ファンデーションの選び方と乾燥肌におすすめは?

下地やファンデはシミなどを隠す為やお肌を綺麗に見せる為には欠かせないメイクアイテム。

これも様々なタイプがあり、自身に合ったものを見つけるには苦労しますよね。

カラータイプは個人により好みが違いますのでここではあまり触れませんが、肌の伸びや耐久性、お肌への負担や落ちやすさなどでの選ぶ基準をご紹介したいと思います。

ファンデのタイプを知っておこう

これは皆さんご存知の方も多いと思いますので、簡単に触れておきます。
○リキッドファンデ
○パウダーファンデ
○ルースファンデ
○クッションファンデ
などがあります。

ここではリキッドファンデーションとルースファンデーションに焦点を当ててご紹介していきますが、それぞれの簡単な特徴は以下の通りです。

リキッドファンデーション 
使用している方も多く有名なファンデーションですよね。程よいテクスチャーで伸びが良く、トロみが有るのが特徴。お肌にしっかり密着するので、他のファンデに比べて皮脂崩れの持ちが良くなります。 

パウダーファンデーション 
こちらも使用頻度が高いファンデ。パウダーをプレスしているので、固めの粉末となっています。パフを使用するのが一般的。

ルースファンデーション
パウダーファンデーションとは少し違い、粉末をそのまま使用します。フワっとした仕上がりが特徴でブラシなどで使用します。自然な仕上がりにしたい方や敏感肌の方向け。

クッションファンデーション
リキッドファンデとパウダーファンデーションの中間的なファンデ。スポンジに液体ファンデが染み込ませてあり、仕上がりはリキッドファンデとほぼ同様になります。

皮脂崩れしにくいのはリキッドファンデ

ファンデーションのメリットとしては毛穴やシミをカバーしてくれるところですよね。カバー力は高いファンデ。

更にお肌の透明感を演出する為にファンデーションを使う理由の一つ。

しかし夏場など汗をかいたり、皮脂により化粧崩れが起きてしまい何度か手直ししないといけないのはデメリットですよね。

ファンデーションの種類により密着度が違いますので、化粧崩れを極力防ぎたい時にリキッドファンデがおすすめ。

リキッドファンデにはウォータープルーフなどの汗や皮脂崩れに強いものがあります。

何故ファンデーションによりこのような違いがあるか、これは油分量がリキッドファンデには多く含まれて強い皮膜を作る為です。

これによりお肌への密着度が高まり崩れにくくなるという訳です。

また、紫外線吸収剤配合などによりシミ対策が出来るのもリキッドファンデの特徴。

よく耳にする「ケミ系」と呼ばれるものですね。

リキッドファンデの中には紫外線吸収剤不使用もあります。この場合は紫外線カット率は低くなりますが、お肌への負担は軽減されます。

お肌に優しいルースファンデーション

ここではルースファンデを挙げましたが、パウダーファンデーションも同様のものとなります。

リキッドタイプ(ケミカル系)は油分をベースに作られていますが、ルースファンデは粉末となるので、ノンケミカル系と呼ばれています。

また、リキッドファンデなどは肌への密着が高くなり化粧崩れしにいですが、ルースファンデは密着度は低くくなります。

密着が低いと言う事はリキッドファンデなどと比べて化粧崩れが起きやすくなり、化粧直しの頻度が高くなります。

これは油分を使用していない為にベタつきなどを無くす変わりに、フワっとした感触を出して自然な仕上がりに出来るのがルースファンデの特徴。

紫外線対策は酸化チタンや酸化亜鉛を使用した紫外線散乱剤となります。

ケミカル系は紫外線吸収剤を使用している為、紫外線を防ぐ為に科学変化を起こします。敏感なお肌は、この科学変化する成分で肌荒れを起こす場合もあります。

反対にノンケミカルは紫外線を反射させて防ぎますので科学変化は起きず、お肌にも優しくなると言う訳です。

ただ金属アレルギーの方は使用出来ないと言うデメリットもあります。

下地などは必須?

下地はメイクなどをお肌に付きを良くする、伸びを良くさせる為には必要なものですよね。

下地が無くてもファンデーションは使えますが、下地を使用する事でメイクの仕上がりが違います。

どのように変わるかと言うと、下地無しはファンデーションでシミやくすみを隠すには厚塗りが必要になります。

下地を使用した場合はシミやくすみをカバーしてくれるので、ファンデーションは少量で済みます。仕上がりも自然なワントーン明るい肌に見せる事も可能です。

下地には日焼け止め成分も配合されていますので、ファンデのみよりは日焼け止め効果が高くなります。 

また、下地を使用する前に化粧水や美容液(美白化粧品)を使用する事で日焼け止めや
皮脂による化粧崩れを遅らせる作用も期待できます。(必ず効果がある訳ではありません)

この他にも下地にはアイシャドー前に使用する「アイシャドー下地」や「リップ下地」などもあり、使用する方も増えています。

乾燥肌におすすめなファンデーションのタイプ

乾燥肌はバリア機能が低下して潤い成分が少なくなっている状態です。

その為、カバー力や油分の多いリキッドファンデやクッションファンデを使用する方は多いと思います。

その使い方でも良いのですが、化粧崩れに強いファンデーションを選んでしまうのはNGです。

化粧崩れに強いものや汗に強いファンデはお肌に密着してしまうので、乾燥肌の方にあまりおすすめしません。

これはクレンジング時にお肌への負担が高くなる為です。

密着するとどうしても洗浄力の強いクレンジングを使用しなければメイクが残ってしまい、肌トラブルになる可能性もあります。

また、強めのクレンジングは皮脂やお肌の潤い成分も洗い流す可能性があるので、バリア機能が低下している乾燥肌の方にはあまり良くありません。

リキッドファンデーションを使用する場合はウォータープルーフやケミカル系の紫外線カット率が高いファンデーションは選ばないようにして、ミネラルリキッドファンデーションなどを使用する方が良いでしょう。

この他、ミネラルパウダーファンデーションやルースファンデなども乾燥肌の方にはおすすめ。

クレンジング不要のタイプも多く販売されていますので、クレンジングによる肌負担もかなり軽減できます。

下地を使用する場合もお肌に負担の少ないものを選びましょう。

しかし、メリットだけではありません。お肌に負担が少ないと言う事は汗により落ちやすいと言う事になります。

ケミカル系に比べて化粧直しが必要な回数は多くなりますし、夏場は使いにくいかもしれません。

一般的に石鹸などで落ちやすいファンデーションはノンケミカル系と呼ばれています。

ミネラルファンデーションと表記されているファンデは落ちやすいものが多いです。

ミネラルファンデは全ての方に合う訳ではありませんが、乾燥肌の方だけでなく敏感肌の方にもお使い頂けます。