デオドラントが効かないその理由は?有効成分で見分けて

汗が出てくると気になるのは臭いですよね。

女性であれば尚更気になるのではないでしょうか。

そんな時に使っているのが、制汗剤?デオドラント?

どちらを使用しても効果がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろんデオドラント剤だから必ずしも効果がある訳ではありません。

ですが、少しでもその原因が分かる事で次に対処する方法が見つかるかもしれません。

ここでは何故デオドラントの効かないのか、その理由を考えていきたいと思います。

デオドラントとは?

制汗剤とデオドラントを同じように解釈している方もいますが、これは全く別です。

しかし汗の臭いを抑制する点では似ています。

制汗剤とは汗を抑制するものであり、制菌(菌の増殖を抑える)作用はありません。

しかし汗を抑制する事で、臭いはある程度抑えられるのではないでしょうか。

これは脇臭の元は汗に含まれる成分が常在菌により分解されて臭いを放ちます。

なので汗を抑制出来れば臭いは少なくなる為です。


デオドラントは汗を抑制するのではなく、制菌成分が配合されているものです。

中には香り成分を配合して、臭いを抑制するものまで様々です。

しかしデオドラントと呼ばれるものは、最近では制汗剤と制菌作用の成分が配合されているものも増えてきています。

なので選び方によっては高い効果を発揮してくれる事もあります。

デオドラントは効き目が無い?

さて本題ですが、デオドラントを使用しても殆ど効き目が感じられなかったという方も多くいます。

確かにデオドラントだからと言っても全ての方に効く訳ではありません。

では効き目が無いのはどういった場合が考えられるのでしょうか。

重度のワキガである

ワキガは軽度、中度、重度に分けられます。

デオドラントを使用しても効き目が無いのは中度から重度の方です。

ワキガは汗の量やアポクリン腺の数、常在菌などの種類により関係してきます。

汗の量が多い場合や強い臭いを放つなど、本人にしか分からない悩みがあります。

このような場合にデオドラント剤を使用してもあまり効果はなく、専門医に相談するのが最善の策になります。

ただ体臭という場合もありますので、まずは本当にワキガ体質なのかを確かめてみると良いでしょう。

耳垢がしっとりネバつくようであればその可能性も考えられます。

デオドラントでも香りで臭いを消している

デオドラントスプレーによくありがちなタイプです。

確かに香りで臭いを抑制出来る場合もありますが、これではデオドラントの香りと脇臭が混ざり合ってしまい逆に強い臭いになる事もあります。

消臭成分は配合されていますが、脇の臭いを抱え込む事が出来ずに芳香と汗の臭いが混ざり合ってしまいます。

汗の量、臭いの元となる汗(アポクリン腺)からも分泌量が多い方は臭いがでやすくなります。

特に脇から汗の分泌量が多い方は無香料のデオドラントを使用する方が良いでしょう。

デオドラント剤を拭き取らず再度使用している

これは最初に使用したデオドラント剤を拭き取らずに、再度デオドラント剤を塗り重ねる、またはスプレーしてしまう事です。

通常デオドラント剤は皮膚の部分を清潔にしてから使用します。

臭いの元が溜まりやすい脇の下であれば尚更ですね。

皮膚にデオドラント剤が残っていると、そこには菌(皮膚常在菌、コリネ菌)や分解されたタンパク質などが残っています。

だいたいご理解頂けたと思いますが、新しくデオドラント剤を重ねても臭いは出やすくなるという事になります。

またデオドラント剤が残っているままであると肌荒れを起こす原因にもなりますので、面倒でも拭き取りシートなどでキレイにして再度使用しましょう。

デオドラント剤にも様々な種類がある

デオドラント剤を使用するにあたって、なんとなく選んでいると思います。

出来る事なら有効成分が配合されているものを選んでみましょう。

イソプロピルメチルフェノール

制菌成分(殺菌成分とも言われています)であるイソプロピルメチルフェノールは多くのデオドラントに配合されています。

殆どは医薬部外品として販売されています。

こちらの成分はお肌への負担が少ないので、脇以外の部分にも使用出来るスプレータイプもあります。

イソプロピルメチルフェノールは幅広い肌質の方に使用出来る成分となっていて、使用されているメーカーは多くあります。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは医薬品と医薬部外品があります。

