どうしてセラミドが良い?使いやすいセラミド化粧品

セラミドはどうしてお肌に必要なのか。

お肌の潤いを保っているのはセラミドと言ってもほぼ間違いありません。

例えば周りの環境の湿度が低くなってもお肌のセラミドは失われません。

それだけセラミドによる保湿の効果が高いという訳なんですね。

しかしこのセラミドも蒸散してしまう時があります。

それがバリア機能の低下なんです。

バリア機能については別の記事をご覧下さい。

このバリア機能がセラミドなどの潤い成分の蒸散を防いでいてくれます。


年齢を重ねる事により乾燥しやすくなる

セラミドはお肌にある潤い成分ですが、年齢と共に生産量が減ってきます。

なので年齢を重ねてきた時に乾燥を感じやすくなるのは、このセラミドの生産量が少なくなる為です。

セラミドって何故良い?

セラミドは保湿性に優れています。

セラミドにも種類がありますが、年齢と共に減ってくるのは
「セラミドNP」
「セラミドAP」が減少しやすくなります。
 
これはお肌のセラミドに近いヒト型セラミドとして表記される事もあります。
 
化粧品に配合されているのも良くみると、このセラミドNPやセラミドAPが多くあります。
 
中には植物セラミドや擬似セラミドなどもありますが、お肌に近いのはこのヒト型セラミドになります。
 
化粧品に配合されている保湿成分としてはヒアルロン酸がありますね。

こちらも保湿成分として配合されている化粧品は多いです。

ヒト型セラミドとヒアルロン酸の違いは肌馴染みの違いがあります。

分子量が大きいヒアルロン酸は保湿性に優れ安価ですが、ベタつきが残ったりするデメリットがあります。

セラミド化粧品は肌馴染みが良いので、サラッと仕上がるものが多いですね。

セラミド化粧品が全ての方に合う訳ではないのと、お肌のセラミドを作る訳ではありませんが、保湿性に優れています。 

乾燥の気になる方はセラミドが配合されている化粧品をお試ししてみてはいかがでしょう。

こちらは京都生まれの化粧品。乾燥肌など角質が乱れた方に合わせたスキンケア用品やミネラルメイクなどを扱っています。

使いやすいセラミド化粧品は?

セラミド配合でもサラッとしたテクスチャーでお肌に馴染みやすいのが特徴。

 

ベースに水だけではなく、ミネラル豊富なカエデ樹液やチシマザサ水を使用して乾燥したお肌が修復されるように手助けしてくれます。

 

もちろんセラミドはセラミドAPやセラミドNPも配合されていますので、年齢を重ねたお肌に合わせた化粧品。

 

無香料で使いやすいので、香りが気になる方もお使い頂けます。

 

京繭が配合されたシルクのような洗顔料もトライアルセットでお試しが出来ます。

 

ボタニカルにこだわったクレンジングミルクやセラミド配合化粧水、美容液などのトライアルセット。

 

 (現在はパウダーファンデもセットになっています)

 

しかし、悪い口コミもあります。

 

それはサラッとしたテクスチャーが特徴なので、使っていて物足りないと言う声もあります。

 

元々テクスチャーが重めの化粧品を使用している方には不評な部分もありますね。

 

でもおすすめしたいのはセラミド配合化粧品だからだけではありません。

 

化粧水をみると普通は配合表に水が一番先に来ています。

 

しかしこの化粧品メーカーは一番先に

「チシマザサ水」が表記されています。

 

これは何かと言うとただの精製水だけで作られている訳ではないという事なんです。

 

こういったところもメーカーの熱意が感じられますね。

 

またトライアルセットは一度限りの購入です。


たまに電話がくるのはちょっと困りましたね。


それでも乾燥する方は?

化粧水だけで乾燥するという方はセラミド美容液を使用してみると良いでしょう。

何故セラミド美容液かと言うと、セラミドは油分に溶けやすい成分だからです。

化粧水よりもセラミド配合濃度が高い美容液を使用する事で、高い保湿効果が期待出来ますよ。

セラミドの配合もしっかりした化粧品を使いたい方は配合濃度にも気を配って選んでみて下さい。