エイジングケア美容液はいつから使用する?年齢サインを見逃さないで

カサカサするお肌は白く粉がふいたようになったり、メイクのノリが悪くなったりとても気になりますよね。いわゆる乾燥肌ですね。

これはエイジングサインでもありますし、そうでない場合もあります。

一般的にエイジングケアと聞けば30代からとイメージする方が多いのではないでしょうか。

そんなエイジングサインの目安となる乾燥肌や目元のたるみやシワなども目立つようになってきたらエイジングケアを始めましょう。

30代からのエイジングケア美容液をご紹介する前にどのようなエイジングサインがあるのかを見ていこうと思います。

ここでのエイジングケアは年齢を重ねたお肌に潤いを与える意味となります。

なぜ乾燥肌になる?

元は乾燥肌じゃなかったのに急に乾燥するようになった!という方もいらっしゃるのではないかと思います。

肌には角質層という0.02mmの薄い層があり、潤いを閉じ込める大切な役割を持っています。

もう少し詳しくすると角質層の表面には皮脂膜があり、角質層の中には天然保湿因子(角質細胞)と細胞間脂質で構成されています。

これが全て正常に働きバリア機能が作られ潤いを閉じ込めています。

乾燥肌はこのバリア機能が崩れる事で引き起こされます。その原因をみてみましょう。

1.過度なクレンジング

メイクを落とす際に何度も擦ってしまうか、何度かクレンジングを行う事が挙げられます。

メイクが落ちていないと不安になって2回クレンジングをしていませんか?また、ダブル洗顔も洗い過ぎは良くありません。

なぜクレンジングを過度に行うと悪いのかというと、皮脂膜を取りすぎてしまうからです。

お肌に良くないと言われているクレンジングオイルも長い時間行わなければ、皮脂膜を取りすぎる事も防げます。

クレンジングオイルは洗浄力が強いので皮脂膜を落としてしまうから悪い!と言われているのは長い時間行っている事も考えられます。

過度なクレンジングは肌に優しいと言われるミルクタイプやクリームタイプも何度も行うと乾燥を招く場合もあります。

まずは長い時間クレンジングを行なっていないか、何度も洗顔していないかを見直してみましょう。

何度か行わない程メイクが落ちないという事はクレンジング料が合わないかメイクの仕方を変えるという事も考えてみましょう。

2.年齢による乾燥

これは改善する方法がありませんね。年齢による衰えは皆さん同じです。諦めましょう。

いやいや!そんな事を言ったら終わりですよね。

年齢による乾燥は肌の新陳代謝が遅くなる事で引き起こされる「肌のごわつき」や皮脂の分泌が悪く、皮脂膜が少ないなどが挙げられます。

肌のごわつきならばホームピーリングにより新陳代謝を上げる事で改善される可能性があります。

皮脂腺分泌改善などは年齢によって引き起こされるので、これを化粧品などでは改善する事が出来ません。

よく「オイリー肌だからまだ大丈夫かも」と言われているのはこの事ではないでしょうか。

しかし中には肌の水分は少ないのに皮脂分泌量が多いという方もいるので、乾燥肌でないとは一概に言えません。

皮脂分泌量は20代がマックスで30代中頃から急激に落ちてきます。

まずは保湿をする

乾燥するのはバリア機能が正常に働いてないという事はお伝えしました。

バリア機能の低下は皮脂膜の減少や角質の乱れによる細胞間脂質や天然保湿因子の減少です。

目的に合った美容液を使用する事で、肌の新陳代謝をサポートし乾燥を防ぐ手助けが出来るでしょう。(全ての方に実感出来るとは限りません)

ここでおすすめする化粧品に肌を再生させるチカラはありませんが、肌バリア機能の再生をサポートするチカラなら有ると思われます。

「化粧品なんか使用しても意味がない」と思われる方も居るでしょう。確かに間違いではありませんよね。全く効果が出ない場合もありますから。

私も若い頃は全く使用していませんでした。化粧品を使用し始めたのは30代からです。やはりこの年齢になるとシワとか乾燥が気になってくるんですよね。張りのあった若い頃に戻りたいと思ってしまいました。

