乾燥肌の時はセラミドが良い?おすすめ美容液は?

空気が乾燥するとお肌も乾燥すると思っていませんか?ですが肌の新陳代謝が働き、皮膚のバリア機能が正常であれば空気が乾燥してもお肌は乾燥しないんです。

バリア機能とは?

肌には皮膚を外側の刺激から守り、肌が表面の潤いを保つ角質層があります。その他の層で顆粒層、有棘層、基底層が有りますが角質層は一番外側の層になり、全ての層を合わせたのが表皮と呼びます。

この角質層は0.02ミリという薄い層になっています。さらにこの薄い層には皮膚を外部から守ってくれる役割と内部の水分を逃さないようにしている皮脂膜があります。

そして皮脂膜の中には皮膚の潤いを保つ大切な成分の角質細胞とそれを繋ぎ止めている細胞間脂質で構成されています。角質細胞はブロックで細胞間脂質はセメントのようなもので、綺麗に並んでいます。

これが0.02ミリの薄い中で構成されているのだから驚きですよね。

バリア機能とは角質層の表面に皮脂膜がある事により外部からの刺激や内部の潤いを逃がさないように保っています。

乾燥肌にならない為には細胞間脂質が重要

肌の潤いを繋ぎ止めている細胞間脂質の成分はセラミドという成分で、一度は聞いた事があるかもしれません。

このセラミドが重要なのは構造にもあります。セラミド内部には水分が挟み込まれていてサンドイッチ状態にする事で水分を逃がさないようになっています。これがラメラ構造です。

セラミドとセラミドの間に水分が挟み込まれているので、空気が乾燥していても肌の潤いを保っているのはこの為です。細胞間脂質は潤いを保つのにとても重要な役割を果たしています。

乾燥するというのは角質層の皮脂膜が無くなり、角層が乱れ、細胞間脂質(セラミド)などの水分が外部へ逃げる事で皮膚の層が崩れてしまいます。これにより角層が崩れて乾燥肌となります。ブロックのセメントが無くなり崩れるイメージです。

こうなると外部からの刺激分が肌に入り込み、痛みを感じるようになります。また、カサカサするのもこの為です。

この他、乾燥肌になるのは年齢を重ねる事で細胞間脂質(セラミド)が上手く生成されず、乾燥肌となる場合やクレンジングのし過ぎなどもあります。

セラミドが減っていくと乾燥肌になっていきますので、生成を助ける為に美容液でサポートします。

セラミドは年齢と共に減っていく

肌の潤いに重要なセラミドですが、残念ながら年齢と共に減少していきます。

これは肌の新陳代謝が低下する事で減少していきます。年齢と共に減っていくのは異常ではなく、むしろそれが正常です。

そこで少しでも手軽に補給する事の出来るものがセラミド配合の美容液です。

セラミド配合の化粧水ではダメなの?とも思いますね。

勿論効果が無い訳ではありませんが、目的に合わせて効率良く改善していくにはスポットに合わせて成分配合された美容液が有効です。

セラミドは保湿を保つ為には重要な成分です。まず、年齢により乾燥が気になる方はセラミドが配合されている美容液を使用するのがおすすめです。

ヒト型セラミド配合美容液は肌の成分に一番近い?

肌にあるセラミドはとても大切な役割りをしているのはなんとなくお分かりいただけたと思います。

肌の保湿成分であるセラミドは数種類存在します。

スキンケア用品にもセラミド配合のものがありますが、これにも大きく分け4種類あります。
  1. 天然セラミド 
  2. ヒト型セラミド 
  3. 植物セラミド 
  4. 合成セラミド 
この中でもおすすめなのが、天然セラミドとヒト型セラミドです。 

天然セラミドは動物から抽出されたセラミドで皮膚のセラミドに近く浸透力にも優れています。
表記はセレブロシドなど


ヒト型セラミドは皮膚のラメラ構造の形成を助ける役割やバリア機能の形成を促進する他、浸透力や保湿力に優れています。最近はヒト型セラミドの研究も進み、更に浸透力に優れたものも出来ています。(浸透するのは角質層まで)

