乾燥肌でも使えるクレンジングのおすすめは?

乾燥肌は水分が足りない状態。でも、その原因はクレンジング料の使い方にもあります。

メイクが落ちていないかもしれないと思い、擦り過ぎるとお肌に必要な皮脂を取り除き過ぎてしまう事です。

クレンジング料にも種類がありますので、特に乾燥しやすい方に洗浄力の強いオイルクレンジングは皮脂を取り除き過ぎる場合もありますね。

また、乾燥肌になる原因はクレンジング料や使い方の間違いだけでなく、年齢を重ねる事でも乾燥肌になりやすくなります。

年齢を重ねるとお肌の潤いに必要な成分の生成も少なくなってくる為です。

クレンジングを行った後に乾燥しやすい?と思ったらクレンジング料を変えてみるのも良いでしょう。

乾燥肌とは

乾燥肌とはお肌の水分量が20%以下になると乾燥肌と言われています。

お肌には水分を保っている一番表層の角質層があり、この層の厚さは約0.02mmです。ここのラメラ構造により潤いが保たれています。

簡単にご説明しますと、このラメラ構造には潤い成分であるセラミドが含まれています。

角質層が過度のクレンジングで傷ついたりすると潤い成分が外部に逃げてしまい、乾燥を招くという事です。

オイルクレンジングは洗顔力が強いですが、ポイントメイクを落とすだけなら乾燥肌の方も使用出来ますね。ポイントメイクは落ちにくいので、オイルクレンジングで落とすのが一番です。

クレンジングは低刺激のものを使用する

これはもうお分かりだと思います。肌が乱れている時に洗浄力の強いクレンジング料を使用すれば肌は荒れる一方ですね。

でもどのタイプを使用したら良いか分からない方もいらっしゃると思います。では洗浄力が強いクレンジングはどのタイプ?

オイルタイプ

これは洗浄力が強いので、肌が荒れてない状態での使用がおすすめです。しっかりメイクの時はオイルタイプを使用するとメイクの馴染みが良く素早く落とせますが、肌負担は大きくなります。

乾燥肌や敏感肌の方向けではありません。

バームタイプ

半固形タイプで、肌に乗せて広げていくとオイルのようにトロっとしたテクスチャーに変化します。保湿も同時に行えるので人気のクレンジング料。

洗浄力はオイルよりやや劣りますが、それでも乾燥肌にはまだ強い方です。

ジェルタイプ

こちらはドロッとしたジェルで、洗浄力は中程度。マスカラなどはあまり落ちません。洗い上がりの保湿感も高いクレンジング料。

種類によりますが、テクスチャーはかなりドロっとしています。洗い上がりはさっぱりというよりはしっとりと仕上がり保湿感が強いので好みが別れます。

乾燥敏感肌におすすめのクレンジング料

先に紹介したタイプも使用出来ますが、より低刺激で優しく使えるタイプがあります。(全ての方に刺激がない訳ではありません)

ミルククレンジング

メイクを落とす界面活性剤と乳化がされているので、低刺激で肌に比較的優しいクレンジング料。お肌の油分を必要以上に取り除く事は無いので乾燥肌にもおすすめ。保湿成分の配合が多いので洗い上がりはしっとりとします。

テクスチャーは化粧品メーカーにより様々ですが、サラリとしたトロみがありますので肌馴染みが良くストレスも殆ど感じないものが多いです。

乳化され界面活性剤の量も比較的少ないので肌への負担は優しくなります。

保湿成分の配合量が多いので洗い上がりはしっとりとするものが多く、乾燥肌だけでなく敏感肌の方にも使用出来るものがあります。

ただ全てのミルククレンジングが良いのか?という事ですが、やはり成分の配合も視野に入れる事でより良いクレンジング料を選ぶ事ができます。

配合成分表の最初に表記されているもの程、配合量が多くなりますので1〜4個目位までは確認すると良いでしょう。

ミルククレンジングが苦手だと言う方もいらっしゃると思いますので、その場合はクリームクレンジングも視野に入れると良いでしょう。

クリームタイプはテクスチャーは硬めで、油分が多めのクレンジング料。始めから乳化されていますので、ミルククレンジングと同じくお肌に比較的優しくなっています。

肌に優しいけどクレンジング力は弱くなる

お肌に優しくクレンジングが出来るのは乾燥敏感肌にとっては嬉しい事。ですが、クレンジングクリームやミルククレンジングのデメリットもあります。
 
肌に優しいからと言って、ついクルクルと洗い過ぎる場合もありますがこれは逆効果。

肌に優しくても洗い過ぎると必要な皮脂も取り除いてしまうのは他のクレンジング料と同じ事です。擦り過ぎには注意が必要です。
 
通常クレンジング料はメイクを落とす為クレンジングクリームやミルククレンジングは乳化がされているのと、界面活性剤の配合量が少ないのでメイクが落ちにくくなります。
 
優しいクレンジングと言っても使用する方により合わない場合もありますし、メイクが落ちにくいので洗い過ぎて乾燥肌になってしまう事もあります。

ウォータープルーフマスカラはかなり落ちにくくなります。

メイクは薄めに

濃いメイクにするとクレンジングの時に肌への負担が高くなりますので、メイクを出来るだけ薄めにして負担を減らすには良い方法です。

ミルククレンジングはメイクの種類によりますが、BBやCCクリームも落ちにくい場合もあります。また、ケミカルファンデなども落ちにくい時があります。

ミルククレンジングはお肌に負担が少なく分、かなり洗浄力が弱いです。

もしWPマスカラやリップなどを使用した場合はポイントメイクリムーバーやクレンジングオイルで先に落としておくと良いですね。

お肌に合わせたクレンジングやメイクや種類を変える事でかなり負担が軽減できます。

お水などで簡単に落とせるミネラルファンデなどを使用してみましょう。


ミルククレンジングオイルのおすすめ

ミルククレンジングと言っても多く販売されているので、どれを使用したら良いかわかりません。

私がおすすめしたいのはこちら

○ヴァントルテ

ヴァントルテは京都生まれの化粧品ブランド。

敏感肌や乾燥肌の方に向けて開発されているミルククレンジングもベースとなるのは「サトウカエデ樹液」。メープルウォーターと言われる事もあります。

これは乾燥肌には優しく、潤いを与える命の水とも呼ばれています。トロみのあるテクスチャーですが、サラっとしていて肌馴染みが良いクレンジング料です。

この他、セラミドが3種配合されていますので程よく潤いを与えながらクレンジングが出来ます。

洗い流してしまうのであまり保湿に期待はできませんが、保湿成分が配合される事でしっとりとして、つっぱり感も少ないので乾燥肌におすすめなクレンジング料です。

○ヴェレダ

ヴェレダはスイス生まれのオーガニックコスメ。veledaという女性司祭の名前を由来にしてるそうですね。

ヴェレダはお肌の負担を最小限にし、余計な成分を極力排除した乾燥肌の方向けミルククレンジングです。

徹底した品質管理の元で使う方へ向け製造されているので、限りなく自然に近い化粧品の証のある「ネイトゥルー認証」を取得出来ているんです。

クレンジング料だけではなく、洗顔料やボディオイル、ハンドクリームなども製造されています。

ワイルドローズをベースに作られた化粧品を安心して使用出来るのは「ヴェレダ」です。本物のオーガニックコスメを体感してみて下さい。

ワイルドローズトライアルセットもありますので、こちらから始めみるのはいかがでしょう。