ちなみに若い頃は美容液は必要ないと思います。健康な肌に余計なお手入れをすれば油分が多くなり、逆に荒れてしまう場合もありますから。

使用するなら水分の割合が多い化粧水にしましょう。

エイジングケアにおすすめな美容液

これは私が勝手に思っているんですが、エイジングケア(肌老化のお手入れ)に必要な成分はセラミドではないかと思っています。

セラミドは肌の角質層にある細胞間脂質に含まれていて、潤いを保つのに最も重要な成分です。またこの成分は年齢と共に減少していきますので、定期的に補給して潤いのある肌を保つ役割があります。

セラミドは主に9種と言われていますが、その中で積極的に取りたいのが
「セラミドNP」
「セラミドAP」です。

エイジングケアを目的とする場合は、これらが配合されている化粧品を選んでみましょう。

ヒアルロン酸とかの潤い成分もありますが、これよりもセラミドを補給する事が重要と考えます。

なぜかと言いますと、ヒアルロン酸は肌の奥の真皮にあり肌の張りを保つ役割、セラミドは角質層にあり潤いを保つ成分です。

化粧品は真皮までは届かず角質層までです。セラミドは角質層にあるので、これを上手に補給できると潤いが保てるという事になります。

また、ヒアルロン酸よりもセラミド配合の化粧品の方が高価になります。

この他、メラニン色素の還元作用が期待できる
「ビタミンC誘導体」配合の化粧品も私個人的におすすめしたいです。使い続ける事で肌のくすみが薄くなる作用も期待されます。(シミが消える訳ではありません)

この他に「ラフィノース」が配合されている化粧品もエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)におすすめです。

ラフィノースは肌の保湿を保っているラメラ構造に働き掛ける作用が期待できます。

年齢により乱れたラメラ構造を整える働きがありますので、化粧水や美容液の浸透(角質層まで)を助けたり、肌の柔軟性を高めるなども期待できます。

ヴァントルテは敏感肌の方や乾燥肌向け化粧品

ヴァントルテは京都生まれの日本製化粧品です。ミネラル豊富なチシマザサ水をベースに作られた化粧品各種はお肌に優しく成分が配合されています。

また、使用される方の事を考えて気配りの出来るメーカーかと思います。

セラミドNP、APも全てに配合されていますので、エイジングケアや乾燥・敏感肌向けとなっています。

トライアルセットもありますので、気軽にお試し下さい。

目元のたるみ、しわ

これを忘れてはいけませんね。エイジングサインの一つに目元のたるみ、目元のシワがあります。

鏡を見ると気づかない内に目立つようになっている事もあります。

なぜ垂水(たるみ)やシワが出来るのでしょうか。これは目元の張りが年齢と共に失われ、皮膚が下がる事により起こります。

皮膚の真皮の部分(角質層の下)にある肌の張りの元である
「コラーゲン」や「エラスチン」が肌の張りを保つ役割をしていますが、年齢と共に衰えていき肌の張りが失われていきます。

コラーゲンは女性ホルモンも関係しており、卵胞ホルモン(エストロゲン)が衰えてくるとコラーゲンの生成が悪くなり肌の張りが失われていきます。

大豆イソフラボンは体内で「エクオール」という物質に変化し、エストロゲンをサポート働きがあると言われています。

肌の垂水により目元のシワが出来やすくもなって、次第に目立つようになります。

こうして目元の垂水やシワは出来上がってしまうんですね。

この他に目元のシワが作られる原因として乾燥シワがあります。乾燥した肌は小さな小じわが出来ていきます。

この目立たない小じわをそのままにしておくと、いずれは目立つシワになる可能性もあります。対処法としては保湿をしてシワが出来るのを抑制するのが望ましいです。

また、目元の垂水が出来る事で黒クマが目立つようになってきます。これは垂水により目の下にシワの影が出来てしまうので、クマのように見えてしまいます。

垂水やシワにアプローチする目元専用の美容液はスポット的に使えるのでおすすめです。クリームタイプやジェルタイプがあります。