エイジングケア美容液 勝手にランキング

ここでは私が勝手にランキングにしたエイジングケア美容液をご紹介しています。

(化粧品によりお肌に合わない方もいらっしゃいます)

1位・イルチ濃密ローズヒップ美容液

ハンガリー生まれのオーガニックコスメ。ハーバリストにより手摘みされたローズヒップもののみを使用しています。茎、ヘタ、種、皮を余す事なく熟成して作られた美容液。

 

エステサロンだけで使用されていましたが、ご自宅でも使えるようになりました。


おすすめポイント

1.殆どがローズヒップ

 余計なものを出来るだけ加えず、植物本来の栄養価を凝縮しています。

茎、ヘタ、種、皮を余す事なく熟成して作られた美容液です。


2.ビタミンC誘導体配合

 ビタミンC誘導体も配合されていますので、抗酸化作用や皮脂の抑制も期待できます。

 

抗酸化作用だけでなく、保湿もしっかりと感じとれます。


3.化粧水不要

植物に含まれている水分のみでお肌に潤いを与えてくれます。
それでいて使用後はもっちりと仕上がります。


マイナスポイント
1.容量が少ない
10mlという少なさなので、ちょっとガッカリしてしまいます。余分なものを加えずローズヒップをメインで使用している為、この容量らしいです。

2.使用期限が短い
抗酸化成分もあまり配合されていない為、使用期限は約三ヶ月と短めになっています。



余計な成分を極力使用せず、ローズヒップの栄養分が凝縮されたオーガニック美容液なので水分も同時に補給し、お肌に潤いを与えてくれます。

 

 驚くのはその浸透力(角質層表層まで)です。洗顔後に使用すると、あっという間になくなるのは驚きでした。

 

2位・ETVOS(エトヴォス)バイタライジングラインお試しセット

ミネラル系化粧品でも有名なエトヴォスの
「バイタライジングライン」を選びました。

おすすめポイント
1.植物幹細胞配合
ヒト幹細胞配合の化粧品もエイジングケアに良いとされていますが、お肌へ優しくなる植物幹細胞も年齢を重ねた肌を整える働きが期待できます。

幹細胞はその名の通り植物より抽出されたエキスで、お肌の再生能力が期待され注目されています。

エトヴォスの化粧水にはアルガン幹細胞エキス、クリームにはリンゴ幹細胞エキスをしていますので、お肌の引き締め作用やお肌を滑らかに整える作用が期待されます。

2.セラミドを五種配合
セラミドは保湿成分として高い作用が期待出来ます。ヒアルロン酸もありますが、こちらよりも優れているとされています。

年齢を重ねると乾燥もしやすくなりますが、それらを配合する事で、お肌に効率よく潤いを与えしっとりとした仕上がりになります。

3.効能評価試験済み
同梱されているリンクルクリームに「乾燥小じわ」のみを目立たなくする表現が可能になっています。

気になる目元や口もとに使用する事でふっくらと仕上がり、乾燥小じわが目立ちにくくなります。
(乾燥小じわは表情シワや老化によるシワではありません)


マイナスポイント
1.香りが強め
香りが他の化粧品に比べると強めです。もう少し香りが弱めだと使いやすいかもですね。

2.トライアルにしてはちょっと高価
トライアルセットだともう少しお試ししやすいお値段をイメージしますが、こちらのバイタライジングラインはちょっと悩んじゃうかもしれません。



3位・フレイスラボ ホワイトVCセラム

ホワイトVCセラムは美白作用とエイジングケア向けの美容液です。

おすすめポイント
1.美白作用
日中に紫外線を浴びたお肌に使用する事で活性されたメラニン色素の還元作用が期待できます。長期的に使用するなら、ビタミンC誘導体化粧品はおすすめです。
(美白とはメラニン色素を抑制する作用です)

2.エイジングケア
美白作用だけでなく、コラーゲンなどの生成を促進する作用も期待されているので年齢を重ねたお肌に積極的に取り入れられています。

3.速攻性がある
ホワイトVCセラムは水溶性のビタミンC誘導体を配合していますので、短期間で毛穴の引き締め作用やお肌の艶などを実感したい方向けです。
(必ず効果がある訳ではありません)


マイナスポイント
1.乾燥しやすい
水溶性ビタミンC誘導体のデメリットとして、乾燥しやすい事があげられます。その為、乾燥肌や敏感肌の方向きではありません。

2.容量は30ml
30mlでこの価格は高いと感じる方もいます。定期購入はお得ですが、抵抗もあります。
しかし、いつでも解約可能なのは嬉しい点です。

4位・ジョワセリュール

細胞でも効果が期待されるヒト幹細胞エキスを配合した化粧品。

 

お肌のターンオーバーの活性化やお肌のハリや潤いを促進する効果が期待出来ます。

 

2種類のヒト幹細胞エキスが配合されている他、

 

おすすめポイント

1.EGF・FGF配合

お肌本来が持つ上皮細胞増殖因子はお肌が生まれ変わるために必要なものです。

 

EGFはたんぱく質の一種ですが、これらを取り入れる事によりお肌を美しく保つよう働きかけます。

 

2.セラミド配合

角質層の潤いを保つ成分であるセラミドを配合する事で、ヒアルロン酸よりも高い保湿が期待できます。

 

3.プロテオグリカンでワンランク上の保湿

長期保湿が期待できるプロテオグリカンにより、潤いのあるお肌へ導くよう働きかけてくれます。

 

セラミドも同時に配合されていますので、乾燥しやすいお肌にもおすすめです。

 

 

マイナスポイント

1.効果が見えない場合も

ヒト幹細胞はエイジングケアで注目はされていますが、高価な割にお肌の変化が見られない事もあります。

 

2.単品購入はフェイスマスクのみ

セラムや化粧水は定期購入のみ。

 

フェイスマスクは単品で購入ができますので、まずはこちらで試してみるのが良いでしょう。

 

勿論、フェイスマスクにもヒト幹細胞やセラミド、ビタミンC誘導体も配合されています。


5位・A'Kin(エイキン)

オーガニック美容液というよりは美容オイルです。

なぜこちらの美容オイルをおすすめするのかですが、まずはビタミンC誘導体配合です。

ビタミンC誘導体といっても水溶性ではなく、脂溶性ビタミンC誘導体なのでゆっくりとお肌の角質層まで浸透していきます。

ビタミンC誘導体はお肌のシミ還元作用や皮脂抑制作用、またコラーゲン促進作用が期待出来ます。

エイジングケア(年齢に応じたお手入れ)にはおすすめな成分です。

また植物オイルのようなベタつきは少なく感じます。そこも○

そしてかなりさっぱりと仕上がりますので、オイルというよりは美容液のような仕上がりです。

デメリットとしては香り(マカダミア種子エキスの香りでしょうか)に好みが出そうですが、それは最初に付けた時だけで後はほんのり香ります。(アレルギーがある方は使用出来ません)