また、ヒト型セラミドは水分に溶けにくい為、化粧水では無く美容液で補給します。
表記はセラミド1、セラミド2、セラミド3など。

エイジングケアならヒト型セラミド

エイジングケア(年齢に応じた肌のお手入れ)の目的で使用するならばヒト型セラミド配合の美容液がおすすめです。

年齢により皮膚の潤い成分であるセラミドが徐々に減少し、生成も遅くなってきます。

加齢と共に衰える肌のセラミドに近いヒト型セラミドならバリア機能の形成を促し水分の蒸発を抑え、効率良くセラミドの形成を助けてくれる作用が期待出来ます。

浸透力も高く(浸透は角質層まで)、刺激も少ないので、乾燥や刺激が気になる方におすすめですが、全く刺激が無いという事ではありませんので、刺激が強い場合は使用を中止しましょう。

セラミド表記されていても植物セラミドや合成セラミドなどもありますので、こちらよりはヒト型セラミドの成分のものを使用しましょう。

ヒト型セラミドの成分表記はヒトセラミド1とか2などと表記されますが、一番補給したいのがヒトセラミド3(NP)と6(AP)です。

ヒトセラミド1と2はあまり減る事は無いのですが、3と6は年齢と共に減っていってしまいます。これが減少すると肌の潤いはなくなり肌老化の原因にもなります。

ですから肌より補給する事が必要になってくるのですね。間違わないでいただきたいのがセラミド配合の化粧品を使用しても生成させる訳ではありません。あくまでも潤い成分の補給と考えましょう。

配合されている成分がヒト型セラミドなのか他のセラミドなのかを見分ける為にも成分表に気を配るようにしましょう。

ヒトセラミド○と表記されています。ただ化粧品により配合濃度は違うので、表記されていても配合濃度が少ないものと濃いものがあります。
出来るだけ成分表の最初に表記されている化粧品を選びましょう。

クレンジングと一緒にセラミドも落としている?

化粧を洗い流すのにクレンジングをすると思いますが、実はこのクレンジングと一緒に大事なセラミドまで洗い流している可能性もあります。

クレンジング料には界面活性剤が配合されていますので、肌を擦り過ぎでメイクと一緒に洗い流している場合もあります。

界面活性剤はメイクを落とすのには必要な成分です。この成分が無いとメイクも落ちにくくなりますから必要な成分でもあるんですよね。

クレンジング後に乾燥したり、つっぱり感がある場合は余分に潤い成分が洗い流されている場合もありますので化粧水や美容液で潤い成分を補給してあげましょう。

クレンジング料が合わないという事も考えられますので、別のクレンジング料にしてみるのも良いですよ。

美容オイルは乾燥肌やブースターにおすすめ

乾燥肌に使用するのは化粧水や美容液だけではありません。美容オイル(ピュアオイルとも呼ばれます)をご存じでしょうか。


美容オイルは主に植物から取れるオイルの事を言います。このオイルも様々な種類があり、原料により用途など多少異なります。


ですが保湿というよりはエモリエント(水分を逃さないように閉じ込める)作用はどのオイルも持っています。

 

エモリエント作用だけではなく肌を柔軟にする作用も持ち合わせておりブースターとしても活躍が期待できますので、化粧品の浸透(角質層まで)をサポートするのに使用できます。

 

おすすめは抗酸化に優れたオリーブオイル、アルガンオイル、ホホバオイルです。食用オイルではなく化粧品用のオイルを使用しましょう。

 

ただオイルにより合う合わないがありますので、ご自身に合ったオイルを見つける事も必要です。

 

セラミド配合トライアルセット

・ヴァントルテ

ヴァントルテからお得なトライアルセットにセラミド(セラミドNP、AP、EOP)配合の化粧品。乾燥肌や敏感肌向けです。

ヴァントルテからトライアルセットを購入してみました。もし購入するのが不安な方はこちらも読んでみてください。

・エトヴォス

エトヴォスのトライアルセットは石鹸とセラミド配合化粧品、そしてホワイトニングクリアセラムがセット。このセットだけで保湿、美白のお手入れが出来ちゃいます。

ピュアオイルならメルヴィータ

フランスのオーガニック認証ブランド「メルヴィータ」。オーガニックの国際認証機関「エコサート」を取得しているので安心感が違います。様々な美容オイルを取り扱うので目的やお好みで選べます。

お肌に優しい生せっけん

洗顔料にも合成(石油)界面活性剤が含まれていますが、ルアンルアンの「生せっけん」は不使用(天然界面活性剤配合)で作られています。


しかもその使い心地は癖になる柔らかさとしあクリーミーな泡立ちで皮脂汚れを優しく除去。美容成分を多く含んでいるので柔らかい石鹸に仕上げています。という事は洗い上がりもしっとりと仕上がり、石鹸のイメージが変わります。