化粧水や美容液の浸透を良くするには?角質ケアおすすめをご紹介

最近、化粧水や美容液の浸透(ここでの表記する浸透とは角質層までの浸透です)が悪いなぁと思っていませんか?それはもしかすると古い角質が原因かもしれません。

角質を知ることで、その重要性やケアの方法を知って綺麗な肌を目指してみましょう。

角質層とは?

角質層は約0.02mmの厚さがあります。皮脂膜により肌を刺激やホコリから守ってくれる事に加え、肌の水分を外部に逃がさないようにして潤いを保っています。これをバリア機能と言います。

角質層の内側には潤い成分のセラミドが天然保湿因子があります。天然保湿因子はブロックで、セラミドはそれを支えている接着剤の役目を果たして肌の潤いを保っています。

これにより角質層はキメ細かく均一に並んでいますが、バリア機能がなんらかの原因で崩れてしまうと水分が失われて肌の潤いが無くなってしまいます。 

この事からバリア機能、セラミド、天然保湿因子は肌にとって重要な役目を持っているのがお分かりいただけたと思います。

角質層の更に内側には外側から顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層があります。ここで詳しくは触れませんが、ここに角質層を加えて表皮とよんでいます。 

角質層は剥がれ落ちる

簡単に言うと古い角質は垢となって剥がれ落ちます。角質層が新しくなるのは約28日で基底層、有棘層、顆粒層、さいごは角質層に移動して新しい角質が作られます。

古くなった角質は押し上げられて垢となり自然に剥がれ落ちているんですね。これを肌の新陳代謝(ターンオーバー)と呼んでいます。 

これにより角質層は常に綺麗な状態を保っていますが、実はこのターンオーバーは年齢を重ねる事により作られる日数が遅くなっていきます。シミになる要因の一つでもありますし、ごわつきの原因にもなってきます。

本来シミの元は古い角質と共に肌から排出されていきますが、遅くなる事で上手く排出されずにシミとなってしまうのもターンオーバー遅延が原因の一つでもあるんです。 

浸透が悪いのは?

肌が硬くなったように感じる、ごわつきがあるというのはどういう状態なんでしょうか?

これは古い角質が剥がれ落ちず何層にも重なった状態です。厚く重なっているという事は、それだけ化粧水や美容液が浸透しにくい状態にあります。

潤いを保とうと使用してもなかなか入り込まず、効果はあまり得られません。
年齢を重ねていくと、ごわつきも出やすくなりますので、肌ケアをしていきましょう。

化粧水や美容液の浸透(角質層まで)が悪い原因の一つとして角質の肥厚化があったんです。

化粧水や美容液の浸透を良くするには?

厚くなった古い角質を剥ぎ取るにはピーリングが有効とされています。また、ここでご紹介するピーリングはご自宅で出来るものです。

ピーリングとは古い角質を取り除き、新しい角質を露出させる事でターンオーバーの正常化作用が期待出来ます。

角質を取る方法はポリマーにより古い角質を絡め取るジェルタイプや優しい泡で低刺激な石鹸タイプ、ピーリングと少し違いますが植物種子を砕いたものを使用して取り除くゴマージュなどがあります。

ご自宅で使用するピーリング剤は植物酸などを使用したAHA(アルファヒドロキシ酸)が主に使用されます。

BHAというのもありますが、これは主に医療機関で使用されます。もし、市販のピーリング剤に配合されていても配合量は決められていて、極少量です。ほとんど効果はありません。
     

肌荒れの時はピーリングをしない

肌荒れをしている時にはジェルタイプでポリマー成分配合などのピーリング剤は使用しない方が良いでしょう。更に酷くなってしまう場合もあります。

私はあまりジェルタイプのピーリングはおすすめしません。

敏感肌の時に使用するのであれば、石鹸タイプがおすすめですが、何でも良いのではなくピーリング成分の少ない物を選びましょう。

石鹸タイプがおすすめと書いてますが、敏感肌は角質のバリア機能の乱れや元々角質層が薄い方に起きるものです。出来ればピーリングは行わずに肌ケア(保湿をするなど)をする事が重要と考えます。

石鹸タイプはジェルタイプに比べて肌に優しく成分が配合されているのでおすすめです。

ただし、石鹸タイプはアルカリ性で洗浄力が強い場合もあるのでピーリングを行う時はあまり長く肌につけておかないようにしましょう。肌荒れの原因に事もあります。

ピーリングも肌の状態に合わせて選ぶのが基本です。

また、取り除く方法の他に角質を整えて化粧水や美容液の浸透を助けてくれる角質柔軟美容液というケア用品もあります。導入美容液ですね。

こちらもお肌には優しくなっていますので、角質を取り除く時に刺激が強いという方におすすめ。

ですが厚くなった角質には取り除くピーリングが有効である為、浸透が良くない時は肌の状態を見ながら行なってみましょう。

ピーリング後の肌ケア

ピーリングを行なった後は、デリケートな状態。そのまま紫外線を浴びるとシミも出来やすくなる事もあったり、そのままにしておくと乾燥肌の原因にもなる可能性があります。

出来るだけピーリングは夜に行い、その後は化粧水や美容液でケアする事が重要です。

私は試しにピーリング後に何もしないでいたら、肌がカパカパ(カサカサ?)してしまいました。

ですが、その後は肌の修復機能が働いたのか、しっとりと戻りましたよ。これは多分皮脂が過剰分泌して乾燥を防ぐ為かと思います。これを続けると角質が厚く重なっていくんでしょう。

