足のむくみに着圧ストッキングや着圧ソックスの効果とデメリット

私はダンナです。


嫁ちゃんのダンナです。


なんで男性がストッキングに詳しいのかは考えないで下さい。


嫁は足が浮腫みます。


なので着圧ストッキングを買いました。


私は履きません。


さて、足のむくみを軽減するのに効果的な着圧ストッキングや着圧ソックス。


それらを身につける事で、どのように変わるのでしょうか。


また初めて使用する方にも選び方を記載しましたので、ご参考下さい。

着圧ソックス・着圧ストッキングとは?

足が浮腫んでいると重く感じてきます。


運動すればある程度軽減するのだけれども、それは面倒。


だからもっと手軽に浮腫を軽減出来るものが欲しいですよね。


本当は改善する努力をしなければ、足の浮腫みは繰り返しますが面倒なんです。


運動が。


運動なんて面倒くさい!それにそんな時間が無い、という方の為にあるのが着圧ストッキングやソックスですよね。



これらは手軽に足のむくみを軽減してくれます。


期待出来る効果としては、血行を促進する作用があります。


何故血行が良くなると足のむくみに良いのでしょうか。


血液には水分が含まれていますが、足筋肉、筋ポンプ作用が弱まると血流が滞ってしまいます。


デスクワークや立ち仕事のように同じ体勢でいる場合は、足の筋肉をあまり使わないので浮腫みが起こりやすくなってきます。


着圧シリーズは筋ポンプ作用を助ける事で足に水分が溜まりにくくなり、結果としてむくみにくくなるという事です。


また着圧ストッキングやソックスのメリットやデメリットを知る事で選びやすくなると思います。

メリットは?

まず勘違いしていけないのは、着圧ストッキングや着圧ソックスを使用し続けても足痩せの効果は殆どありません。


しかし、足を細く見せる効果はあります。
 

使い続けて足が細くなったように見えても一時的なもの。
 

本来の足の太さは運動やマッサージなどを併用して行う事がおすすめです。
 

では着圧ソックス、ストッキングは使用しても意味がない?
 

そうでもありませんよ。


着圧ストッキングや着圧ソックスは足が痩せているように見せる効果はあり、正しいサイズ・圧力を選択すれば無理なく足に負担を掛けず、血行の流れを助けてくれます。
 

血行やリンパ液の流れが良くなると足が軽いと思うようにもなりますし、それにより足のむくみが軽減されるようにサポートしてくれます。


着圧ストッキングならお尻の方まで圧力がありますので、お尻を引き上げて引き締めて見せる効果もあります。


中にはお腹周り、特に下腹にも引き締める設計になった着圧ストッキングもありますので、下っ腹が気になる方は使用してみると良いでしょう。


着圧ソックスならもっと手軽に履いたりも出来ますので、着圧をお試ししたい方は着圧ソックスからが良いですよ。
 

最近ちょっと足がダルいとか重いと感じる場合は着圧ストッキングやソックスを使用してみるのも良いでしょう。


また使用するのは浮腫んでから使用するのではなく、予防目的として使うと効果があがります。

着圧シリーズのデメリット

慣れないと、とても履きにくい!


