シミ対策におすすめな美容液とサプリ(漢方)は何が良い?

シミが出来るとなんだか老けてみえますよね。年齢を重ねると同時にシミも出来やすくなります。

これは若い頃に比べると、肌の新陳代謝(ターンオーバーサイクル)が遅くなりシミが出来やすくなるんですね。 

シミが出来るメカニズムは他にも様々な要因があります。シミが出来てしまうと消す事は困難になりますし、化粧品やサプリなどでも消える事はありません。

でも早めに対策をしていく事でシミを抑制する事は出来ます
(シミを完全に防ぐ事は出来ません)

シミが出来る原因

シミの出来る原因と種類を知ってお事で対策がしやすくなります。

・紫外線によるシミ

紫外線によってシミが出来るのはご存知だと思いますが、紫外線にも種類があります。
  1. UV-A
  2. UV-B
  3. UV-C
があります。中で注意したいのがUV-Aです。これはUV波が長く届き、肌の中にあるヒアルロン酸やコラーゲンを破壊してしまうのでシワやたるみの原因になります。

またUV-A波はガラスを通り抜けてきますので、お部屋にいるからと安心は出来ない厄介者。ガラスを通り抜けたUV-A波により少しずつシミは作られているんですね。 

一方、UV-B波はサンバーンと呼ばれて肌を焼く程の強さがあります。 

肌が黒くなるのはこのUV-B波によるものです。UV-A波のように紫外線は長く届きませんが、肌の炎症やシミの原因になります。 

メラノサイトは肌を紫外線から守る為にメラニン色素を作り出すので、シミの原因となります(メラニン色素が作られるまでのメカニズムは省きます)

UV-C波は殆ど届かない為、あまり注目はされていません。

この紫外線によるシミがほとんど。
これを「老人性色素斑(日光性黒子)」と呼んでいます。

・ニキビや傷、化粧品のシミ

シミは紫外線からだけではありません。傷がついた場所からもシミが出来てしまいます。

例えばニキビが出来たとします。そのニキビを潰してしまったり、傷つけてしまうと皮膚細胞が活性化されメラノサイトが刺激を受けて防御反応を起こします。

そうするとメラニン色素が過剰に作られてシミとなってしまいます。

また虫刺されなどで掻いてしまい炎症を起こした場合も、シミになる可能性もありますので注意が必要です。

この他、クレンジングや肌のお手入れを間違って行う事でもシミの原因を誘発する場合があります。    

肌を擦り過ぎ(マッサージやクレンジング料で洗い過ぎ)ていたり、皮脂を取り除きすぎなどはメラノサイトを刺激して活性させる可能性もありますので、肌のお手入れは正しく行いましょう。


このシミを「炎症性色素斑」と呼んでいます。炎症性色素斑は老人性色素斑とは違い、時間をかけて薄くなっていくものが多いです。しかしターンオーバーサイクルが悪くなるとシミとして残ってしまう事もあります。

・遺伝性のシミ

これは雀卵斑(じゃくらんはん)というシミで、簡単に言うとそばかすです。

これは遺伝性の為、幼少期から出始めるものがあります。シミ自体はそれほど色は濃くありませんが、日光を浴び続ける事で色が濃くなる場合があります。

そばかすは年齢を重ねる事で薄くなるとも言われていますが、ほとんどはそのまま残ってしまいます。

消すにはレーザー治療が有効とされていますが遺伝性でもある為、再発してしまう可能性もあります。

シミ対策をするには?

お肌がくすんで見えてしまう嫌なシミ。このシミを完全に防ぐ事は出来るのかと言うと「全く出来ないようにするのは不可能」です。

いくら肌のお手入れをしっかりしていても、シミの元は作られてしまいます。

ですが、ケアをする事である程度抑制するのは出来ます。日頃からこまめなケアを心がけましょう。

・日焼け止を塗る

これはもう当たり前のケアですね。しかし、日焼け止めにも紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があるのはご存知ですか?

