美白美容液で紫外線(UV)対策をしよう。シミは消せる?消せない?

シミやそばかすが出来るのは日差しからの紫外線が原因なのはもう知ってる方は多いですよね。一度出来てしまうとなかなか消えてはくれません。

もちろん、原因は紫外線だけではなくホルモンバランスの乱れや外部からの刺激を受けてメラノサイトに働きかけてシミになる事もあります。

シミやそばかすは出来る前に予防する事が大事です。若い内は肌の新陳代謝が活発なので、もし出来てしまっても古い角質と一緒に剥がれ落ちます。しかし、年齢を重ねるごとに新陳代謝の活動も遅くなりシミやそばかすが肌の中に留まるようになってしまいます。 

シミは数種類ある

シミにも種類がありますが、ここでは絞ってご説明します。

老人性色素斑

これが最も多いシミになります。年齢を重ねる事によりシミが落ちにくくなったもので、薄い茶色から濃い茶色のものまであり大小様々でバラバラに出来ます。

主に紫外線の影響で出来るシミで、肌の新陳代謝が遅くなると排出されずに加齢と共に増えていきます。若い方でも紫外線を多く浴びると、このシミになる事もあります。

炎症性色素沈着

ニキビ痕や毛穴(毛抜き脱毛)などのキズから起きるシミになります。こちらのシミは老人性色素斑とは違い時間と共に消えてなくなるのが特徴ですが、紫外線を長く浴びる事で消えにくくなる場合もあります。

美白美容液でシミは消せる?

美白美容液は本来シミを作らないように助けるものですから、シミが出来てしまってからでは遅いのです。

(ここでの美白とはシミやそばかすを抑制するもので、シミなどが消えるという事ではありません)

老人性色素斑でも薄いシミ(見えるか見えないかくらいのシミ)であれば薄くなっていく可能性もありますが、やはり消えにくいと思っていただいた方が良いでしょう。
濃いシミに効果は殆どありません。

美白美容液で紫外線対策する時の使い方

アンチエイジングケアなどは20代後半から行う事が多いですが、美白ケア(シミ対策)は20代前半より行う事によりメラニン色素の生成を抑え、肌に滞留しないようにしていきます。

美容液は早く使い始めて継続する事が重要です。あくまでも目安の時期なので早く使用しても問題はありません。

治す目的ではなく、防止するという事を覚えておきましょう。

使い方として日中ならば日焼け止めと併用します。まずは美白美容液を付けてから日焼け止めでコーティングします。

下地やファンデ、CC、BBクリームなどにも日焼け止め成分は配合されていますから、メイク前に美白美容液を使用すれば良いでしょう。

夜ならば日中に浴びた紫外線によりメラニン色素が作られています。これを還元する目的で使用すると良いでしょう。

どうして美白美容液だけではダメなのか?と言いますと、美白美容液によってはメラニン色素を作らせないよう抑制するのもあります。

メラニン色素はお肌を守る為に働きますが、これを作らせないという事は紫外線(uv-A)がコラーゲンやエラスチンにダメージを与えて肌老化を早めてしまう場合があるからです。

その為、美白美容液は紫外線を浴びてしまい活性したシミの元を還元する成分が入っているものを選ぶ事と日焼け止めを併用するというのが重要なのです。

また、シミが消えずに美白美容液などは全く効き目が無い!と思う方もいらっしゃいますが、そもそも使用目的が間違っている場合が多いです。

先にも記載しましたが、シミが出来る前に予防する事です。

もし加齢によりシミが出来て、どうしても消したい場合は美容皮膚科医に相談するのが最善の方法です。

美白成分が含まれているものを選ぶ

美容液の成分は沢山あり、何が良いのか分からず商品名だけで選んでしまいがちです。良く分からずに美白効果の薄いものを選んでしまう事も考えられます。

美白に効果が期待出来るものを選ぶ時の目安に成分を少しご紹介。選ぶ時の参考にして下さい。

ビタミンC誘導体

アンチエイジングケアやUV対策成分としては有名なビタミンC誘導体。成分名はアスコルビン酸、アスコルビルリン酸Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸Na(APPA)など。

肌に良いビタミンCですが単体では肌に浸透してくれません。そこで誘導体にしたものを使用する事で、肌に浸透しやすくしています。

ビタミンC(アスコルビン酸)は刺激が強い為、誘導体として使用される事が多いです。

ビタミンCは抗酸化作用により活性酸素を抑制し、肌を老化から守ってくれたりメラニン色素の生成を抑制、還元する働きがあり、シミを出来にくくする作用が期待できます。

この他、肌の皮脂分泌を抑制する働きもあり、一時的ですが油分を抑えてくれる優れた成分なんです。

万能な成分なので、ビタミンC誘導体が配合されている美容液はおすすめです。

ハイドロキノン誘導体

アルブチンと表記されている場合もあります。肌を漂白する為に使用される事もある強力な美白成分。シミの抑制に効果が期待出来る成分。

ハイドロキノン自体は強力な美白作用があり、シミを薄くするなど濃度が高い場合は皮膚科医が直接使用します。

ですが、ハイドロキノン誘導体では「消す」のではなく、「予防」目的で配合されています。ハイドロキノンとは別ものと考えて下さい。安全性も高いので、美白化粧品に多く使用されています。 

