iPhone・スマホは衝撃吸収ケースで守っちゃおー

手がすべって携帯を落としてしまう事ってよくありますよね。「あっ!」と思って拾いあげた時にはもう遅く、携帯の端が割れてしまっている。そんな時から守ってくれるiPhone用のケースをご紹介します。

端末を落としてしまう時はどんな時?

これはポケットに入れておいた時に多いのではないでしょうか。走ったり、前に屈んだ時にポロリと落ちてしまい自分の足で踏んだり、最悪トイレに落としたりなんてことも。


他にも落としてしまうシーンは多々ありますが落ちたときには端末が破損してないか心配になりますよね。


対策としてはストラップを付けるかすれば落下を防ぐことも出来ますが、首に下げるよりもポケットやバックに入れて持ち歩く方が多いので端末ケース需要が高くなっています。


URBAN ARMOR GEAR

URBNAN ARMOR GEAR

(以下UAG)はカリフォルニアで設立・開発されたブランド、UAGの優れた耐衝撃機能は全世界から高評価を受けています。また他には無い使いやすさや独特なデザインに仕上げています。アメリカの製品落下試験もクリアした頼れるモバイルケースとなっています。

スタンダードな機能の物から手帳型まで

iPhone X、XS対応の物はタイプが5種類あります。

  • PATHFINDER・PLASMA
  • TROOPER
  • MONARCH
  • METROPOLIS
  • PLYO

共通の特徴としては耐衝撃構造はアメリカ国防総省が定めた試験法規格(122cmの高さから落下、26方向からのテスト)クリアにより端末を保護します。特に角の衝撃には強い耐性を持たせています。画面の縁は盛り上がらせた設計で液晶画面を守ってくれますので万が一画面が下になって落下しても安心できます。素材は3層構造(MONARCHは5層構造)で作られているにもかかわらず驚くほどの軽量化を実現。


・PHTHFINDERとPLASMA

主にケースの色が変わります。


・TROOPER

デザインが変わり、上記製品にクレジットカード(4枚)が追加され収納可能になっています。


・MONARCHI

素材が更に軽量となり一部レザーを採用。またこの製品のみ10年保証が付いています。


・METROPOLIS

手帳型ケース。


・PLYO

衝撃耐性を保ったままのシンプルデザインケース。

デザインで好みが分かれる

独特なデザインや機能性に優れてUAG。このデコボコ感が好きになれれば選ぶ価値はあると思います。どちらかと言えば男性向きなのかと思いますね。「デザインがちょっと」と言う方はシンプルなデザインのも製品化されているので好みで選んでみてはいかがでしょうか。

・LIFEPROOF for iPhone x

防水・防塵・耐衝撃を重点にして作られたモバイルケース。iPhone X用は3種類ありますのでその優れた機能を見ていきましょう。

・FRE

防水・防塵・防雪・耐衝撃を兼ね備えた高性能ケース。防水機能は水深2mまで対応しアウトドアでの使用やうっかり水に落としてしまっても安心。耐衝撃は高さ2mから落としても端末を守ってくれます。ケースにヒビは入る場合もありますが端末は守ってくれます。耐衝撃の無いケースは普通ポケットから落としただけでも壊れるのにねぇ、ありがたや。

 

カメラ部分には光学ガラスレンズを採用しクリアな写真撮影を実現しています。防水ケースの場合、仕様によっては撮影が綺麗に取れなくて「あぅ~...」って.................なりませんょ。ん、なりません。

 

Sound Enhancement Systemにより密閉式ながら高音質での視聴を実現。充電もケースを付けたまま可能です。背面はクリアバックウィンドウによりAppleのロゴが見えるデザインとなっています。

後面と前面から端末を守る

カバーは前カバーと後カバーに分かれています。これに設置し端末を全てカバーする事で保護性能を向上させています。

少々ケースは厚めで手に収まりにくいかも

保護機能を充実させてしまうとどうしてもケースの部分に厚みがでてしまいます。LIFEPROOFも同じく普通のケースに比べるとサイドに厚みがあります。

人によっては手に収まりにくかったりしますので、この部分を考慮して選ぶ必要があります。ただ端末保護性能は優れているので良く落としがちな方には強い味方となりそうですよ。

NEXT

FREと同じく防塵・耐雪・耐衝撃性能を持ったケース

FREとの違いは?

こちらのケースには防水機能がありません。裏面と前面はカバーで保護されて多少の水滴なら防げますが、水の中に落としたりしないように気をつける必要があります。