ストッキングは腰まで上げないといけないので、ちょっと大変かもしれません。


冬なんかはストッキングを履いた上に着圧ストッキングを履く事で多少は履きやすくはなります。


ただムレやすいのがちょっと困ります。


また使用する方によっては素材が合わない場合も。

 
素材は製品により異なりますが、ナイロンやポリウレタン、シルク、綿などがあります。

 
綿などは比較的肌に優しいのですが、皮膚の弱い方もいらっしゃいますので、赤みや痒みが出る場合もあります。

 
通常のストッキングはナイロンやポリウレタンが使用されています。この肌触りが苦手!という方もいますよね。

 
そんな方は綿で覆われているものなどを使用してみましょう。


綿素材の着圧ソックスなどは昼間用はもちろんですが、夜用も多くあります。


しかし素材によっては直ぐにだるだるになる物もあります。

 
この他、弱い圧力では効果が薄れて全くむくみに作用してないとか、逆に圧力が強すぎると締まりが強すぎて気分が悪くなるという場合もあります。
 

ただしこれは極端に合わないものを選んだ場合です。


自身のむくみに合わせた圧力を選ぶ事でストレスなく履き続ける事ができて、仕事中も足のむくみが軽減されると言う方は多いですよね。

 
寝る前には寝る前用の着圧ソックスを使用するなど正しく選びましょう。
 

着圧ストッキングを嫁が履いてみた

下の着圧ストッキングは足首圧34hpaでかなり強めの設計。ふくらはぎは23hpa、太ももは17hpaとなっています。

 
ハイソックスタイプならば33hpa、太ももは23hpaというのもあります。

 
どちらも申し分ない圧力で足首の血流を助けてくれます。
 

下の画像の素材はライクラファイバーにナイロンを特殊な編み方で巻いているので、通常のストッキングよりもサポート力がアップしています。

 
ライクラファイバーは元の長さより約4〜7倍の伸長性能と、伸びても元の長さに戻る性能があり伸縮にも強い素材です。

 
ストッキング素材ですから、合わない方もいらっしゃるかもしれませんね。

これが購入した着圧ストッキングで

「魔法のキュットスリムPRO」になります。


普通のストッキングに見えますね。


これで140denです。まぁあまり透けてる感じはしないのですがどうでしょうか。


足首着圧が29hpaくらいですが、あまり締め付けられている感は少ないですね。


もう少し強めの34hpaの方が良かったかな。


今回はストッキングタイプを購入したんですが、お尻周りも着圧されて嫁の下がった部分もヨイショしてくれてます。


また、デリケートゾーンは着圧されないよう工夫がされているのも嬉しいポイント。


でもストッキングなので履く時は慣れが必要かもしれません。


嫁ちゃんは履くまでに5分くらい掛かりました。


とてもキツイらしく、なかなか脹脛(ふくらはぎ)まで履けなかったみたいですね。


ソックスタイプならもっと簡単に履けるんでしょうけど。


ただ着圧ストッキングはお尻も引き上げて綺麗に見せる効果もありますので、ちょっと引き締めたい時にいいですよ。


続けてみた実感としては足が大分楽になったと言ってましたよ。


まぁ個人差はありますけど、着圧シリーズはそれなりに効果が期待出来そうですよ。


やはり着けていない日との差はでますね。


毎日使用するので、何枚か持っていた方が良かったかもと思うのと圧力の違うものを用意しておいた方が良いかもしれません。


その日により足のむくみが違ってきますからね。


下半身をキュッと引き締めたい時には着圧ストッキングタイプが良いと思います。


嫁はストッキングとソックスを使い分けしてますが、効果はあるのかと聞かれたら「使わない時よりは足が軽くなる」という実感はありました。


マッサージなども家で毎日ではありませんが行なっています。


足のダルさは無くなるという事はありませんが、着圧シリーズを使用する事でこの足のダルさはかなり緩和されるようですね。


人により実感する感覚は違いますが、使わない時よりもマシになります。


あとは選ぶ圧力を自身に合ったものを選ぶ時に分かりにくいかもしれません。


私の嫁に買った着圧ストッキングですが、一回目が合わずに買い直ししました。


間違いもあるさ。


足の筋力を付けると改善されるらしいですが、なかなか難しいんですよね。


なので手軽に足のむくみを緩和出来る着圧ストッキングやソックスは便利アイテムかなと思います。


立ち仕事やデスクワークの方が使用するには、ストッキングより履くのが比較的簡単なハイソックスタイプ。


使い方としては足がむくんでから使用するのではなく、浮腫む前に予め履いておくと良いですよ。

オープントゥータイプは就寝前におすすめ

就寝時は着圧が弱めのものを使用します。

 


またムレが気になる方にはオープントゥータイプが人気です。



履きやすくなるのもオープントゥータイプの特徴で、着圧の低いものを選べば寝る前に履いて朝もスッキリ。



足首が12hpaくらいの軽めが良いでしょう



一日の疲れを就寝中にサポートします。



全ての方に効果がある訳ではありませんが、朝起きてみると足の軽さに感動します。


着圧ストッキング・着圧ソックスの選び方

着圧ストッキングと弾性ストッキングがあるのはご存知でしょうか。


一般的に着圧ストッキングは市販のもので、治療目的ではありません。


弾性ストッキングは治療目的で作られているので強度や圧力が強く、専門の医師により出されるものです。


着圧ストッキングだからと何でも選んでしまうとキツくて履けなかったなどの失敗に繋がります。


ストッキングに圧力がありますので、どの程度に浮腫(むく)んでしまうのかをご自身が把握しておく事も重要です。

 
種類もハイソックスタイプ、ストッキングタイプ、オープントゥタイプなどがあります。

 
選ぶ時は自身の足首周、ふくらはぎ周径、大腿周径を測っておきましょう。

 
基本は足首周径で選ぶようになります。浮腫んでいる時は約1〜2パーセントくらい増します。

 
着圧ストッキングの圧力は、弱圧、中圧、強圧があります。

 
圧力の単位は
hpa(ヘクトパスカル)や
mmhg(ミリハーゲ)が使用されています。

 
通常軽い浮腫みの場合は足首圧18〜20hpa以下を使用します。
 

浮腫みが中程度なら足首圧21〜28hpa
 

酷い時は足首圧29〜35hpaくらいを選んでみましょう。
 

その時により浮腫みの酷さも違うので、出来れば圧力の違うものを所持しておくと良いでしょう。


他にもストッキングにデニールという糸の太さを表す単位があります。

 
数値が大きければ糸の太さが太くなります。1デニールは9000m伸ばした糸の質量が1gとなっているみたいですね。


ちょっと想像はつきませんね。

 
浮腫み防止に140デニールのストッキングを使用したがあまり効果はなかったが、200以上のものを使用したら実感出来たなど、浮腫みの程度により使い分ける目安にもなります。
 