紫外線吸収剤配合の日焼け止めは伸びが良く、汗や水に強いので流れにくくなっています。ウォータープルーフなどはこの紫外線吸収剤が入っています。

紫外線吸収剤のデメリットとして、肌の弱い方は吸収剤の科学反応により肌が赤くなったりする場合があります。

ですので、敏感肌向きではありません。もし使用するならば紫外線吸収剤が配合されていないもの
「紫外線吸収剤不使用」
「ケミカルフリー」
などを選びましょう。
ちなみに普通肌の方は問題なく使用できますよ。

そして紫外線散乱剤使用の日焼け止め。特徴として肌に優しいのですが、汗により流れ易くなります。炎天下など汗が多く出てしまう場合は不向きなのと白浮き(肌がしろっぽく見えなど)する場合があります。

しかし普段使いならこちらで十分です。

ただ、こちらは敏感肌向きの方にも使用は可能ですが、金属アレルギーの方は使用を控えましょう。成分が酸化チタンや酸化亜鉛を使用している為です。

また、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方が配合されている日焼け止めも多く販売されています。

・美白美容液を使用する

美白美容液はシミを消して肌を白くするという意味ではありません。シミを抑制して出来にくくするという意味になります。シミは消せませんのでご理解下さい。

シミ対策ケアに有効とされる化粧水や美容液に配合されていると良い成分は
「ビタミンC誘導体」
「フラーレン」
「レチノール」など。

中でもビタミンC誘導体はシミを還元する働きが期待できます。見えるか見えないくらいのシミであればより薄くなる可能性もあります(完全に消す訳ではありません)。残念ながらそばかすなど目立つシミには効果はありません。

この他、活性酸素の抑制や収れん作用、余分な皮脂の抑制など優れた成分でもあります。

そしてフラーレン。こちらは光安定性が高く、長時間光を当てても成分が壊れにくいので酸化安定性が高くなります。酸化安定性が高いということは活性酸素を抑制する時間も長くできるので、シミやシワを抑制する作用が期待できます。

ただ、ビタミンC誘導体やフラーレンが配合されている化粧品はコストが高くなるのがデメリットとなります。

シミ対策するのは身体の内側からも

シミを抑制するのは化粧品だけではありません。食べ物からも抗酸化物質を取る事により、抗酸化力を補う事ができます。

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが抗酸化力を補うのに重要な物質となります。

ビタミンACE(エース)とも呼ばれていますね。

・ビタミンAを含む食物

・ブロッコリー
・にんじん
・さつまいも
特ににんじんはベータカロテンも一緒に摂取することが出来て抗酸化力に優れています。ブロッコリーはビタミンAとビタミンCを同時に取る事が出来ます。

・ビタミンCを含む食物

ビタミンCは果物などに多いですが、野菜からも取る事が出来ます。
・赤ピーマンや黄ピーマン 
・モロヘイヤ 
・水菜などに含まれています。ビタミンCは水溶性です。水溶性は身体に蓄える事が出来ないので、頻繁に取り入れる必要があります。 

・ビタミンEを含む食物

ビタミンEはビタミンAやビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。
・赤ピーマン
・モロヘイヤ
・カボチャなどがあります。ビタミンEは老化を進行させる活性酸素の抑制や動脈硬化の予防に役立つと言われています。

血行を良くするのも有効

食物を取り入れる他にお顔の血流を良くする事でもアンチエイジング(老化防止のお手入れ)やシミを抑制する効果があると言われています(ターンオーバーの促進)。

ツボを刺激する事でも血流を良くします。左右の眉頭を5回程ゆっくり押します。この時、痛くない程度に押しましょう。毎日簡単に出来るのでおすすめです。ツボの目安は眉頭を押した時に少し痛みがある場所です。

この他、漢方薬を飲む事でも血流を良くする効果が期待できます。薬局などで相談してみましょう。

血流を良くすると、くすんでいる肌も明るく見える場合もありますので、化粧品だけに頼らず内側からも美肌を目指してみましょう。