紫外線はシミになる?美白美容液を使用するメリットは?

シミやそばかすが出来るのは日差しからの紫外線が原因なのは知ってる方は多いですよね。

一度出来てしまうとなかなか消えてはくれません。

シミやそばかすは出来る前に予防する事が大事です。

ではシミ対策をするには日焼け止めを使用しますが、対策として美白美容液もあります。

しかし、使い方を間違えてしまうと十分に効果が得られません。

ではどのように使用するのが良いのでしょうか。

まずはシミの種類を知っておきましょう

シミにも種類がありますが、ここでは絞ってご説明します。

老人性色素斑

これが最も多いシミになります。

年齢を重ねる事によりシミが落ちにくくなったもので、薄い茶色から濃い茶色のものまであり大小様々でバラバラに出来ます。

主に紫外線の影響で出来るシミで、肌の新陳代謝が遅くなると排出されずに加齢と共に増えていきます。

若い方でも紫外線を多く浴びると、このシミになる事もあります。

炎症性色素沈着

ニキビ痕や毛穴(毛抜き脱毛)などのキズから起きるシミになります。

こちらのシミは老人性色素斑とは違い時間と共に消えてなくなるのが特徴ですが、紫外線を長く浴びる事で消えにくくなる場合もあります。


これらのシミは色素沈着する前にケアをする事で、シミになるのを防ぐ事が出来ます。

シミは殆どが紫外線による物なので、いかに紫外線対策をしていくかが重要になります。

しかし、紫外線の対策をしっかりと行なっているにもかかわらずシミが出来てしまうのでしょうか。

これは紫外線(UV)対策を行なっていても、お肌に紫外線が当たっている為にシミとなる場合があります。

だったら紫外線対策をしても意味ない?

そんな事はありません。

紫外線は常にお肌を刺激し続けているので、対策をしないとシミになる確率はとても高くなります。

若い頃ではあまり感じませんが、年齢を重ねてくるとその影響が出やすくなります。

この他にシミは遺伝の場合もありますので、紫外線だけと言う訳ではありません。


紫外線はシミになるだけじゃない

紫外線はお肌にダメージを与えてシミの元を作らせますが、それだけではありません。

 
シミを作らせるのは
UV-B紫外線(B波)
届く距離は短いのですが、紫外線が強いので真っ赤に焼けるように肌が赤くなります。
 
日焼けする原因はUV-B波。角質への影響が強く浴び続けると細胞を破壊していきます。
 
サンバーン(肌が赤くなる)となり、メラニン色素を発生させシミの原因となります。
 
これが紫外線によるシミの原因。
 
この他に
UV-A紫外線(A波)
距離が長く届くので、肌の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンに影響を与える紫外線です。
 
肌に必要な潤い成分を破壊し老化を早めます。これによりシワが出来やすくなってしまいます。
紫外線はシミだけでなく、シワが出来てしまう原因にもなっています。

すぐにシワとなるのではなく、徐々にお肌へダメージを与えてしまいますから年齢を重ねてくるとシワが目立ってくるんです。
(紫外線だけがシワの原因ではありません)

で、この嫌な紫外線からお肌を守ってくれるのが日焼け止めです。

そしてこの日焼け止めと併用してシミを抑制してくれるのが美白美容液です。

美白美容液とは

これは紫外線を完全に防ぐ為の化粧品ではありません。

 
また、お肌を色白にするものでもありません。
では美白美容液とはなんでしょうか。
 
美白美容液は紫外線により刺激を受けたシミの元、メラニン色素を抑制したり還元をしてシミになりにくいようにする為の化粧品です。

美白美容液のデメリット

美白化粧品のデメリットとして、目に見えた効果が分からない事です。

仮に20代から使用して30代になってもシミなどが少ない肌であれば使用していて良かったと思えますよね。 

美白化粧品を使用していたからシミが出来ないとは限りません。 

年齢を重ねた後にシミが出来てしまった場合はガッカリしてしまいますね。 

長年使用してみなければ効果がわからないのが美白化粧品のデメリットであり、使い続けなければ意味がありません。習慣付けられるかが重要になります。 

しかし、やらなければいけないと思い続けていくのであればストレスになる事もあります。 

朝は忙しくて美白美容液のスキンケアをしている時間が無い時は、夜だけ使用しても良いでしょう。

しかし忙しい朝でも日焼け止めを忘れずに塗って紫外線対策はしておきましょう。

日焼け止めならノンケミカルや紫外線吸収剤フリーのものがお肌に優しくなります。

また洗顔でも落とせるというメリットもあります。

美白美容液でシミは消せる?

美白美容液は本来シミを作らないように助けるものですから、シミが出来てしまってからでは遅くなります。
(美白化粧品とはシミやそばかすを抑制するもので、シミなどが消えるという事ではありません)

老人性色素斑でも薄いシミ(見えるか見えないかくらいのシミ)であれば薄くなっていく可能性もありますが、やはり消えにくいと思っていただいた方が良いでしょう。

濃いシミに効果は殆どありません。

美白美容液はいつから使用する?

