片方の脇だけ酸っぱい臭いがする方に使えるデオドラント

時々脇が酸っぱい臭いがする...。そんな悩みを持っている方は多いと思います。

少しでも臭いを軽減出来るだけでも気持ち的に違いますよね。

ここではそのような臭いの対策方法をお伝えしていこうと思います。

確実に効果がある、または無くなるものではありませんが、今の悩みが少しでも解決出来れば幸いです。

脇の下が臭う原因

汗が臭うというのはもうお分かりだと思います。

しかしこの汗も2つの汗腺から出ているのはご存知でしたか?

一つはエクリン腺。全身にある汗腺で、サラッとした汗を出し体温調節をしてくれます。

もう一つはアポクリン汗腺。

この汗腺は決まった部位にあって乳首、脇、ヘソ、陰部などにしか存在しません。

この汗腺からは皮脂と一緒に分泌され、ベタっとした汗を出すのが特徴。

そうなんです。

この汗腺が脇にあるので臭いの原因となるんです。

しかしながら汗は出たばかりでは臭いがしないんですよ。

では何故臭いが出るんでしょうか。

これは皮膚に存在する常在菌によるものなんです。

この常在菌により汗は分解されて酸化したりして雑菌などが増える事により臭いが出るんです。

アポクリン腺から出る汗にはタンパク質などが含まれる為に分解された時に臭いが強くなる傾向にあります。

脇の臭いが酸っぱいのはどうして?

臭いの原因は汗と常在菌や雑菌によるものと考えられますが、人により酸っぱい臭いだったりスパイスのような臭いがするのは何故でしょうか。

ベタつく汗にはタンパク質やミネラルなどの成分が含まれています。

また汗を分解する常在菌の数も違ってきます。

脇の臭いが酸っぱいだけでないのはこのように違う為なんですね。

また酸っぱい臭いをするのがワキガとは限りません。

酸っぱい臭いは誰でも出やすいものです。

一般的には汗臭や体臭となりますので、ワキガと決めつけなくて良いと思います。

ワキガは臭いが強く、気分も悪くなる程のものであると考えられます。

耳垢が湿っぽいと確かに脇の臭いが強めになります。

これは耳の中にあるアポクリン腺が活発な為と考えられます。

なので湿っぽい耳垢が出る方は、同じ側の脇臭が強くなる傾向にあります。

ただ耳垢が湿っていても、外耳道炎の場合もありますので一概には言えません。

酸っぱい臭いがしたからと言ってワキガとなるのではなく、ただの汗臭である場合があります。

肉食や油ものが好きな方は臭いが出やすくなりますので、食事も見直してみると良いでしょう。

脇に汗をかいても臭わないのは?

脇の下に汗をかいても臭わない場合もありますよね。

その時ってサラッとした汗ではありませんか?