とても肌に良くない事をしましたので、その後しっかり保湿ケアしましたよ。

必ずピーリング後には保湿ケアを行いましょうね。

ピーリング順番

通常はクレンジングの後に行いますが、製品により異なりますので使用方法に従って使いましょう。

ピーリングは角質を取り除きますが、頑張って取り除こうとして擦りすぎたりしてはいけません。必要な皮脂や角質まで傷つけてしまい、乾燥肌になったり、刺激を感じたりしてしまいます。

マッサージを行うように優しく指のお腹でクルクルと回しながら取り除いていきましょう。

泡タイプは泡で洗顔するようにします。この時、手で擦らないようにします。

私がピーリングを行っている時間は大体20〜30秒以内を目安にしています。本当に短いです。

また、使用頻度は毎日行いたくなりますが、1週間、又は2週間に一度から二度とくらいが目安です。
もし、ピーリングを正しく行なって肌荒れが出た場合は使用を中止しましょう。

重要なのは角質ケア

美容液の浸透が悪いのは角質の肥角化やキメの乱れによる事が考えられます。

古い角質を取り除くピーリングは肌荒れの原因でもあると言われていますね。

これは肌の状態や使用頻度、擦り過ぎなども考えられます。もちろん成分が合わない方もいらっしゃると思います。

ピーリングをする時は
○敏感肌の時は極力使用しない 
○使う頻度を見直す 
○擦り過ぎない 
○美容液などの浸透(角質層まで)が悪い場合に使用する                                                       

などに気を付けて使用していただければと思います。

ピーリング後は気持ち良いくらいにサッパリします。美容液や化粧水などの浸透(角質層まで)の違いも感じられるかと思いますが、中には全くダメという方もいらっしゃるかと思います。
これは個人により感じ方は違いますので間違いではありませんね。

これは私が実際に使用してみて感じた事なので、ここでお伝えしました。

私は一ヶ月に一度くらいにピーリング石鹸を使用してますが、今のところは肌荒れが無いようです。

鼻の頭がザラザラしたら使用してます。いい感じでツルツルになります(これは個人的な感想であり全ての方が同じにはならないので、ご参考までにお願いします)。 

濃密泡でピーリング

ピーリング石鹸は様々ありますが、中でも枠練り石鹸は機械石鹸と違い職人さんの手により作成された信頼出来る一品です。

エクセレントメディカル
プラスソープHQは職人さんの手により作られた枠練り石鹸の一つです。

漆黒の色をした石鹸ですが、これはお肌の汚れを洗浄する作用が期待できるによるもの。

これによりお肌の汚れを洗い流し、すべすべにする効果が期待できます。

泡立ちもきめ細かな濃密泡で優しくお肌を包み込んでくれます。
泡立ちネットを使用すれば効率良く泡立てられます。

ハイドロキノン配合

ハイドロキノンは本来医師がシミを薄くする目的で処方します。化粧品に配合されている場合は濃度に注目しなければなりません。

この成分は高濃度で配合すると肌に刺激を与えますが、プラスソープHQは1パーセント未満の配合で整肌目的で使用されています。

肌を整え後に使用する化粧水や美容液の浸透(角質層まで)を助けてくれる役割りがあります。

短期使用で期待しない

短期間で汚れや古い角質を取り除こうと思わない事です。

美容皮膚科で行うケミカルピーリングと違い、ホームピーリングはかなり作用が弱くなります。(それでも刺激を感じる方はいます)

洗顔する場合は一度に長く行わずに短時間で洗浄します。洗顔する時間は約20〜30秒位で洗い流します。

これを長く行うと石鹸タイプはアルカリ性なので洗浄がある程度強い為、皮脂や必要な角質にまでダメージを与えてしまう場合もあります。

短時間で行い、回数を重ねて使用すると良いです。また、毎日は行わず週に一度や二度位に行うのが理想的です。

回数を多くすると肌に負担が掛かりますので、すぐに効果を実感しようとせずに約一か月位はじっくりと行いましょう。

使用後は肌が水分を欲しがるので、保湿をお忘れなく。

楽天でレビューを見てみよう



こちらも読んでね。