圧力をサポートする役目や強度などにも関係してきます。またデニールが高いと履きにくくもなってきます。
 

デニールが高いから圧力が高くなる訳ではありませんので選ぶ時は注意して下さいね。
 

一般的に糸の細いものは
ストッキング(30den未満)
太いものはタイツ(30den以上)と呼ばれています。


ちなみにデニールが高いものを使用すると透け感は殆どなくなります。
(大体100以上。あくまでも目安にして下さい)


以下からはおすすめ着圧シリーズのご紹介です。
お読み頂きありがとうございました。

シンデレラウォーク

シンデレラウォークは美容クリニックとの共同開発で誕生した着圧ストッキング。

 


特徴としては着圧ストッキングで足のむくみ対策は勿論、ガードルとしての機能も備えていますのでお腹周りやお尻のたるみにも対応してくれます。

 


足首の着圧は28hPaと十分な圧力があります。

 


お尻には引き上げベルトと3D構造のヒップポケットでお尻のたるみを持ち上げ、お腹のたるみはダイヤモンド編みの特殊構造により引き締めてくれます。

 


これらが可能なのは着圧ストッキングだから出来る事です。

 


シンデレラウォークは3枚から7日間のお試し価格となり、5枚セットならさらにお得な価格となっています。プラス豪華特典3点のセット。

 


サイズもS/L、M/L、L/LLから選べて色もベージュと黒があります。

 


セットで購入した場合は7日間以内なら返品も受付ているお得な着圧ストッキングはこちら

シンデレラウォーク

ソックスタイプ

ストッキングでは足のムレが気になる方にオープントゥータイプがあります。


 

マジカルレギーはストッキングではなくオープントゥータイプの着圧ハイソックス。


 

ハイソックスタイプですが、足首の着圧はしっかり作られており30hPa、ふくらはぎ28.5hPa、太ももは19.8hPaとなっています。


 

着圧ストッキングに比べて履きやすくなっていますので、普段使いや勤務中でも活躍してくれます。

 


サイズはM/L、L/LLの2サイズ。


ハイソックスタイプ

就寝中に使用したい方は着圧ソックス。

 


オープトゥタイプの着圧ハイソックスで就寝時のムレを軽減。

 


日中用との違いは足首の着圧が11hPaくらいからになっていますので寝ているときも負担を軽減。



さらに就寝中は横になっているので足首の圧力に重点を置かず、ふくらはぎの圧力を高めに設計し血流の流れを助けてくれます。



一日の疲れた足を翌朝に持ち越したくない方に夜用の着圧ソックスは活躍してくれます。


市販と医療用の違い

市販されている弾性ストッキングは主な目的は足の血行とリンパ液の流れを助け、浮腫みにならないようにする目的があります。


一方で医療用は下肢静脈瘤や激しい浮腫み悩んでる方の治療を目的としている為、市販のものよりも効果が期待できます。


また、強度なども上がる為、酷い浮腫みで悩んでいる場合は専門の医師に相談するのが良いかもしれません。

履く時は丁寧に

着圧ストッキングは圧力がある分、履く時はちょっとキツめです。

  • ストッキングの中に手入れて踵の部分をつまむ 

  • 入れた手を引き、摘んだ踵の部分まで裏返す(引き出す)。この時全て裏返さないように

  • 足のつま先から入れて踵をストッキングの踵部に合わせる 

  • ストッキングを足首まで履く。この時しっかり踵の部分を合わせる 

  • 後はゆっくりと上まで履いていきます。


注意点として 

  • シワが無いように履く 

  • 上まで無理に引き上げない 

  • 爪で傷を付けないようにする 

シワや傷が付いてしまうと圧力が分散されて、効果が弱まりますので注意しましょうね。


慣れるとハイソックスタイプで15〜30秒位で履けますよ(片足)。 

足のむくみはセルライトをつくりやすい

足の太腿、もしくはふくらはぎに付くセルライト。



一度付いてしまうとなかなか落とす事が出来ません。


実はこの足のむくみはセルライトを付けてしまう原因の一つになっています。


セルライトが付くのは代謝の低下です。


足のむくみはリンパの流れが悪いので、老廃物を排出しにくいんですね。


これによりセルライトが溜まっていきます。


セルライトは老廃物の排出が上手くいかずに溜まった脂肪ですので、足のむくみを解消させるのも一つの解消法です。


老廃物の排出が上手く機能しないと、下半身にも脂肪が溜まりやすくなるなど良い事はありません。