若い頃はお肌のターンオーバー(お肌の新陳代謝)が早いので(約28日)、シミの元は排出されやすいんです。

この為、シミが出来にくいのも頷けます。

しかし、年齢を重ねるとターンオーバーも遅くなりますのでシミが出来やすくなります。

では美白美容液はいつ頃から使用すれば良いのでしょうか。

私個人的には何歳からという事ではなく、季節により使用すれば良いと思います。

5〜8月は紫外線が強くなりますので、この時期に使用するのがおすすめ。

この時期以外ならば日焼け止めだけでも良いと思います。状況に合わせて美白美容液を取り入れていくと良いでしょう。

また、冬は雪による反射光で日焼けしてしまう事もあります。

なので冬だからと気をぬかずに美容液や日焼け止めを使用するのを止めるのはお肌に影響を与えてしまいます。

そしてお部屋の中にいる時も紫外線は少なからず入ってきますので、気になる方は日焼け止めを塗っておきましょう。

美白成分が含まれているものを選ぶ

美容液の成分は沢山あり、何が良いのか分からず商品名だけで選んでしまいがちです。良く分からずに美白効果の薄いものを選んでしまう事も考えられます。

美白に効果が期待出来るものを選ぶ時の目安に成分を少しご紹介。選ぶ時の参考にして下さい。

ビタミンC誘導体

フラーレン

トラネキサム酸

グリチルリチン酸2K

アルブチンなど。


ビタミンC誘導体は皮脂抑制や抗酸化作用に優れています。紫外線により活性されたメラニン色素を還元する作用が期待出来ます。

トラネキサム酸はシミを抑制が期待出来ます。

グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分としつ配合される場合が多く、紫外線によるお肌のダメージを抑制する働きが期待出来ます。

トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kは有効成分として配合されている美白美容液を選んでみましょう。

普通に成分表にあるよりも効果が期待出来ます。

美白美容液の使い方は?

朝に使用する場合
洗顔→美白美容液→日焼け止め(ベースメイク)→メイク
の順番で行います。

私は化粧水を使用しないので記載していませんん。

日中に使用する場合は必ず日焼け止めと併用するのを忘れないで下さい。

美白美容液だけでシミ対策するには少し弱いからです。

スキンケアが終わってから直ぐにメイクに入らず、少し時間を空けてから行うと良いでしょう。

すぐにメイクを始めるとメイクのノリが悪くなる場合があります。

下地やファンデ、CC、BBクリームなどにも日焼け止め成分は配合されていますから、日焼け止めを使用しなくてもある程度の紫外線対策にはなると思います。



夜に使用する場合
夜ならば日中に浴びた紫外線によりメラニン色素が作られています。これを還元する目的や排出しやすいように働き掛ける目的で使用すると良いでしょう。

クレンジング→洗顔→(保湿美容液)→美白美容液→美容オイル(乳液等)