こちらは制菌成分ではなく、制汗成分となります。

汗を抑制するという事は臭いの元を少なくするという事と同じになりますので、脇の臭いの抑制が期待できます。

塩化アルミニウムは汗と混ざり合って、毛穴や汗腺を塞ぐ役目があります。

塞ぐと言っても一時的なものなので、それ程心配する必要はありません。

出口を失った汗は別な部位から分泌されます。

塩化アルミニウムのメリットは、高い制汗作用が期待できる点です。

なので、他の制汗成分であまり効果が期待出来なかった方はこちらを選んでみましょう。

しかし高い効果が期待出来る反面、デメリットもあります。

刺激性が強いので、肌荒れが起こりやすくなる点です。

使用した方の中には痒みがなかなか収まらないという方もいるようです。

効果が期待出来る分、デメリットの部分が出てきやすくなります。

お肌に合う方には良い成分となりますが、肌質が弱い方にはおすすめ出来ません。

また殆どが全身には使用出来ないようです。

制菌成分であるイソプロピルメチルフェノールと一緒に配合されているものが多いです。

こちらの成分が配合されているものは、海外で使用されているデオドラント剤が有名ですね。

β-グリチルレチン酸

こちらは制菌成分です。

イソプロピルメチルフェノールよりも高い制菌作用が期待される成分となります。

特に脇の下に繁殖する臭いの元、コリネ菌に高い制菌効果が期待できます。

ただ全身に使用できるものは少ないので、こちらが配合されているデオドラントは脇の下のみに使用するものが多いようです。

クロルヒドロキシアルミニウム

こちらは先にご紹介した塩化アルミニウムと同じ制汗成分となりますが、刺激性はマイルドになりますので幅広い肌質の方に使用出来ます。
(全ての方に合う訳ではありません)

更に制汗作用は塩化アルミニウムに劣るものの、それでも比較的高い制汗効果が見込めます。

臭いが軽度から中程度の方におすすめな成分です。

こちらも制菌成分と併用して配合されていますので、制汗剤としてではなくデオドラントとして販売されています。

こちらも脇などの部分的に使用するものが多いです。

ミョウバン

脇の下にはミョウバンが良いという声があります。

ミョウバンは制汗成分でありますが、制菌作用も含まれています。

ミョウバンはお肌を弱酸性に保つ作用があり、菌の増殖を抑制する作用が期待出来る成分。

菌が増殖しにくいという事は臭いも少なくなるという事になります。

なので脇の臭いや足の臭いに効果が期待出来るのは間違いではありません。

水分と混ざり合うと酸性に傾くミョウバンは消臭作用もあります。

ミョウバンはアンモニア臭を抑制してくれますので、体臭(特にアンモニア臭)には高い消臭作用が期待出来ます。

臭いが気になる時にはデオドラントを使用した方が良い?

デオドラントであっても全ての方の臭いに対応出来る訳ではありません。

しかしデオドラントを使用する事で
「私臭ってるかも?!」
と気にしなくて済むかも知れませんよね。

臭いって誰でも持っていて、臭いの強さは人それぞれ。

でも他人の臭いが好きな人って特別な場合を除くとかなり少ないですよね。

デオドラントはエチケットとして持っている方も多くいますので、持っていても困る事はありません。

臭いを出すよりも対策した方がイメージは悪くなりません。

汗の分泌量や汗の臭いを抑制するには制汗剤、もしくはデオドラント剤を使用してしっかり対処する方がイメージはよくなります。

とは言え本当に脇の臭いで悩んでいる方もいますので、デオドラント剤では対処出来ない場合もあります。

デオドラント剤が効かないのは、その方の汗分泌量やアポクリン腺が活発な方には効果が薄い場合があります。

このような時にはやはり病院に相談するのがベストな対策です。

デオドラント剤のように配合出来る濃度は決まっていますが、医薬品は医師が処方でき、配合濃度も高めになっています。

デオドラントの医薬部外品は身体に影響の少ない(全く無い訳ではありません)配合量なので、脇の臭いが軽度から中程度の方向けです。

デオドラントが徐々に効かなくなってきた?

これはたまに感じる方もいらっしゃると思います。

何故このようになってくるのでしょうか。

これはデオドラント剤が悪くなったのではなく、汗の分泌量が増えたかアポクリン腺が活発になった可能性があります。

効かなくなった原因

まず1番に考えられるのが
「過剰な洗浄」です。

これは何がいけないのか。

よくあるのが、脇の下にデオドラント剤が付いている為にしっかり落とそうとして、ゴシゴシ擦り洗いしてしまいます。

これにより皮膚の角質層(皮膚の一番表層)が剥がれ落ちてしまいます。

剥がれ落ちた皮膚は角質を形成、または守らなければいけない為に皮脂を分泌します。

この皮脂もまた常在菌の餌になる為、分解される量が上がり臭いを出す原因になります。

さらに剥がれかけた角質はタンパク質なので、これらが残っているのは常在菌により分解されますので臭いが出てくる原因の一つ。

なので脇を洗う場合は石鹸(専用の石鹸なら尚良いと思います)ので、手で優しく洗って下さい。

拭き取りシートで過度な使用も原因の一つ。

デオドラントを再度使用するのに脇の下を清潔に保つのは必要な事です。

しかし頻繁に拭き取る事(1日に4〜5回くらい)はお肌の角質を痛めてしまいます。

拭き取りシートがエタノールなどで殺菌作用目的として配合されているなら尚更ですね。

デオドラント剤の効き目が悪くなったのはデオドラント剤自体ではなく、お手入れの方法による場合もありますので見直してみましょう。

過度な洗浄は黒ずみになる?

これは皮膚に良くおこる炎症性色素沈着ですね。

過度な刺激によってメラニン色素が活性化され、黒ずみとなってしまいます。

脇毛をカミソリで剃っている方は経験した事があると思います。

炎症性色素沈着ならば長い時間と共に薄くなってはいきますが、水着やノースリーブなどは着にくくなってしまいますよね。

出来る事なら色素沈着しないようにしたいものですね。