乾燥肌に使える化粧水は?30代からのお手入れ

お肌の乾燥は30代になると今まで気にならなかったのに急にカサカサしてきた、なんて事ありますよね。

この乾燥を防ごうと思いつくのはまず化粧水か保湿クリームですよね。

でも、乾燥肌にどんな化粧品を使用したら良いか迷っている方の為にここでは30代からのおすすめ化粧水をご紹介したいと思います。

(ここでご紹介する化粧品は効能・効果を保証するものではありません。)

乾燥している原因は?

乾燥肌になるという事はお肌の何かが足りなくなっているから乾燥します。

これは角質層の潤い成分である「セラミド」が不足しているからなんです。

お顔の角質層は約0.02mmと言われていますが、こんなに薄い層に潤いを保つ成分があるとは驚きますよね。

年齢と共にセラミドは生成される量が減少していきますので、40代になる頃にはとても乾燥しやすくなります。

そしてこの乾燥から出来る乾燥シワは小さなものですが、そのまま放っておくと目立つシワとなる可能性もありますから保湿をして防ぐ事も重要になります。

また、過度なクレンジングや洗顔でも肌のバリア機能が乱れて乾燥肌になる場合もあります。

長めのクレンジングや擦り過ぎている方はクレンジングや洗顔方法を見直してみましょう。

セラミドの他に「ヒアルロン酸」など耳にするかと思いますが、ヒアルロン酸は本来は角質層の奥の真皮にある成分で、肌の張りを保っています。

お肌がプルプルなのはこのヒアルロン酸ともう一つエラスチンが働いているからなんです。

化粧品でのヒアルロン酸とは潤い成分ですから、水分を補給する目的で使用されています。

しかし、お肌の潤いを保つのに必要なのはヒアルロン酸よりもセラミドの方が重要と考えます。

何故セラミドなの?

何故ヒアルロン酸ではなく、セラミドなのか。これはお肌の潤い成分がヒアルロン酸ではなくセラミドだからなのです。化粧品に含まれるセラミドはお肌のセラミドに近い成分なので、馴染みやすい成分だからです。

また、化粧水などにはお肌の真皮まで届く事はありません。潤いが補給出来るのは角質層までと覚えておきましょう。

セラミドにも種類がありますが、積極的に補給したいのは「セラミドNP(3)」と「セラミドAP(6)」です。 

この2種は年齢を重ねていく事で先に減少していきますから、化粧水を選ぶ時は目安にしましょう。 

ちなみにいくらセラミドが配合されている化粧品でも、この他に配合されているベース成分やあまりにも多い配合成分によってはお肌に合わない事もあります。

勘違いしていけないのは化粧品にお肌の乾燥を治す効果はありません。また使い続けたら乾燥肌が改善するという事はありません。

あくまでも潤いを補給する目的で使用しましょう。

バリア機能が乱れている

バリア機能とはお肌の潤いを保って逃がさないようにしている皮脂膜、セラミド、天然保湿因子で構成されています。

この一つが乱れると角質の潤い成分が少なくなり乾燥肌となります。

乾燥肌にはセラミドで潤いを補給しますと記載しましたが、バリア機能の修復をサポートする成分「ラフィノース」の配合されている化粧水を選ぶと尚良いでしょう。

ラフィノースはファンケルによって発見された成分です。

乾燥肌を防ぐには水分を補給するだけでなく、バリア機能も正常化しなければ潤いは改善されにくくなります。

化粧水でなく美容液でも良いの?

化粧水ではなくても美容液を使用しても良いです。ですが美容液は高価になりますので、長く続かない事もあります。まずは化粧水から始めても良いのではないでしょうか。

しかし化粧水は美容液に比べると水分の方が多いので、しっかりと油分も補給したい方は美容液がおすすめです。

選ぶ時はどういったケアがしたいのか明確にして目的に合わせて選びましょう。

乾燥肌におすすめの化粧水

乾燥肌の方におすすめしたい化粧水は
ヴァントルテのセラミド配合化粧水。5種類のセラミド配合に加え、サラッとしたテクスチャーでミネラル豊富なチシマザサ水をベースにしています。

乾燥肌や敏感肌の方向けに作られているヴァントルテの化粧品は京都生まれのブランドです。

テクスチャーでベタつきが気になる方におすすめしたい化粧水です。

バリア機能のサポートや美白化粧品としても活躍してくれる化粧水。
ビーグレンのQuSome(キューソーム)ローション。

サイエンス・コスメのビーグレン化粧水はバリア機能のサポート(バリア機能の手助け)をしてくれるラフィノースが配合されています。この他、美白化粧水としても使用できます。

おすすめの使い方は朝に使用します。
  1. 洗顔 
  2. QuSoumローションをつける 
  3. 下地やファンデーションでカバーする 
こうする事で化粧品の皮脂崩れがしにくくなり、紫外線対策にもなります。バリア機能が乱れている方にもラフィノースや3-Oラウリルグリセリルアスコルビン酸がサポートしてくれます。 

私はこの化粧水を使用しています。

有酸素運動を取り入れる

代謝を上げる方法として、有酸素運動があります。半身浴をすると新陳代謝が上がると思われがちですが、入浴で代謝を上げるのは難しいです。

入浴は主にリラックス効果やストレス解消に取り入れるものです。また、毛穴の汚れなどは入浴で落ちにくいものです。

しかし蒸気により毛穴を広げて汚れなどを落とし易くはなりますので、これを上手く利用して洗顔を行うと良いでしょう。

お肌の代謝を上げるには有酸素運動が一番効果的だと思います。ウォーキングであれば最低30分くらい行います。代謝が悪いと汗はあまり出てきませんが、継続して行う事で自然に汗が出るようになってきます。

代謝を上げればターンオーバーが正常に働き(年齢に合わせた正常化)となり、バリア機能や肌のキメも自然に整うなどの効果も期待できます。

また、有酸素運動には血行を良くする働きもあります。毛細血管の血流が悪くなると肌に栄養が行き渡らなくなり、ターンオーバーサイクルが乱れます。

乾燥肌を防ぐには肌の新陳代謝を上げて身体の内側からケアをする事も一つの方法となります。

ちょっと大変ですが、有酸素運動も取り入れていきましょう。ウォーキングがあまり好きでない方は、自転車でも有酸素運動になります。

サイクリングで景色を見ながら行ってみるのはいかがでしょうか。