脇の下にはベタついた汗を出すアポクリン腺とサラッとした汗を出すエクリン腺があります。

脇の下に汗をかいても臭わないのはエクリン腺からの分泌量が多い為です。

しかし臭わないとは言っても脇の下には臭いを出しやすいアポクリン腺からも汗は出ているので、時間が経つと臭いは自然と出てきます。

ワキガの方はアポクリン腺が活発に働きますので、ベタつく汗であり臭いが強くなる傾向にあります。

酸っぱい臭いが出た時の対策

臭いが出た時の対策はどのようにしていけば良いのでしょうか。

ワキガは遺伝的なものなので、臭いの原因を完全に断つのは難しくなります。

汗を拭き取る

まず考えられるのは乾いたタオルで汗を拭き取るという事。

しかしこれはあまり良い方法とは言えません。

何故なら、汗を拭き取るだけでは臭いの元は残ったままになるからです。

再度汗をかく事で、臭いが発生してしまう可能性は高くなります。

また乾いたタオルは拭き取った時、角質を傷つけてしまう可能性は高くなります。

角質が傷つけば皮脂の分泌量がお肌を守る為に多くなる傾向にあります。

皮脂も臭いの元になりますので、お肌に負担のかかるような拭き取り方は逆効果になるんですね。

もし汗を拭き取る場合は濡れタオルの方が効果的です。

これによりお肌に残った臭いの元も一緒に取り除けます。

拭き取る時はゴシゴシせず、優しく拭き取って下さい。

拭き取りシートを使用する

拭き取りシートなら乾いたタオルよりも拭き取る効果は高くなります。

濡れタオルと同じ要領ですが、コストはかかってきますね。

しかしながら持ち運べて、濡れタオルのように乾く事はありません。

拭き取りシートでもサラサラに吹き上げるタイプとデオドラントタイプがあります。

基本的にどのシートでも臭いの元をある程度取り除いてはくれますが、やはり殺菌成分の含まれているデオドラントタイプがおすすめです。

サラサラシートはあまり臭いは出ず、汗が多い方や汗ジミなどが気になる方におすすめです。

出先では大活躍するシートタイプは暑い季節に一つは持っておきたいところです。


スプレーやロールオンタイプを使用する

メリットとして事前にスプレーケアしておく事により、長時間の臭い対策が出来るところです。

タオルやシートは臭いや汗の対策は手軽にできますが、持続時間が短めです。

スプレーや塗るタイプは、あらかじめ汗が出る前に塗っておく事で臭いの元をブロックしておきます。

職場などでも使用ができますので、臭いが気になる方は一本持っておきたいところですね。

こちらのデメリットとしては、成分が皮膚に残ってしまうところです。

再度スプレーや塗り込む場合は、除菌シートなどでキレイに拭き取ってから使用しなければなりません。

皮膚に残ったまま使用すると、様々な臭いが混ざり合ってしまうので逆に臭いを出してしまう事にもなりかねません。

またスプレータイプでも香りを出すだけのものは、臭いが気になる方におすすめ出来ません。

臭いが強めの方は無香料でも良いので、デオドラント効果のあるものを使用しましょう。

制汗剤とデオドラントの違い

汗の対策用品として制汗剤やデオドラントというものがあります。

たまにこれらを一緒のものと勘違いしている場合もありますので、違いを記載しておきます。

制汗剤

制汗剤は汗の量を軽減できる汗抑制剤になります。

脇汗や手汗、顔の汗に対応できるものが多くあります。

成分は汗と反応して汗腺を引き締める収斂(しゅうれん)作用により、汗の分泌量を抑制してくれます。

使い方は汗が出てから使用するのではなく、汗が出る前のケアとして使用します。

再度使用する時は、必ず皮膚に残った成分を吹き取ってから使用します。

さて、制汗剤のデメリットとしては汗腺を引き締めてしまう事。

これは汗の出口を防いでしまうという事なんです。

しかし汗の出口は決まっている訳ではありません。

例えば脇に制汗剤を使用したとすれば、そこから汗が出にくくなるので他の汗腺から出るという訳です。

なので制汗剤を使用した部位からは汗が抑制されますが、他の部位からは汗の量が多くなる傾向にあります。

また汗は体温調節する役割もあります。

脇の下だけに制汗剤を使用してもあまり影響がないと考えられますが広い範囲で制汗剤を使用するのは、汗による体温調節に関係してきますので注意が必要です。

デオドラント

デオドラントは消臭効果のあるものになります。

銀イオンやイソプロピルメチルフェノールなどが有名ですね。

成分により抗菌性能は変わってきますので、臭いの強さによって選ぶと良いでしょう。

デオドラントは臭いを軽減するのに優れた製品ですが、頻繁に使用するのはお肌に負担を掛けてしまう場合もあります。

これは皮膚に存在する常在菌(皮脂膜を作る菌)なども減少してしまう為、皮膚の弱い方は肌荒れを引き起こす事もあります。

1日に何度も使用せずに2〜3日くらいに一回の目安で使用します。

デオドラントも制汗剤と同じく汗が出る前の対策として使用し、残った成分はその日の内に洗い流すようにしましょう。

脇の臭いが酸っぱいという方は臭いを抑制するデオドラントを使用する方が効果的となります。

デオドラントは塗るタイプとスプレーどちらが良い?

脇の臭い対策用品として塗るタイプやスプレータイプなど種類があります。


まず塗るタイプの特徴として、臭いを長時間抑制したい方向けです。

塗るタイプはお肌に密着してくれるので、少しの汗では流れにくくなります。

脇に塗る場合はロールオンタイプがおすすめです。

これは塗る部分が丸い形状になっていますので、ムラになりにくく、脇の下にはとても塗りやすい設計になっています。

スプレータイプは吹きかけるだけで手軽に使用出来る特徴があります。

塗るタイプに比べると持続時間が短いというデメリットはありますが、臭いがあまり強くない方はスプレータイプを選ぶと良いでしょう。

デオドラントと言ってもすべての方に効果がある訳ではありません。

片方の脇だけ臭うのはどうして?

片方だけ脇の下が臭う方もいらっしゃると思います。

何故片方の脇だけが臭うのでしょうか。

これは脇の下にある汗を出す汗腺(アポクリン腺)からの分泌量が多い為と考えられます。

利き腕の方が臭う方も多いようです。

これは良く動かす為に脇のアポクリン腺が刺激され、活発になり分泌量が多くなると言われています。

片方だけ臭うというのはありえるので異常な事ではありません。

またストレスや偏った食事から臭いが出る事もあります。

社会人になるとストレスとの付き合いもありますので、急に臭い出すという方もいます。