美容液とは?使用する意味はあるの?

美容液とはどの様な化粧品なのでしょうか。

化粧水は分かっているけど、美容液の役割とか使用する意味があるのか。

美容液は水分よりも油分が多く含まれていて
化粧水→美容液→乳液(クリーム)
という順序で使用するのが一般的です。

化粧水の後に使用するスペシャルケアと言われていますが、私はメインで使用する化粧品と捉えています。

美容液を使用する意味

化粧水を使っているけど、美容液は使っていないという方も多いのではないでしょうか。

化粧水の後に使用する特別なお手入れとしてのイメージが強くあります。

ですが美容液には化粧水よりも栄養分が多く含まれているので、メインで使用しても良いんですね。

通常美容液は化粧水の後に使用して、化粧水で潤ったお肌に油分をプラスします。

これが本来の使い方です。

では化粧水を使用せずに美容液を使用したらどうなのでしょうか。

潤いが無くなる?ベタベタになる?

絶対にこれらが無いとは言いきれませんが、化粧水を使わずに美容液のみを使用しても潤いは残ります。

美容液は化粧水より油分が多いのは確かですが、潤いはお肌が自然に作る為、バシャバシャと化粧水を使用する必要は無いと考えます。

化粧水を使用する事が間違っている訳ではありませんが、美容液でも潤い成分は配合されていますので潤いを与える事は出来るんですね。

そしてその潤いがお肌の乾燥をしにくいようにしてくれます。

美容液とはお肌に潤いを与えて、お肌のバリア機能再生を助ける重要な役割があります。

美容液の種類

美容液の種類は様々。

ではどのような種類があるのでしょうか

保湿に重点をおいた
「保湿美容液」

年齢の悩みに合わせた
「エイジングケア美容液」

ニキビやニキビ跡をケアする
「ニキビケア美容液」

シミやシワを抑制する
「美白美容液」

化粧水やオイル、クリームなどが一度に出来る
「オールインワン美容液」

この様に美容液でも種類があり、初めて使う方にはどれを選んだら良いか分からなくてなってしまいます。

まずはご自身がどのようなお手入れをしたいか明確にする必要があります。

私個人的には美白美容液とエイジングケア美容液が重要と考えます。

なぜ美白美容液か

ここでお伝えするのは個人的な考えです。必ず正しい訳ではありませんので、ご参考程度にお読みください。

若い頃は美容液を使用する必要はないと考えます。

若い頃とは20代前半を指しますが、この頃はお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に働いてバリア機能も正常に機能している方が多いんですね。

余計な物をお肌につけるという事は、お肌本来の再生機能を邪魔する事になります。

この為、お肌のターンオーバーが乱れる事もあるんですね。

正常に潤いを保っているお肌に余計なお手入れは必要ないと考えています。


重要なのは日焼け止めです。太陽の紫外線はお肌の潤いや張りを保つ部分にダメージを与えます。

今は大丈夫でも、年齢を重ねてくるとお肌にシミやシワとなり現れてくる場合もあります。

美白美容液はこの紫外線に刺激を受けたメラニン色素を還元する役割やシミを抑制などが期待出来る美容液です。

なので基本は日中に使用します。

注意点は必ず日焼け止めと併用する事とシミを必ず抑制するというものでは無い事です。

美白美容液だけでは効果が薄くなりますので、日焼け止めは必ず使用して下さいね。

ファンデーションやBBクリームなど日焼け止めが含まれているものと併用しても良いです。



保湿美容液を使用する意味

保湿はその名前の通り保湿を与える美容液です。

そして保湿美容液の中にエイジングケア美容液があります。

エイジングケアとは年齢に応じたお手入れ。

保湿美容液に比べると、年齢を重ねたお肌の悩みであるシミやシワにアプローチする成分が配合されているのが特徴。
(シミやシワが消える訳ではありません)

通常、エイジングケアとは30代からのものと思われる事が多いですね。

30代を過ぎてくるとお肌の新陳代謝が乱れて、乾燥肌や混合肌などを招きやすくなります。

これによりシミの元であるメラニン色素が排出されにくなり、シミとなります。

これを抑制する為にエイジングケア美容液を使用したりします。

また年齢を重ねるにつれ乾燥しやすくなりますので、保湿美容液やエイジングケア美容液を使用してお肌に潤いを与えましょう。

こうしたケアがターンオーバーを促し、お肌のバリア機能を助ける働きがあります。

保湿は大切なお手入れなんですね。


美容液を使っていれば綺麗な肌になれる?

メーカーにより美容液は違ってきます。

保湿美容液となっていても保湿効果の弱いものや、美白美容液と言っても成分配合により変わってきます。

しかし効果が期待出来る成分は配合されているからと言っても必ずしも効果が現れる訳でもありません。

また美容液にお肌を若返らせるチカラは無いかと考えます。

では何の為に美容液を使用するのか?

私が個人的に思う事ですが、先に年齢を重ねたお肌は乾燥を招きやすくなると記載しました。

また、シミやシワが目立ってきます。

お肌に潤いを与える事により、バリア機能を助けてターンオーバーを促します。

お肌の新陳代謝が良くなれば潤い成分もその時に生成され、潤いのあるお肌に導いてくれます。

この事から美容液は使用する意味は十分にあります。

ただし正しい使用方法で使う事です。たっぷり使用すれば良い訳ではありません。

それと日焼け止めはシミを作らないように抑制する為のものです。

シミは一度作られると消す事は難しいと思います。

ですから日焼け止めは使っておいて損はありません。

美容液は今のお肌をキレイに保てるようにする方法の一つ。

ご自身に合ったスキンケア方法や美容液を見つける事も大切ですね。

この他にも食生活や運動を取り入れてキレイなお肌を維持していきましょう。

ご自身に合ったスキンケア方法を

私は化粧水を使用せずに美容液と美容オイルを使用するスキンケア方法です。

しかし美容液だけでは潤いが足りず化粧水は使用するという方やどちらも使用せずに乳液だけという方もいらっしゃいます。

使用する方によりスキンケア方法が変わってきます。

これはお肌に合う合わないがある為です。

このスキンケア方法は悪かったけど、こっちのスキンケア方法に変えたらとても良くなった。という事も聞きいたりします。

なのでその方法が正解や間違いと言う事は無いと思います。

私は出来る事ならシンプルなお肌のお手入れを心がけた方がお肌の為なのかなと考えます。

少しでも参考になりましたでしょうか。

ご自身に合うスキンケア方法が見つかると良いですね。

最後までお読み頂き有難うございました。