燥させないような工夫なのでしょう。

ちょいと試しました

私はアルガンオイルも使用していますので、メイクが落ちるのか試してみました。

メイクは油性なので、アルガンオイルでも落ちるのではないかと思い使用してみたんです。

使用したのはスーパーウォータープルーフマスカラです。まずはアルガンオイルだけで落としてみました。

上がミルククレンジング
下がアルガンオイルを使用します。

お?!ちょっと落ちてる。とりあえず上下に1分くらい擦ったところ少しですが落ちましたよ。ただこのままではぬるま湯で洗い流す事は出来ないのです。

界面活性剤が無いからですね。

次にミルククレンジングとアルガンオイルで混ぜて併せて使用してみました。

これは混ぜる事で洗浄力の弱いミルククレンジングでも落ちるのでは?と思ってアルガンオイルとミルククレンジングを混ぜて使用してみました。

そしたらこちら
でもダメでしたね。乳化してしまってミルククレンジングのサラッとした感触が無くなり、すぐにドロっと硬めになりました。

やはりミルククレンジングはベースが水分なので、乳化してしまいます。洗浄力もあまり良くならないみたいですね。

ただ、アルガンオイル(これに拘らなくても良いです)である程度メイクを落として次にミルククレンジングを使用して洗い流すのは個人的にアリかなと勝手に思ってしまいました。

ミルククレンジングは洗浄力が弱いので、オイルを使用する事でメイクが浮きます。これを洗浄力が弱いミルククレンジングの乳化作用で洗い流す。

アルガンオイルなので、肌への負担を少なくしていますが二度手間になるかも。ベースメイクの落ちが悪い方は余裕が有れば試してみて下さい。

ウォータープルーフとかのしっかりしたメイクなどは厳しいと思いますので、軽めのメイク推奨です。

エステルオイルの配合されたミルククレンジングなら落ちるかもしれませんが、今回は出来るだけお肌に優しいもので試しました。

でも残念。ミルククレンジングを使用する時にウォータープルーフマスカラは落ちませんでした。やはりポイントメイクには専用のものかオイルクレンジング(エステル系)を使用して落としましょう。

くだらないお試しを見ていただきありがとうございました。