シミ対策をして肌ケア。おすすめの日焼け止めは?

日差しの紫外線はお肌に影響を与えてきますよね。暑い夏の日差しなら紫外線も強くなりますので、しっかりとUVケアを行うのがベスト。

シミや肌の老化の原因にもなる紫外線を防いで綺麗な肌質を保つように対策をしていきましょう。

紫外線は主に2種類

日焼け止めにPAとSPFという表示があるのを見た事ありますよね。これはどちらも紫外線を防いでくれる強さの目安です。

紫外線はUVAとUVBがあります。UVA対応している表示がPA(protection grade of UVA) 

UVBに対応している表示がSPF
(Sun protection facter)

UV-A紫外線(A波)
距離が長く届くので、肌の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンに影響を与える紫外線です。肌に必要な潤い成分を破壊し老化を早めます。

シワの元になるので出来る限り防ぎたいもの。部屋の中に居ても肌に届くのはこの紫外線だったんですね。


UV-B紫外線(B波)
届く距離は短いのですが、紫外線が強いので真っ赤に焼けるように肌が赤くなります。

日焼けする原因はUVBです。こちらはUVAと違い角質への影響が強く浴び続けると細胞を破壊していきます。

サンバーン(肌が赤くなる)となり、シミの原因になります。


日傘や帽子では防げない反射光にも注意する

直射日光の他に何かに反射する光の事を言います。壁や水などから反射する光にも紫外線が含まれています。

帽子や日傘をしているから安心ではありません。上からばかりではなく横や下からも防ぐ必要があります。 

特に水や雪などに当たって反射される光は強いので、出来るだけ当たりたくないものです。 

紫外線が気になる方は秋や冬でも紫外線対策をしておくと良いでしょう。

日焼け止めに使用されている紫外線防止剤

帽子や日傘だけでは防げない紫外線は日焼け止めを塗り防止しますが、日焼け止めには紫外線を防止する成分が配合されていますね。この防止成分は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤に分けられます。

これを知っておくだけでも肌への負担を軽減できますよ。

紫外線吸収剤(ケミカル)

化学成分により紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えて放出し肌を守ります。サラッとしているので塗った時にはベタつかない仕上がりです。

汗にも強く流れにくいのも特徴です。成分の化学変化により少しずつ壊れて減少していきますので塗り直しが必要になります。炎天下では約2時間おき位に行うのが良いでしょう。白浮きも少なく塗り伸ばした時の使い心地が良いのが特徴です。

デメリット
肌への影響が出てくる可能性があります。紫外線吸収剤が直接肌に悪くは無いと思いますが、紫外線を浴びると化学変化が起きます。

まれに敏感肌の方には肌影響を与える場合があります。これは紫外線を防ぐ成分が化学変化を起こす為です。

使用する時は少量使って、肌に合うか試してみましょう。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線吸収剤よりも肌に優しいとされている紫外線散乱剤。

こちらは紫外線を反射させて肌を守ります。トロっとしたテクスチャーで使う方によっては伸ばしにくいと感じるかもしれません。 

成分表記は酸化チタンや酸化亜鉛。 

紫外線散乱剤は粒子が均一に広がる事で紫外線を肌に通さず反射させます。化学変化もしないので紫外線吸収剤より長続きするのが特徴。

また、反射させて肌を守るのでUV-AとUV-Bどちらにも対応できるところも強みです。

デメリット
汗により流れやすいので効果が長続きするとは言え、汗が多く出た場合は塗り直しを行う必要があります。 

また、粒子がいくら細かく均一に並んで保護しているとはいえ、少しの隙間ができてしまいます。そこから紫外線が入り多少なりとも日焼けしてしまう場合があります。

白浮きするのも散乱剤のみ。これは成分の粒子が大きいと白浮きしやすくなり、逆にナノ化したものなら白浮きしにくくなりますが粒子が小さ過ぎて肌の角質に留まってしまうのではないかと言う心配の声もあるみたいです。 

