ストレスや緊張で脇汗をかくと臭い?そうなる前のケアアイテム

ストレスや緊張をした時にかく脇汗ってドキっとしますよね。

しかも少し臭いが出ているような気がします。

ストレスや緊張した時の汗が臭う原因や、そうなる前のケアアイテムをご紹介していきましょう。

脇はフェロモン汗腺がある

脇の下には汗をかく汗腺があります。

脇の下には二種類の汗腺(汗を出す穴)があり、その一つがアポクリン(フェロモン)汗腺と呼ばれています。

男性が女性の脇の下に興味があるのは、このフェロモン汗腺があるからと言われています。

もちろん男性にもこの汗腺は存在します。

この汗腺から汗が出ると臭いが出やすくなります。

アポクリン腺から出る汗は皮脂やタンパク質が含まれ、皮膚に存在する常在菌により分解されます。

この分解された汗が酸化したりする時に強い臭いが出るんですね。


ストレスや緊張した汗は何故臭う?

普段は汗をかいてもあまり臭わないのに、緊張したりすると臭う場合があります。

では何故ストレスや緊張した時の汗は臭いが強めなのでしょうか。

汗にはミネラルやタンパク質などが含まれていますが、これらは汗腺の濾過機能によりほぼ吸収されます。

人により臭いの程度は変わりますが、成分がほとんど無い汗が乾いてもあまり臭いはしません。

しかしストレスや緊張で出る汗にはミネラルやタンパク質、脂質が多く含まれているので汗の臭いが強くなる傾向があります。

特にベタついた汗は成分が多く含まれているので臭いは出やすいです。

また汗には食べ物からの栄養分も含まれているので、肉食中心の生活や油ものを多く摂取している方は臭いが強めになる場合もあります。

汗は緊張やストレスを感じた場合に脇の下からだけでなく、手のひらや足の裏にも出てきます。

しかし手のひらにかいた汗は脇の下にかいた汗よりはかなり臭いが弱めですよね。

これは脇の下にあるアポクリン腺が手の平には無いからなんですね。

このように臭いの出る汗腺は部位により無かったりします。

脇の下が臭うのはこのアポクリン腺が活発に働く為です。

臭いを抑制するには?

脇の臭いは皆さん持っているので完全に無くす事は出来ませんが、抑制する事は可能です。

ちなみに緊張やストレスでかいた汗は拭き取っても臭う場合はありませんか?

これは衣類などに汗が付着してしまう為です。

脇の下にかいた汗は拭き取っても、衣類のあせはそのままなので動いた時に臭いを発します。

衣類についた汗から臭いを出さない為には着替えるのが手っ取り早いのですが、そうも行かない時が殆どです。

衣類にも消臭効果が繊維に織り込まれたものを使用するか、汗脇パッドをしようします。

汗脇パッドのメリットは汗染みを抑制してくれたり、臭いの元を抑制してくれます。

簡単に交換も出来る為、脇に汗をかいた時も安心出来ます。

脇汗の染みは人に見られるのはちょっと恥ずかしいので、汗の量が多い方にも人気の商品ですね。

これだけでは心配な方はデオドラントや制汗剤を使用します。

デオドラントの使い方

デオドラント(制汗剤も同じ)の使い方は塗るタイプとスプレータイプではそれぞれ異なります。

まずスプレータイプの特徴ですが
  • 手軽にいつでも使用出来る
  • 香りの種類が豊富
  • 短時間で完了
などがあります。

デオドラントスプレーは製菌作用や制汗作用も同時に行えるので、臭いが軽度の方におすすめです。

スプレータイプはパウダーも配合されていますので、汗を吸着して吹きかけた後もお肌がサラサラになります。

衣類が白くなりにくいように設計されていますが、中には白くなってしまうスプレーもありますね。

持続時間は短いのがデメリットです。


塗るタイプの特徴は
  • スプレータイプに比べ、持続時間が長い
という事があげられます。

メリットはこれだけ?と思われますが、デオドラントに必要なのは持続時間。

効果が短い時間では何度もお手入れが必要になりますので、手間も掛かってきます。

塗るタイプのデオドラントはスプレータイプに比べて、お肌に塗って密着させます。

なので菌抑制作用や制汗作用も期待出来ますよね。

しかしながら高い効果が期待出来るとは言え、脇の臭いには軽度から重度まで人により様々です。

スプレータイプは軽度、塗るタイプは軽度から中度くらいまでの方に実感出来るようになっています。

臭いが強い重度の方には効果が実感出来ない事もあります。

全ての方に効果がある訳ではありませんが、それでも多くの方が実感し使用されているデオドラント。

共通して使用する注意点は
  • 清潔なお肌に使用するという事です。
スプレータイプを使用するときに、最初に使用した成分が残ったまま使用している方も居ます。

この方法でも使用出来なくはないのですが、先に使用した成分に汗が染み込んでいますので逆に嫌な臭いを発する場合があります。

次にデオドラント剤を使用する時は、一度キレイに拭き取ってから使用するのを心掛けましょう。

緊張やストレスにかく汗は気にし過ぎない事

緊張やストレスによる汗は交感神経によるものですが、詳しいメカニズムは分かっていません。

しかしプレッシャーが掛かると汗が出てこないか気になる事もあります。

この意識を過剰にする事でも汗の分泌量は高くなる傾向にあります。

意識をしないと言ってもそう簡単に出来る事ではありません。

なのでまずは制汗剤やデオドラントを使用して、汗や臭いの元を抑制していきましょう。

汗や臭いが抑制されれば精神的にも楽になり、意識もしなくなってくると思います。

まずは出来るところから始めてみましょう。