20代はスキンケアが必要?肌質に合わせたお手入れ

まだ若いからスキンケアは必要ない、もしくは早い頃からスキンケアが必要、など様々な考え方があります。

もちろんどれが正しいとは言い難いですね。

私個人的に20代であってもスキンケアって必要なのかなぁと思う派。

でも全てのライン使いではなく、要所に合わせて使用する方が良いと思います。

では何故そう思うのかをお伝えしていきましょう。

20代の肌質

肌質は全ての方が同じ訳ではなく、皆それぞれ違ってきます。

しかし若い頃のお肌はターンオーバーが正常に機能している方が多くなります。

また、学生の頃に比べると皮脂分泌異常などが収まり今度は大人ニキビが出来てくる方もいます。

中には学生の頃に潰したニキビ跡が残るという方も居るでしょう。

それでもシワやシミはほとんど無く、スキンケアってどこまで行うのか迷いますね。

肌は20代、もしくはもっと前から紫外線のダメージを受けて、それが蓄積されシミやシワが出来ていきます。

30代になるとシミが出てくるので、本気でスキンケアに取り組んでいく方もいるのではないでしょうか。

では何故20代だとシミになりにくいのでしょう。

やはりターンオーバーが関係しています。

これによりシミの元はお肌に留まらず、外に排出されていきます。

なので20代前半の頃はシミが気になりにくいんです。

全ての方が当てはまる訳ではありませんが、若い頃にシミが少ないのはこの為と考えられます。

使いたいおすすめクレンジング・洗顔料

肌質は変わりますので、20代におすすめな洗顔料を
  • 脂性肌
  • 乾燥肌
に分けてご紹介します。

ここでの脂性肌・乾燥肌は後天性の方に向けたお手入れになります。

脂性肌

20代の脂性肌は10代に比べるとUゾーンや小鼻等の皮脂量が多くなる傾向にあります。

このメカニズムは分かりません。

クレンジングや洗顔の後は皮脂分泌量が活発となりますので、量の多い方はすぐにベタつくという方も多いのではないでしょうか。

これを皮脂量が多いと思うのは間違いではありません。

ちょっと考えを変えてみると、皮脂膜は汗と混ざって出来ています。

皮脂量が多くても実は汗の量も多かったりするとベタついたりします。

そんな脂性肌の方におすすめの洗顔料は
  • 洗顔石鹸
洗顔石鹸にも様々な種類はありますが、パーム油など石鹸素地で出来ているものを使用するとさっぱりした洗い上がりになります。

しかしインナードライの方は基本的に乾燥肌寄りなので、植物油配合(出来れば濃度の高い)洗顔石鹸を使用すると皮脂膜を適度に洗浄してくれる作用があります。

乾燥肌

乾燥肌の方は頬や目元などが乾燥しやすくなります。

乾燥肌の時に洗浄力の強いものは使用しない方が良いですよね。

ではどのような洗顔料を選べば良いのでしょうか。
  • 弱酸性
  • 洗顔石鹸(植物石鹸)
がおすすめです。

弱酸性は分かるけど色々ありますね。

中でもアミノ酸系が洗浄力はややマイルドになります。

ポンプタイプでもアミノ酸系はありますので、そちらを使用してみると良いでしょう。

泡が出るポンプタイプは陰イオン界面活性剤が含まれていますが、アミノ酸系はこの界面活性剤よりも洗浄力が弱めになっているんです。

洗顔石鹸は植物石鹸。

上記の脂性肌でも記載しましたが、植物油が豊富に含まれている洗顔石鹸は皮脂膜を洗い過ぎず残してくれる特徴があります。

出来れば無添加の植物石鹸を選ぶと洗浄力はやや抑えられます。

ここまでは30代の方にも当てはまる選び方の一つなんですが、次に使用するスキンケア用品は少し違ってきます。

20代のスキンケアは必要?

個人的に思うには20代であってもスキンケアは必要と考えます。

ライン使いのようなしっかりしたスキンケアではなく、シンプルなスキンケアをおすすめしています。

ただ全ての方に当てはまらない場合もあります。

20代のお肌はターンオーバー周期がある程度正常行われます(まれに遅れる事もあります)

スキンケアを行いたいけど、どのような使い方をすれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。

拭き取り化粧水、導入化粧水、保湿化粧水、美容液、クリームなど様々な基礎化粧品がありますよね。

このように化粧品を全て使用したとしても、お肌に合っていれば間違いでは無いと思うんです。

しかし20代のお肌は水分や油分のバランスがまだ良い方です(個人差があります)

このようなバランスの取れているお肌へ必要以上に水分や油分を与えるのは、お肌が水分を作らなくても良いと言っているようなものですね。

もちろん若い頃からのお手入れが大切ではありますが、過剰になる必要はないという事です。

なので最低限のスキンケア化粧品で良いと考えます。

必要なのは
  • 日焼け止め
  • 化粧水
  • クリーム(季節により使用)
美容液や乳液は必要ないかと思います。

これは油分が多くなる為です。皮脂分泌量が活発なお肌に余分に与える必要はありません。

ただ美容液にも油分が少なく水分が多いものもありますので、そちらを選んでみるのも良いですね。

私は化粧水よりも美容液を使用します。

なんか言っている事が違いますよね。

理由として化粧水はほぼ水分です。

洗顔後は水分により保水は出来ているので必要なものは美容液で十分と考えます。

お肌ってそんなに水分を浸透(角質層まで)出来る訳ではなく、ほとんどが蒸発します。

美容液にするのは期待出来る成分が多い為です。

化粧水の方がお肌に合うならば、美容液は必要ありません。

化粧水はほぼ水分と記載しましたが、多少の保湿成分は含まれています。

さっぱり系やしっとり系の違いは使用される成分の濃度によるものです。

さっぱり系はエタノールが使用される事が多いので、スッとなくなるのはその為なんです。
(エタノールはお肌に合わない方も居ます)

逆にしっとり系は水分を抱え込む作用が高めなので、乾燥しやすい方にはおすすめです。

さっぱり系やしっとり系は肌質により使い分けると良いでしょう。

20代であってもクレンジング、洗顔後は皮脂膜が洗い流されますので、乾燥を抑制する為にスキンケアをします。

乾燥は肌荒れの原因となる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える働きがあります。

お肌の弱い方はこの乾燥により肌荒れする事もあります。

なので保湿という工程は必要になってくるのではないでしょうか。

スキンケアは油分だけでもいいの?

スキンケアをワセリンだけの方もいらっしゃいます。

これは油分だけなので良いのかな?という事ですが、悪いという事は言えません。

全ての方に当てはまる訳ではありませんが、20代のお肌は水分量(セラミドなどの潤い成分)がまだ多い方です。

また30代や40代に比べ、潤い成分の生成量もあります。

さらに若い頃から過剰な保湿を続けていた方は、油分(ワセリン)だけのスキンケアでお肌の調子が良くなったという方も居ます。

20代のお肌と言っても様々なので、油分だけでは乾燥してしまう方もいます。

スキンケアをしなくてもお肌の調子が良くなる方もいますから、これだけが良いと言う事は申し上げられません。

ただ今までのスキンケアがしっかり水分や油分を与えていたのなら、保湿の工程を少しずつ減らしていくのはお肌に良い事でもあります。

20代のスキンケアはシンプルでも、本来持っている水分や油分でお肌を保つ事ができます。

すぐにお肌が馴染む訳ではありませんが、過剰かな?と思った方は少しずつ保湿の工程を見直してみてはいかがでしょうか。