パウダーファンデーションなどがこのタイプですね。

紫外線吸収剤と散乱剤を両方使用した日焼け止めもある

両方配合する事により紫外線を防御する力を調整したり、テクスチャーの調整が出来ます。

お店で買えるのが多いのはこのタイプです。

紫外線のシミ対策におすすめなのはノンケミカル

紫外線吸収剤配合の日焼け止めが悪いとは言えませんが、紫外線散乱剤の方が肌に優しく比較的安心して使用出来ます。

低刺激なので敏感肌や肌の弱い方もこちらの紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使用されると良いでしょう。

紫外線吸収剤(ケミカル)は上記で書いたように成分の化学変化が問題になります。 

化学変化により熱を持ちますが(火傷するような熱さではない)、その化学変化した成分により肌荒れを引き起こす可能性があります。 

これは全ての方が肌荒れを起こす訳ではありませんが、肌トラブルが心配な方はリスクの低い紫外線散乱剤(ノンケミカルタイプ)を使用した方が良いです。

選ぶ目安は
「紫外線吸収剤不使用」
「ノンケミカル」
などを目安に選ばれると良いですよ。

ただ、紫外線散乱剤は金属粉を使用していますので、金属アレルギーの方には使用出来ません。

ノンケミカル特有の白浮きとは

白浮きは紫外線散乱剤の白い成分が光を反射させている為に白く見えてしまいます。今では白浮きしにくい紫外線散乱剤もありますので、気になるようであれば成分がナノ化された物を使用すると良いでしょう。

ナノ化された物は肌に留まってしまうと言う声もあるので、成分がコーティングされたナノ粒子紫外線散乱剤もおすすめです。

ただ、肌が黒っぽい方はこの白浮きを利用して色白に見せるなど上手に使う場合もあります。

日常使いなら

日常的に使用するなら、SPFなら20、PAなら++くらいでも良いでしょう。お部屋の中でも紫外線はガラスを通して入り込んできますので、紫外線対策は怠らないようにしましょうね。

紫外線カット率が高い日焼け止めは肌への負担も大きくなりますので、使用シーンに合わせて選ぶ事が大切です。

日中、外での活動が多い場合はSPF50やPA++++など紫外線カット率が高い日焼け止めを使用しましょう。

シミは出来ると消す事は困難になりますので、今は大丈夫と思わずにしっかりと紫外線対策をしておきましょう。

落とす時の事も考える

日焼け止めを落とす時はクレンジング剤を使用しますが、SPF50などでウォータープルーフ仕様は落としにくく肌に負担のかかる事もあります。これを毎日使用していては大変ですよね。

もしウォータープルーフなどを使用した場合にはエステル系のクレンジングオイルで落とすとしっかりと落ちます。ただ、肌には少々負担になりますので、顔に使用した時はダブル洗顔が必要です。

日焼け止めにも水で落とせるものがあるので、日常使いなら「水で洗い流せる」などの表記があるものをおすすめしますが、紫外線を防ぐ効果は弱まります。

シミが出来ると消せない

若い頃は紫外線対策せずともあまりシミが出来なかったと思います。これは紫外線を浴びるとシミの元がつくられますが、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常に機能している為にシミになりにくいんです。

しかし年齢を重ねてくるとターンオーバーが遅れてきます。その結果シミの元が排出されずにシミとなってしまうんです。

シミの元は時間を掛けて重なりあっていきますので、今は大丈夫と思わず紫外線対策はしっかりと行う事が重要です。

シミは一度出来ると消す事は難しいものになります。

紫外線を長時間浴びてしまったら?

もし紫外線対策をせずに長時間浴びてしまったら対策はどうしたら良いのでしょうか。

美白美容液や美白化粧水というのは一度聞いた事はあると思います。これはシミが出来にくいように使用する化粧品ですので、シミを消す為のものではありません。

この化粧品にはシミを抑制する成分が配合されていますので、日中など使用する事で活躍してくれます。(シミを完全に防ぐものではありません)

少しそれましたが、紫外線を長時間浴びてしまった場合はビタミンC誘導体配合のものがおすすめです。

ビタミンC誘導体には、薄く目に見えないくらい程度のシミであれば更に薄くしてくれる作用が期待できると言われています。

これによりシミが目立ちにくくなるように働きかけてくれます。出来れば化粧水よりもスペシャルケアに使用する美容液がおすすめです。