アテニアのスキンクリアクレンズオイルを使ってみたよ

今回はアテニアのスキンクリアクレンズオイルの特徴とか使用感をお伝えしたいと思います。

アテニアはファンケルのグループでもありますね。

製品は女性らしさを表現したフォルムの容器が多い印象です。

オイルの手触り感は?

容器は花びらをモチーフにした形をしていました。ここにもこだわりが感じられます。

オイルはどちらかと言えばサラッとしていて、肌の伸びは良く固さはあまり感じられないです。固めのオイルだとドロっとした感がありますが、このクレンズオイルはそんな事は無いですね。

ファンケルのマイルドクレンジングオイルと同じテクスチャーの感じがします。画像からもわかるようにオイルの色は半透明のオレンジ色です。

このクレンズオイルは肌ステインに焦点を当てたオイルで、肌のくすみを取り除く目的もあります。

肌ステインは古い角質を指しており、これが原因で肌のキメが整っていない場合はくすんで見えるという事です。肌を明るくするには、古い角質を取り除く必要があるのではないかと開発されたクレンジングオイルなんですね。

メイク落ちは?

クレンジング力はまあまあかなと思います。ウォータープルーフマスカラを使用して試してみましたが、約50回程クルクルして落ちるくらいでした。

基本的にはポイントメイクを先に落としておいた方が良いと思いますが、これなら全て一緒にクレンジングしても大丈夫かな。

香りは?

とても爽やかな香りで、柑橘系です。手に取った瞬間から良い香りがしてきました。柑橘系が苦手な方にはおすすめできませんが、それ程強い訳ではなく優しい香りと言うんでしょうか。

限定でローズの香りが発売されていますので、柑橘系が苦手な方はそちらも良いかも。

どちらも苦手なら...ん〜、わからん。

オイルのタイプは?

アテニアのスキンクレンズオイルはエステルオイルなので、乾燥肌や敏感肌の方にはあまりおすすめ出来ないかもしれません。

エステルオイルは肌の必要な油分も取り除く可能性がある為、あまり長く肌に残すのは良くありません。

では何故エステルオイルをわざわざ使用しているのかと言うと、どれ程肌に影響があるかを知りたかったからです。

実際に使用していますが、今のところは肌荒れはないみたいです。というかわからないだけかも(肌質により肌荒れをする方も居ます)。

エステルオイルはしっかりメイクでも時間を掛けずに落とす事が出来るのが魅力。その分肌の弱い方には使用が出来ないのかもしれません。

界面活性剤が肌に負担を掛けると言われていますが、実際にはオイルのタイプだと思います。

確かにカチオンやアニオン界面活性剤であれば刺激はあるかもしれませんが、多くはノニオン界面活性剤が使用されていて肌には低刺激です。(肌の弱い方には刺激があるかも)

クレンズオイルはノニオン界面活性剤が使用されています。

洗いあがりは?

洗いあがりはしっとりではなく、どちらかと言うとさっぱりとした感じがします。

ミムラのクレンジングオイルも使用しましたが、こちらはしっとりしていました。ミムラクレンジングオイルは保湿成分の配合種類が多い為でしょう。 

さっぱりとしてメイクを落とした!って感じです。

私は肌にのせている時間が約1分以内です。これが正しいかは分かりませんが、長く肌にのせていなければご自身に合ったクレンジングの仕方で良いかと思います。 

肌ステインは落ちているのか

アテニアが注目している肌ステイン。肌のくすみの原因とも言える古い角質を取り除く事で、肌の明るさを取り戻せるよう開発されたクレンジングオイル。

実際に使用していますが、これはちょっと分かりません。使用される方によっては肌が明るくなったという方もいらっしゃると思いますが、私はあまり感じませんでした(個人的な感想です)

もしかすると肌が明るくなっていて、見た目では分からないだけかもしれません。

ファンケルグループなのでマイルドクレンジングオイルと成分が似ています。違うのは植物油の種類が多く配合されていますので、継続して使用する事でこの成分が働いて肌ステインを取り除いてくれるのでしょうかね。

香りが好きな方にオススメ

やはり一番のおすすめは女性の事を考えて作られていますので、香りも良いクリアクレンズオイル。

しっかりメイクの方やウォータープルーフの日焼け止め、ファンデーションなどを使用されている方にオススメです。

本当にメイクが良く落ちます。

柑橘系の香りで癒されたい方はアテニアを選ばれると良いかもしれません。

限定ローズの香り