肌に優しいセルピュアのクレンジングオイルを使ってみた感想と特徴

今まではエステルオイルしか使用した事がなかったんですが、他の方の記事でも紹介されている油脂系のクレンジングオイルを使用してみました。

今回使用したのはセルピュアのクレンジングオイル。自分で油脂系の物を調べて買ってみました。

特徴は?

ベースはヒマワリ種子油のクレンジングオイル。肌に優しい油脂系ですね。また、テトラオレイン酸ソルベス-30のノニオン界面活性剤により水分の馴染みも良く、スルッと落とせます。

ビタミンC誘導体が配合されていますが、これは美容目的で配合されていると思いますが洗い流すので気持ち程度かな。

油脂系のクレンジング料は酸化がしやすいので、酸化防止としてトコフェロールが配合されていますね。油脂系はあまり長く保管しておけないのがデメリット。

メリットはそこそこの洗浄力と肌への負担が軽い事。乾燥肌や敏感肌の方にも刺激が少ないクレンジングオイルです。(全ての方に刺激が無い訳ではありません)

テクスチャーは?

油脂系なのでドロっとしているのかと思っていたんですが、サラっとしています。肌馴染みも良いですよ。ですが使用していたエステルオイルよりは少し重たい印象です。

色は少し黄味のオイル。グレープフルーツ果皮油が配合されているので、爽やかな柑橘系の香りがします。ん〜、私は好きかな。

メイク落ちは

今まではしっかりと落ちてくれるエステルオイルだったので不安はあったのですが、ナチュラルメイクの私には全く問題無く使用出来ました。

エステルオイルと変わらずにスルッと落とせますよ。ただ、濃いめのメイクやウォータープルーフなどの場合はエステルオイルよりも少し落ちが悪くなると思って下さい。

それ程濃くないメイクならもうこれで十分ですね。いや〜、こんなに簡単に落ちて肌にも負担が少ないなら早めに油脂系にすればよかったかな。 

肌に優しいと言っても、絶対に荒れたりはしないということではありませんので使用して合わないときは違うクレンジング料に変える事も必要です。


洗いあがり

エステルオイルだと肌に残ってヌルヌルする時もあり、ダブル洗顔が必要でした。油脂系オイルはさっぱりします。

洗いあがりもすごく良いです。これは個人的感想ですが、ヌルヌルはしない気がしますね。

油脂系は肌に少し残っていても負担はかなり少ないようです。 

油脂系オイルは肌の皮脂に近いオレイン酸やリノール酸が含まれているので、エステルオイルに比べると残っていても肌に影響がほとんどありません。 

ちなみにダブル洗顔は不要です。 

しかし酸化というのを考えると、出来れば残さず落とした方が良いのかもしれません。 

クレンジングオイルを落とす時には乳化の工程は必要です。 

油脂系のクレンジングオイルとは?

油脂系のクレンジングオイルはコメヌカ油やサフラワー油、ヒマワリ油(ハイブリッドヒマワリ油)、オリーブ油などがベースのクレンジングオイルです(他にもあります)。

成分表記も一番最初に記載されていますので、わかりやすいと思います。 

ただ、二番目に記載されている成分がエステルオイルやミネラルオイルの場合は油脂ベースのエステルオイルかミネラルオイル(炭化水素油系)なので、選ぶ時は注意しましょう。 

この場合はエステルオイルの洗浄力も強くなりますので、二番目にくる成分もよく確認が必要です。    

界面活性剤も一種類配合のものを選びましょう。 

肌が弱い方におすすめ

クレンジングオイルは肌に負担が掛かるというイメージがあったり、界面活性剤が悪いなどと思われがちです。

しかし一番メイクを落としてくれるのはクレンジングオイルだと思います。メイクの油分には油分で落とすのが一番です。

ミルククレンジングやクリームクレンジングなど肌に優しいタイプもありますが、こちらは乳化がされているのでメイク落ちは悪くなり、結局は擦る回数が増えてしまいます。

クレンジングオイルは殆ど擦らず落とせますから、肌に負担が減りますよ。もちろん使って頂きたいのは油脂系オイルです。

エステルオイルは吸着性があるので敏感肌の方向きではありません。吸着するという事はダブル洗顔が必要になるからです。肌にも負担になってしまいますよね。

選ぶ時には油脂系クレンジングオイルを選んで下さいね。もしわかりにくい場合は他の方の記事も参考にされると良いかもしれません。

私は油脂系クレンジングオイルを初めて使用して、洗い終わった時にヌルヌル感が殆ど無くてとても良かったのでおすすめしたいですね。

ただ、油脂系はエステルオイルなどに比べて酸化安定性は悪くなります。日に当たる所や高温の場所に置くとすぐに悪くなりますので、保管場所に注意して下さい。色が変わったり、変な匂いがしたら使用しないように。

それでは皆様、美肌を目指す為に一緒に頑張りましょうね。

デメリット

油脂系オイルは肌に優しいんですが、注意すべきはエステル系オイルよりもクレンジング力が弱くなります。

メイクによりしっかりと落ちていない場合がありますので、クレンジング後にメイク落としなどを肌に当てて(この時擦ってはいけません)メイクが落ちているか確認した方が良いでしょう。

落ちていないままにしておくと肌荒れの原因になりますので、必ず確認しましょう。

ウォータープルーフマスカラで試してみた

ヒロインメイクのウォータープルーフマスカラを 
セルピュア クレンジングオイル
ミムラのクレンジングオイル
アテニア スキンクリアクレンズ
試してみました。

まずはエステルオイルのミムラクレンジングオイルでクルクル。
約30回程で落ちました。少し肌のシワに残っているかな。素晴らしいクレンジング力。

次にアテニア スキンクリアクレンズを試してみました。やはり30回くらいで落ちましたよ。
ん〜、優しい香りに癒される。

最後はセルピュア クレンジングオイル。
とりあえず30回。ん?落ちていない...。
もう少しクルクルしてみる。

ん〜、少し落ちたかなぁという感じ。

エステルオイルに比べてやはり落ちにくいという印象。

しかしデメリットだけではなかったよ。

ミムラのクレンジングオイルで落とした部分は少しヒリヒリする感じがありますが、セルピュアの油脂系クレンジングオイルで落とした部分はヒリヒリしない。エステルオイルより多く擦ったのに。

ちなみにアテニア スキンクリアクレンズオイルは落ちが良いのにそれ程刺激は無かったです。

やはりヒリヒリしない分、肌には優しく出来ているんだと思いますね。

ウォータープルーフを使用するならばエステル系クレンジングオイルを、ナチュラルメイクならば油脂系クレンジングオイルというようにメイクにより使い分けると良いですね。

ちなみにジェルタイプはウォータープルーフが全く落ちませんでした。

お得なトライアルセットもあります