肌のごわつく理由はなぜ?そんな時のおすすめ洗顔料

お肌がごわつく時はメイクのノリも悪くなり、いつものスキンケアをしても肌馴染みが良くありません。

では何故お肌のごわつきが起こってしまうのでしょうか。

何故お肌のごわつきがおきる?

お肌のごわつきってどういう時に思いますか?

お肌の角質層に化粧水や美容液の浸透が悪い?

お肌に柔軟性がなく硬く感じる?

お肌がガサガサしている?

このように感じるのはどちらもお肌がごわつくと感じる時だと思います。

お肌がごわつく理由として以下のような事が主なものと考えられます。
  1. ターンオーバーの乱れ
  2. 保湿不足による乾燥
これらが主な原因だと考えられます。

ターンオーバーの働きはご存知の方が多いと思います。

これが乱れてお肌のゴワつきが起こるという事は、ターンオーバーの遅れが考えられます。

本来剥がれ落ちるはずの角質が残ったままになるので、角質が厚くなりゴワつきが起こる原因となります。

ではターンオーバーが遅れるというのはどんな時に起きるのでしょうか。

まずは年齢によるもの。

若い頃のターンオーバーは約28日と言われています。

年齢を重ねるとターンオーバーは約30〜40日と遅れてきます。若い頃に比べるとかなり遅くなっているのがわかります。

これは角質肥厚とも呼ばれています。

では角質が剥がれ落ちずに残ってしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まずは化粧品の浸透(角質層まで)が悪いように感じます。

またお肌の柔軟性が失われる為、硬く感じる事もあります。

時には粉を吹いたように見える場合もありますが、乾燥肌の時も同じように見える事もあります。

しかしながらよく考えてみると、ターンオーバーは遅れてもいずれは古い角質が剥がれ落ちる訳です。

なので何もしなくて良い、という事になりますね。

なのに肌が長い事ゴワつくのは何故なんでしょうか。

角質は本来自然に剥がれ落ちる

お肌の古い角質は自然に剥がれ落ちますが、剥がれ落ちにくい場合もあるんです。

専門のエステに行ったり、自宅で出来る角質ケアなどもありますね。

しかし古い角質が剥がれ落ちにくいのは、無理に取り除くのではなくて自然に剥がれ落ちるようにケアするのが重要です。

角質が自然に剥がれ落ちるのは酵素の働きによるものです。

この酵素が上手く働く事で古い角質が剥がれ落ちて新しい角質に生まれ変わります。

ですがやはり年齢と共に角質は残りやすくなってきますので、定期的なお肌のお手入れは必要になってくるんですね。

肌のごわつき対策は?

ピーリングなどで古い角質を取り除くケアをするのも良いですが、お肌のゴワつき対策としてまずは「汗」をかくというのを意識してみましょう。

汗はただ体温を調整する為に出る訳ではありません。

サラッとした汗はお肌に必要なミネラルがしっかり吸収されていますが、ベタついた汗はミネラルが外に出てしまっています。

汗はかきやすい体質ですか?

