妊娠線を予防するには?おすすめのクリームをご紹介

妊婦さんになると困り事の一つが妊娠線。どうして出来てしまうのでしょうか。妊娠線は出来てしまってからでは遅いので、予防がとても大切になってきます。

妊娠線は出来る人と出来ない人がいる

そもそも妊娠線とはなんでしょうか。これはお腹が膨れる事により皮膚の真皮や皮下組織が裂ける事によるものなんですね。

あれだけ大きく膨れ上がってしまうと皮膚の柔軟さでは対応が出来ずになってしまうんです。

妊娠線が出来る要因の一つとして乾燥する事が考えられます。

特に乾燥肌の方はなりやすいと言われています。この他に妊娠した事でお腹に脂肪が蓄えられ、その脂肪が裂ける事でも起きます。

中には妊娠線が出来ない方も居ますね。これは体質もありますが、比較的若い方は皮膚の柔軟性があり出来にくい事もあります。

その他には乾燥しにくい肌質やストレスを溜めないなども妊娠線が出来にくいとされています。 

ですが、出来無いだろうと安心をしていると妊娠後期に急に出来てしまうという事もありますので、しっかりとケアをする事が大切です。 

ケアアイテムはいつ頃から使用する?

これはお腹が大きくなる前に塗り始めるのが予防の第一歩。

ですが、妊娠初期は悪阻(つわり)などもあるので出来るだけ体に負担を掛けないようにする事も大切です。酷い悪阻が有るようなら、落ち着く3〜4ヶ月位から様子を見て始めましょう。

お腹が出ていない初期に塗り始めるというのはホルモンバランスが乱れやすく、肌が乾燥してお腹に影響が出てしまう事もある為です。

乾燥するのはホルモンバランスが崩れ、肌の新陳代謝が乱れる為に起こります。お腹が出ていないからまだ大丈夫と思わず、敏感に肌状態をキャッチし、早めのケアをする事で防げる可能性が高まります。

妊娠線はお腹以外にも出来る

妊娠線予防はお腹だけ対策すれば良いと思われる方が多いのではないでしょうか。

実はお腹以外に胸やお尻、太ももまで出来てしまう場合もあります。妊娠初期から中期頃にはお腹周りだけでなく、胸やお尻などもケアをしていきましょう。

妊娠線が出来てしまったけど消す事は出来る?

妊娠線は一度出来てしまうと消す事は困難になります。もしどうしても消したい場合は、美容皮膚科などに相談してみましょう。

そんなに気にならなければ、時間と共に薄くなる事もありますので気長に待ってみるのも良いかもしれません。

しっかりとケアをしていても急に出来てしまう事もあります。お腹が大きくなる7ヶ月、8ヶ月くらいからですね。 

昨日は無かったのに、次の日にはお腹の下や横から急に現れる事もあります。 

ちなみに私はケアしていましたが出来てしまいました。ケチって安価なクリームを使ってたからなんだろうか。体型は痩せ型ではありません。まぁ、出来たものは仕方ないか。

妊娠線を予防するには保湿と軽い運動も有効

先にもお伝えしたんですが、妊娠線は皮膚の真皮が裂ける事で出てきます。

皮膚の一番上が表皮、その次に真皮と皮下組織があります。表皮は柔軟性や伸縮性がありますので、お腹が膨らんでも対応する事が出来ます。 

一方で真皮や皮下組織は伸縮性が表皮より劣るので、急激な膨らみに対応出来ずに裂けてしまい妊娠線が出来てしまいます。

真皮は皮膚の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸のある部分。年齢を重ねるとこれらは生成が遅くなり、妊娠線が出来やすくもなります。

また潤いが少なく乾燥しやすい方は保湿を細めに行う必要があります。

そしてもう一つの原因になるのは皮下組織の皮下脂肪が裂けて起こる場合です。

皮下脂肪は柔軟性があまり無いので、皮下脂肪を溜めてしまうと妊娠線が出る確率が高くなります。

適度にウォーキングや食べ過ぎて脂肪を溜めないように工夫が必要です。

ケアをしていれば防げる?

しっかりとケアをしていれば妊娠線は出来ない、という事はありません。

ケアをしている方でも出来る場合があります。これはやはりその方の体質や肌質が関係しています。

ですが、ケアを行う事により妊娠線が現れる確率を下げる事は出来ますので、ケアを行う事は無駄ではありません。

ケアクリームやオイルはお手入れをして出来なかったら良いなぁ、くらいの気持ちで使用される事をおすすめしますよ。

私は妊娠線が出来てしまったけれども、今は気にしてはいません。気の持ち方で変われますよ。

おすすめのクリーム

ナチュラルサイエンスのナチュラルマーククリーム

こちらのケアクリームは口コミの評価が高かったので、ケアをしてみようと思われた方の参考になれば良いかなと思いご紹介します。

私はこのケアクリームを友人にプレゼントして、すごく喜ばれました。プレゼントにも最適な製品です。

子育て専門雑誌などに掲載された信頼性の高い製品で、特徴として肌がデリケートになるママにもおすすめなクリームです。

妊娠初期から使用可能です(悪阻など体調が優れない時は使用を控えて下さい)。

また刺激成分の鉱物油、石油界面活性剤が不使用で、肌に優しく低刺激(全ての方に刺激が無い訳ではありません)。

潤いと柔軟性・弾力性を助けてくれる

潤い成分で有名なのがヒアルロン酸。ですが、このヒアルロン酸よりも高い保湿力のあるスーパーヒアルロン酸を配合しています。通常のヒアルロン酸より約2倍の保湿力があると言われています。

更にコラーゲンや潤いには欠かせない2種のセラミドも配合されています。乾燥肌に良いとされるセラミドは美容液などでも有名ですね。

ここで間違えてはいけないのが、ヒアルロン酸やコラーゲン。本来これらは肌の弾力を保っている成分ですが、肌から塗るものは潤いを助けてくれる作用が期待出来るものです。浸透も角質層までとなります。

肌の弾力をサポートしてくれるのはアルガンオイルなど。アルガンオイルは水分を挟み込んで逃しにくくしますので、潤いと弾力の両方をサポートする作用が期待できます。

無香料で匂いも気にならない

妊娠線初期には少しの匂いにも敏感に反応してしまいますよね。酷い時には気分が悪くなる事も。

ナチュラルマーククリームは無香料になっていますので、妊娠線初期でも気にせず使用ができます。

人によっては無香料でも気分が悪くなる場合もありますので、安定するまで使用は控えた方が良いでしょう。

残りの最後まで使用できる2重構造容器

残りが少なくなってくるとしっかりと吸い上げてくれず最後まで使いきれないのがポンプ式のデメリット。

容器を2重構造にする事でクリームの残りが少なくなってもしっかりと吸い上げてくれます。更に容器の中は真空になっているので、とても衛生的に使える工夫がされています。

予防に使用するだけじゃない

赤ちゃんが生まれてくるまでは妊娠線予防クリームとして使用出来ますが、赤ちゃんが生まれた後にクリームが残ってしまった?

そんな時でも心配いりません。肌に優しく使用できるよう開発されたクリームですから全身の保湿に使っても大丈夫です。

大人の方だけでなく、なんと赤ちゃんにも使えるので、抵抗力が少ない肌を乾燥から守ってあげて下さい。