ハイドロキノンの濃度が高い場合はシミを消す目的ですから医師が使用しないといけません。これは濃度を高くした場合、肌に影響が出てしまうからです。 

基本的に化粧品にはハイドロキノン配合濃度は2%までとなっています。中にはこの濃度を超える化粧品もありますので、使用する場合には良く確認した方が良いと思います。

ハイドロキノンは使用を間違えると白斑になる恐れもある強い成分です。

効果が実感できない場合も

美白化粧品のデメリットとして、目に見えた効果が分からない事です。

仮に20代から使用して30代になってもシミなどが少ない肌であれば使用していて良かったと思えますよね。 

美白化粧品を使用していたからシミが出来ないとは限りません。 

年齢を重ねた後にシミが出来てしまった場合はガッカリしてしまいますね。 

長年使用してみなければ効果がわからないのが美白化粧品のデメリットであり、使い続けなければ意味がありません。習慣付けられるかが重要になります。 

しかし、やらなければいけないと思い続けていくのであればストレスになる事もあります。 

使い続ける自信がなければ日焼け止めなどで紫外線対策を行うという事も出来ますが、日焼け止め成分の紫外線吸収剤配合によりシミになる場合もありますので、ノンケミカルや紫外線吸収剤フリーのものを選びましょう。 

美白美容液は使用した方が良い?

シミは本来肌を守る為に作られます。このシミを完全に防ぐというのは難しいものです。

しかしこの美白化粧品や日焼け止めによりある程度は防ぐ事が可能ですので、美白化粧品を使用するのは有りだと思います。

美白美容液は手軽に使えるサラッとしたタイプが良いと思います。あまり伸びが悪いタイプだと面倒になり使い続けなくなる可能性があります。

アームカバーや日傘などを使用して紫外線を防ぐのは肌に負担が掛からず有効ですが、それでは全て防ぎきれないので美白化粧品などで保護しておくと効果も上がります。

ですが基本は先ほども記載しましたが、日焼け止めを使用するのがおすすめです。

是非、美白化粧品を有効的に活用してシミの無い肌を目指しましょう。

身体の内側からもシミ対策をする

シミ対策をするのは外部からのケアだけではありません。身体の内側からもシミ対策をする事はできます。

野菜などから摂取できるビタミンAやビタミンC・Eを含む食物を取り入れてシミを抑制するようにします。

ただしこれは一時なものなので、レジャーシーズンなど出掛ける前の約二週間くらい前から取り入れてくようにします。

体内からもシミ対策をする事と日焼け止めや美白美容液を使用して対策をしておくとより安心です。
(完全に防げる訳ではありません)

食物(出来るだけ野菜)を毎日取り入れるような生活にする事も考えてみてはいかがでしょう。

また、漢方も取り入れるという方法もあります。こちらは用法・容量を守って正しく使用しましょう。

美白美容液シミ対策まとめ

先にも記述したように「できたシミには効果が無い」と言う事を覚えておきましょう。また、シミ対策を万全にしても完全にシミが出来ない訳ではありません。

とくに年齢と共に増えてできた老人性色素斑に効果はありません。美白美容液を使用すればシミが消えると勘違いされる事もありますので間違えないようにして下さいね。

私も最初はそう思っていましたので。

シミは出来るだけ作らせないようにするのが大事です。その為にシミを抑制する
・日焼け止め
・美白美容液
・野菜の摂取
・漢方
などがありますので、これらを上手く使い分けましょう。

紫外線は日焼け止めで防止して、紫外線により活性されたメラニン色素はビタミンC誘導体(もしくはアスコルビン酸)配合の化粧品で還元するというような使い方が良いでしょう。

まれに刺激を感じる方もいらっしゃいますので、あまり酷い場合は使用を控えましょう。


・ビーグレンのホワイトケアトライアルセット

ピュアビタミンCセラムとハイドロキノンのシミケアセット。シミに着目したトライアルセットになっていますが、バリア機能を整える作用が期待できる化粧水QuSomeローションもセットになっています。ネットで話題のサイエンスコスメ・ビーグレンのトライアルセットはお悩みに合わせて8種類から選べます。

美白化粧水として使用できるQuSomeローションはこちら