サラリとした汗を出すには、日頃から汗をかきやすい体質を作っておく事です。

あまり汗の出ない方はちょっとした運動習慣をつける事で改善していく場合もあります。

なぜ汗をかく事が良いのかと言うと、汗には酵素が含まれています。

またサラッとした汗はミネラルや酵素などが上手く吸収されているので、ターンオーバーを促進しやすくなるんです。

しかし、運動すると言ってもそう簡単に習慣付ける事は出来ませんね。

なので化粧品など手軽に改善できるものを探してしまいます。

このようにお手入れするのも良いですが、やはり身体の内側から改善していく方が美肌を目指せるのではないかと思います。

さてここまでご紹介したのはターンオーバーの遅延からくるお肌のゴワつきですが、もう一つお肌がゴワつく原因があります。

お肌がごわつく時に保湿は必要

汗をかく事がお肌のゴワつき対策に良いとお伝えしましたが、もう一つ必要な事があります。

お肌をキレイに保つには洗顔をしますよね。

洗顔をした後は皮脂膜が少なくなっていますので、このままにしておくのはお肌にとって良い事ではありません。

しかし若い頃はそのままにしてもお肌に潤いがありますので、乾燥を感じても皮脂分泌が活発な為ある程度守られます。

年齢を重ねたお肌はお肌の潤いが少なくなってきますし、皮脂分泌量も少なくなってきますので若い頃のようにはいきません。

こうした乾燥がごわつく原因の一つになる場合もあります。

これは乾燥する事により水分の無い不要な角質層が溜まる事によりゴワついた感じがしてきます。

先にご紹介したターンオーバー遅延により古い角質が溜まるのではなく、乾燥した角質層が多く出来る(水分が蒸散して角質が乱れる)為と個人的には考えます。

顔の角質層は約8〜10層と言われています。

例えば外側の2層が水分の無い角質層だとします。

これが過剰なクレンジングにより乾燥が続く事で、3〜4層の角質層までも乾燥させる事になり水分を持たない角質層が増えます。

この乾燥した角質が溜まる事により角質は厚くなってしまいます。

これが乾燥によるお肌のゴワつきではないかと思われます。

この場合のお肌のごわつきとは浸透が悪いのではなく、お肌がなんとなく硬く感じる、またはカサカサするように感じるようになります。

丁寧に保水や保湿をする事で、お肌の新陳代謝によりゴワつきが和らいでいくと考えます。

さて、こう考えてみるとどうでしょうか。

お肌のゴワつきには新陳代謝(ターンオーバー)を促す事が重要になります。

お肌のごわつきは年齢を重ねた方に多い傾向がありますが、あまりごわつきを感じていない方も多くいます。

スキンケアをしている方は、最近は化粧水の浸透が悪くなったなど変化を感じ取れます。

しかしあまりスキンケアに関心がない方はお肌のごわつきなどは気にならないでしょう。

なので、肌がごわつくからと言ってもそれ程大変な事ではないのかも知れません。

ただ角質が厚くなるという事は、お肌の透明感も失われる事でもあります。

やはり美肌を目指すならスキンケアは怠らない方が良い、特に保水と保湿ですね。


ピーリングはごわついた時に良い?

お肌がごわつく時のスキンケア方法はいくつかあります。

まずは古い角質を取り除く方法になります。

すぐに出来るのはホームピーリングがありますね。

ピーリングは古い角質を取り除いて、新しい角質が作られる働きを促してくれます。

これにより肌のごわつきが軽減されます。

確かに不要な角質を取り除けば、化粧品が角質まで浸透する感じが高まります。

ですが角質はいずれは自然に剥がれ落ちてくれるもねなんです。

でなければお肌は硬くなってしまいます。

とは言ってもこれはお肌の部分によって変わります。

足のカカトは硬くなってしまいます。

しかし顔の角質は硬くなるというのがありません。

これは踵に比べて刺激を受けない為かと思われます。

もし顔の皮膚も刺激を受けていれば角質が硬くなるのでしょう。

刺激を受けていなければ角質は硬く重なる事はありませんが、ターンオーバーによる角質肥厚(古い角質が重なる時)はどのようにスキンケアをするのが良いのでしょうか。

クレンジングを見直す

ターンオーバーの促進を妨げてしまう原因として、過度なクレンジングがあります。

過度なクレンジングはお肌にどのような影響を与えるのか。

皆さんもご存知の通り乾燥です。

もちろんこれはクレンジング料にもよりますが、大きな要因として「長くお肌を擦る」事が原因。

よく乾燥するのはクレンジング料の洗浄力が強い為、と言われます。

確かにその通りなのですが、洗浄力が強いクレンジング料を使用するならばお肌を擦る時間が短くなるはずですね。

毛穴の黒ずみなどを落としたい一心でクレンジングが過剰になってませんか?

クレンジング料はメイクを落とす為のものです。

おすすめなクレンジング料は油脂系のクレンジング料です。

洗浄力もそこそこに洗浄成分は植物油です。

お肌に負担を少なくしたクレンジングオイルになってますので、洗浄力はありお肌への負担を少なくしたい方にはおすすめです。

洗顔料もお肌に合わせて使い分ける

古い角質が剥がれ落ちず、ゴワつく場合は洗顔によって少しずつ取り除いていきます。

アルカリ性の洗顔料ならば、角質は柔らかくなりますので古い角質を洗い流す作用が期待できます。

アルカリ性の洗顔料は石鹸なので、こちらを使用するのも良いでしょう。

ただ洗顔石鹸は洗浄力が強めになりますので、洗い過ぎには注意するようにしましょう。

一度で洗い流そうと思わずに少しずつ毎日洗顔をしていきます。

洗顔石鹸でも種類によっては洗浄力がマイルドなものがありますので、乾燥が気になる方は植物オイル配合の石鹸を選んでみるのも良いかもしれません。

洗顔石鹸を継続して使用する事で、ごわついたお肌もターンオーバーにより変わっていきます。

注意したいのは洗顔石鹸は洗浄力が強いので、角質が乱れて刺激を感じやすい時の使用は避けておきましょう。

そして洗顔後に忘れていけないのは保湿です。

しっかりした保湿でなくとも、シンプルな保湿でも良いですね。

化粧水とオイル(ワセリン)だけとか、オイル(ワセリン)のみとかね。

過剰な保湿は肌本来のチカラを弱める場合もあります。

焦らずじっくりケアをするのが、お肌にとっても良い事なんです。

ごわついた時のおすすめ洗顔料

タンパク質を分解する作用がある成分は「プロテアーゼ」という成分です。

これは酵素洗顔に配合されていますので、おすすめしたいのですが長い間の使用には向いていません。

使用するならば2週間に一回程度。ごわつきが気にならなければ使用しなくても良いです。

角質ってタンパク質質なんですが、それらを分解する作用があるのは良質な角質まで影響があるからなんです。

しかしながら酵素洗顔は正しく使用すれば、優れた洗顔料です。

洗った後はつるすべなお肌を感じる事も多くあります。

毎日の使用にはおすすめ出来ませんので、洗顔料を使用するならやはり洗顔石鹸です。

継続して使用する事で古い角質は洗い流されます。

もしお肌のごわつきを感じにくくなってきたら、洗顔する時間も短くしていくと良いですよ。

長く洗顔すれば良い訳ではありません。

洗顔する時間はお肌の状態に合わせて行いましょう。