美容オイルを使用していますが、この限りではありません。

ご自身に合った化粧品を使用しましょう。

夜に美白美容液を使用する目的は、日中に防げなかった少しの紫外線なら美白美容液の成分でシミの抑制が期待できたり、シミの元を排出しやすいように働き掛ける為です。

美白美容液を選ぶ時は有効成分配合やシミの元を還元する成分が入っているものを選ぶようにすると良いでしょう。

メイクの前に使用する事で油分の抑制も

ビタミンC誘導体配合の化粧品はメラニン色素還元作用が期待出来る他に、お肌の油分も抑制してくれる嬉しい成分です。

シミ対策として使用しますが、下地の前に使用する事で化粧崩れが遅くなったりする場合もあります。

これは個人的感想になりますが、ビタミンC誘導体配合の化粧品全てに実感出来る訳ではありません。

メイクの前に使用したところ、お?化粧崩れあまりしてないかも?と思って使い続けています。一応フラーレン配合の化粧品を使用しています。

ビタミンC誘導体配合の化粧品だけだとあまり実感出来なかったというのもあります。まぁ、配合濃度があまり高くなかったのかもしれませんが。


身体の内側からもシミ対策をする

シミ対策をするのは外部からのケアだけではありません。身体の内側からもシミ対策をする事はできます。

野菜などから摂取できるビタミンAやビタミンC・Eを含む食物を取り入れてシミを抑制するようにします。

ただしこれは一時なものなので、レジャーシーズンなど出掛ける前の約二週間くらい前から取り入れてくようにします。

体内からもシミ対策をする事と日焼け止めや美白美容液を使用してシミ対策をしておくとより安心です。

食物(出来るだけ野菜)を毎日取り入れるような生活にする事も考えてみてはいかがでしょう。

また、サプリメントを取り入れるという方法もあります。こちらは用法・容量を守って正しく使用しましょう。

美白美容液シミ対策まとめ

先にも記述したように「できたシミには効果が無い」と言う事を覚えておきましょう。

また、シミ対策を万全にしても完全にシミが出来ない訳ではありません。

とくに年齢と共に増えてできた老人性色素斑に効果はありません。

美白美容液を使用すればシミが消えると勘違いされる事もありますので間違えないようにして下さいね。

私も最初はそう思っていましたので。

シミは出来るだけ作らせないようにするのが大事です。その為にシミを抑制する
・日焼け止め
・美白美容液
・野菜の摂取
・サプリメントや漢方
などがありますので、これらを上手く使い分けましょう。

紫外線は日焼け止めで防止して、紫外線により活性されたメラニン色素はビタミンC誘導体(もしくはアスコルビン酸)配合の化粧品で還元するというような使い方が良いでしょう。

まれに刺激を感じる方もいらっしゃいますので、お肌に合わない場合は使用を控えましょう。

日焼け止めを日常使いするなら?

日常的に使用するなら、SPFなら20、PAなら++くらいでも良いでしょう。お部屋の中でも紫外線はガラスを通して入り込んできますので、紫外線対策は怠らないようにしましょうね。

紫外線カット率が高い日焼け止めは肌への負担も大きくなりますので、使用シーンに合わせて選ぶ事が大切です。

日中、外での活動が多い場合はSPF50やPA++++など紫外線カット率が高い日焼け止めを使用しましょう。

シミは出来ると消す事は困難になりますので、今は大丈夫と思わずにしっかりと紫外線対策をしておきましょう。

ケミカル系

化学成分により紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えて放出し肌を守ります。

サラッとしているので塗った時にはベタつかない仕上がりです。

汗にも強く流れにくいのも特徴です。

成分の化学変化により少しずつ壊れて減少していきますので塗り直しが必要になります。

炎天下では約2時間おき位に行うのが良いでしょう。

白浮きも少なく塗り伸ばした時の使い心地が良いのが特徴です。

デメリット
肌への影響が出てくる可能性があります。紫外線吸収剤が直接肌に悪くは無いと思いますが、紫外線を浴びると化学変化が起きます。

まれに敏感肌の方には肌影響を与える場合があります。これは紫外線を防ぐ成分が化学変化を起こす為です。

使用する時は少量使って、肌に合うか試してみましょう。

紫外線散乱剤

紫外線吸収剤よりも肌に優しいとされている紫外線散乱剤。

こちらは紫外線を反射させて肌を守ります。トロっとしたテクスチャーで使う方によっては伸ばしにくいと感じるかもしれません。 

成分表記は酸化チタンや酸化亜鉛。 

紫外線散乱剤は粒子が均一に広がる事で紫外線を肌に通さず反射させます。化学変化もしないので紫外線吸収剤より長続きするのが特徴。

また、反射させて肌を守るのでUV-AとUV-Bどちらにも対応できるところも強みです。

デメリット
汗により流れやすいので効果が長続きするとは言え、汗が多く出た場合は塗り直しを行う必要があります。 

また、粒子がいくら細かく均一に並んで保護しているとはいえ、少しの隙間ができてしまいます。そこから紫外線が入り多少なりとも日焼けしてしまう場合があります。

白浮きするのも散乱剤のみ。これは成分の粒子が大きいと白浮きしやすくなり、逆にナノ化したものなら白浮きしにくくなりますが粒子が小さ過ぎて肌の角質に留まってしまうのではないかと言う心配の声もあるみたいです。 

パウダーファンデーションなどがこのタイプですね。

紫外線吸収剤と散乱剤を両方使用した日焼け止め

両方配合する事により紫外線を防御する力を調整したり、テクスチャーの調整が出来ます。

お店で買えるのが多いのはこのタイプです。

紫外線対策ならノンケミカルがおすすめ

紫外線吸収剤配合の日焼け止めが悪いとは言えませんが、紫外線散乱剤の方が肌に優しく比較的安心して使用出来ます。

低刺激なので敏感肌や肌の弱い方もこちらの紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使用されると良いでしょう。

紫外線吸収剤(ケミカル)は上記で書いたように成分の化学変化が問題になります。 

化学変化により熱を持ちますが(火傷するような熱さではない)、その化学変化した成分により肌荒れを引き起こす可能性があります。 

これは全ての方が肌荒れを起こす訳ではありませんが、肌トラブルが心配な方はリスクの低い紫外線散乱剤(ノンケミカルタイプ)を使用した方が良いです。

選ぶ目安は
「紫外線吸収剤不使用」
「ノンケミカル」
などを目安に選ばれると良いですよ。

ただ、紫外線散乱剤は金属粉を使用していますので、金属アレルギーの方には使用出来ません。