一般自転車に装着しておくと便利なアイテムは?

カゴカバーが有ると汚れにくい

カゴカバーは汚れから守ってくれたり、雨から守って錆を防いでくれるので付けておくととても役に立ってくれます。


 一般的にはシルバーの色が多く販売されていますが、最近はお洒落な柄の物や黒色、茶色と落ち着きのある物など豊富になってきてます。


また、高さが伸びるタイプもあるので荷物が多くなってしまった場合も対応できるので便利です。


それだけ必要としている方は多いのだと思います。


しかし、付けているとどうしても見た目や格好が悪くなる場合もあるので装着するかは迷うところ。

サドルカバーは必要?

サドルカバーの目的は主に3つあります。


一つはお尻が痛くなるのを防ぐジェル入りなどのクッション性に優れた物。


もう一つはサドルが汚れたり、破れてしまったりしたサドルを隠す事。


最後は雨などから守り濡れから防ぐ事。


多分、このような目的で使用される方は多いのではないでしょうか。


その目的に合わせたサドルカバーは販売されており、ジェル入りでも素材にこだわって作られている物もあります。


見た目はサドルとほぼ変わらず、装着していてもあまり違和感はありません。


柄付きのもあるのでお洒落に乗りたい方には良いかもしれません。

デメリットは乗車じにズレる場合もあり、少し乗りにくい事もあります。


他には破れや雨の日に使用したい方には薄いサドルカバーが良いと思います。


クッション性はありませんがジェル入りのようにズレが少なくなり、必要な時にサッと被せられます。


雨予報の時や急な雨などの時に被せておくと濡れてもカバーを外せばお尻が濡れずに済むので持っておくと便利かもしれません。

サイドミラー

走行中に後方を確認するには後ろを向かないと見れませんよね。


さらに後ろから速い自転車が来ているのは分からないものです。


そんな時に役立つのがサイドミラーです。


これを付ける事により、後方から自転車の接近や右折時に一回一回後ろを向いて確認する必要も無くなります。


ただしサイドミラーが付いているとは言え、頼り過ぎるのは事故の元になりますので、十分注意して下さい。


通常は右側に付けますが、左右対応のサイドミラーもあります。


左右に付けたい場合はこの左右対応がおすすめです。

リアバスケット

こちらは後ろにカゴをつけられるようにしたバスケットです。


前だけのカゴでは荷物が積みきれない方におすすめな商品です。


リアバスケットの種類や大きさも様々で、積み込みをする容量に合わせて選べますが、極端な大きさの変化はありません。


大きさは変わっても3〜5センチ程度です。


リアバスケットを取り付けするにはリアキャリアが必要です。


荷台と言われているものですね。


これが無い自転車には取り付けは出来ませんので、注意しましょう。


リアバスケットはお買い物が多くなる主婦の方には人気の製品です。

ハンドルカバー

ハンドルカバーは日焼け防止やグリップが紫外線により劣化してベタついてしまうのを防いでくれる優れもの。


あまり使用されている方は多くありませんが、夏の日はお肌を守るUVカット使用もあります。


また電動アシスト自転車に対応したハンドルカバーまであります。


殆どの一般自転車に対応していますが、真っ直ぐなハンドル形状には付けられませんので注意が必要です。


寒い地方では冬用のハンドルカバーも販売されていますので、必要とされる方はまたまだいらっしゃいますね。



ドリンクホルダー

通常はスポーツバイクなどに取り付け出来るドリンクホルダー。


一般自転車にも対応出来るものがあるんですね。


一般自転車に取り付けする場合はハンドルに取り付けします。


素材はプラスチック製のものからアルミ製のものまであります。


ハンドルの太さは一般自転車であれば、22.2mm。


殆どが対応可能です。


スポーツバイクに取り付けする場合は、自転車本体に取り付けるビスがありますが、一般自転車にはありません。


そんな時はアダプターを使用する事で、スポーツバイク専用のドリンクホルダーも取り付けする事が出来ますよ。


スポーツバイク専用の方が種類はあるので、そちらが良いという方はアダプターもセットで購入して下さいね。

バスケットネット

カゴに荷物を積んでいると、段差があると荷物が浮いて飛び出してしまう事はありませんか?

そんな時に便利なのが、バスケットネット。

バスケットネットの使い方は簡単。

フックが付いているので、カゴに引っ掛けて使用します。

4〜5個のフックが付いていて2箇所は固定で、もう2箇所は開閉に使用します。

前カゴ用だけでなく後ろカゴ用もありますので、間違わないようにしましょう。

バスケットネットは荷物の飛び出し防止だけでなく、引ったくり防止にもなる便利な自転車アイテムです。